採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

退職の引き止めで昇給と言われたら引き止めに応じるべき?

退職したいという意思を会社や上司に伝えてみたら、引き止められたというケースがあります。必要だといわれたり、働きに対して良い評価をもらえたら、気持ちが揺らぐ場合もあるでしょう。中には、昇給によって評価を表すこともあるようです。給料が上がることがとても魅力的ですが、退職の理由をうやむやにしないためにもよく考えてみることをおすすめします。

会社が退職を引き止める理由

iStock/hocus-focus

 

 

退職を申し出た場合に、引き止められたという話を耳にすることがあります。

 

会社が引き止められるには様々な理由があります。慢性的な人手不足の場合や、退職希望者が持つスキルなど、退職が会社にとって損失であった場合には、退職の引き止めにあうことがあります。

 

転職が当たり前にもなってきている、売り手市場と言われる昨今では、人材確保に頭を抱える企業も多くあるでしょう。

ステップアップ、スキルアップために退職をしたい従業員を引き止める場合には、会社は退職希望者にとって有利な条件を提示してくる場合あがります。

 

退職を昇給で引き止められたら

iStock/sunabesyou

 

退職の意思を固め、上司に伝えてみたら引き止められたり、要望を聞き入れてもらえなかったなどどいうことがあります。

 

労働条件に対する不満や改善を求めて退職を希望した従業員に対して、昇給や昇進などのより良い条件を提示することで、退職を引き止めることがあります。

 

特に優秀な人材に対しては、ポジションや給与を思い切りよく引き上げる傾向があるようです。

 

思いがけない好条件を提示されることもあるため、魅力を感じるのであれば退職を考え直しても良いもしれません。

しかしながら、昇給を提示された場合には考慮すべき注意点もあります。返答は急がず、よく考えてから意思を伝えるようにしましょう。

 

昇給を理由に退職を引き止められたら注意すること

iStock/Asia-Pacific-Images-Studio

 

退職を申し出てた際に昇給を提示された場合は、どういったことに注意すると良いでしょうか。嬉しい申し出ではありますが、冷静になって判断する必要ありそうです。

仕事量が増えることがある

 

退職に関係なく、昇給があるということはより質の働きが求められるということです。

退職の引き止めのために昇給があった場合でも同様のことが言えるでしょう。

 

単なる給料アップではないということを忘れてはいけません。

 

昇給スピードが遅くなる

 

退職を希望したタイミングで昇給を提示され、踏み止まった場合に考えられるのは、その後の昇給スピードが遅くなることです。

いずれ予定されてた昇給が前倒しされただけであることも考えられます。一時の昇給に惑わされるといったこともあるかもしれません。

 

退職したい理由がうやむやになる

 

昇給は魅力的であることは確かです。給料が低いことが理由で退職を希望した場合でなくても、ある程度の給料アップが見込れば、退職を考え直すこともあるかもしれません。

退職したい本来の理由がうやむやになってしまい、望み通りの働き方には繋がらない場合があります。

 

昇給を理由に退職を引き止められる人の特徴

iStock/RichVintage

 

退職を引き止めるのには理由があります。昇給は、企業にとって負担が上がるものです。それでも引き止めたい、残って欲しいと思う人材にはどんな徳著があるのでしょうか。

 

リーダーシップがある

 

ある程度の経験を積んだリーダークラスの人材ほど、育成には時間がかかります。

 

会社を牽引し、業績を上げるために従業員の士気を上げるための精神的な支えとなりような、リーダーシップを発揮する人材は、手放したくないと想って当然です。

 

将来的には幹部として働いて欲しいと思っていた場合などは、昇給に併せてより上のポジションを与えるようなこともあるはずです。

 

もしもそういった評価の元で昇給を提示された場合には、自身を持って希望そ伝えてみても良いでしょう。

 

スキルが高い

 

会社の売上に貢献出来て、事業を引っ張っていけるようなスキルのある優秀な人材を確保することは難しいため、そういった人材の退職は引き止め当然ともいえるでしょう。

 

退職されて、業績が悪化してしまったり、業務効率が下がってしまうことが見込まれるのであれば、昇給を提示してくることもありはずです。

 

優秀な人材であればあるほど生み出す価値も大きくなることから、昇給によるダメージよりも退職後のダメージの方がより大きいということです。

 

現時点が給料が低い

 

給料が低くても、それなりに仕事ができる人は、会社から退職の引き止めがされやすい傾向にあります。

 

給料の低い人は若手社員である可能性が高いので、今後の成長を考えて先行投資として昇給を提示してくる場合があります。新たな人材を採用して、教育からスタートすることを考えると損はありません。

 

いずれ昇給の見込みがある若手社員であれば、将来の昇給で調整することもできるので、昇給をしたとしても大きな痛手とはならないのです。

 

退職の引きとめで昇給を提示されたら評価の証拠

iStock/takasuu3

 

退職を希望して引き止めがあった場合、ホテルマンとして必要な人材であることは間違いないでしょう。

 

昇給を理由に引き止められるということは、働きが評価されている証拠でもあります。そういった評価を受けることは、誰でも嬉しく感じるはずです。必要としてもらえるのであれば、退職せずに頑張ろうと思えるかもしれません。

 

もし、給料が低いことだ理由で退職を希望しているのであれば、考え直しても良いでしょう。特にホテルマンの場合は、薄給であることが退職理由に挙げられることも多いので、昇給をメリットに感じる人は多いかもしれません。

 

給料を上げることを目的として転職した場合、新しい環境や人間関係に対する不安も少なからずあるはずです。昇給にとって働く意欲が増すこともあるでしょう。もう一度頑張ってみようと、気持ちを切り替えるのは間違ったことではありません。。

 

ただし、退職理由が給料に関わらないところにあるのであれば、昇給を理由に踏みとどまる必要はないかもしれません。必要とされたり、相手からの熱意を感じることがあると、自分の意思だけでは退職を決められなくなるものです。具体的に金額を提示されると、気持ちが揺らぐこともあるでしょう。

 

昇給は魅力的ですが、注意点もあります。引き止めのために昇給を提示された場合は、なぜ退職したいのかを改めて考えてから返答するようにしましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事