採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職後の悩みで多いのはこんなこと!転職後の悩みを軽減する方法とは?

転職した直後、さまざまな壁にぶつかって深い悩みを抱えることは誰にでも起こり得ます。新しい職場の人とのコミュニケーションが上手く取れない、仕事をきちんと教えてもらえない、気軽に話せる人が居ないなど、悩みごとはさまざまです。そうした悩みを軽減し、幸せな気持ちで働くためにできる工夫を解説します

転職後は悩みを抱える人が多い

転職活動を終え、晴れて新天地での仕事が始まった直後に何かしらの悩みにぶつかる人は多いです。新たな環境に飛び込めば、悩み事のひとつやふたつはできて当たり前ですが、出勤するのが嫌になってしまうほど深刻なケースもあります。

 

転職したばかりの人は、どのようなことで悩んでいるのでしょうか。また、悩みを解消するにはどうすれば良いのかを一緒に考えていきましょう。

転職後に悩みがちなこと

悩む男性

polkadot- stock.adobe.com

 

転職後の悩みで多いのは、以下のようなことです。これを読んでいる人に中にも、同じ悩みを抱える人が居るのではないでしょうか。

入社前・入社後のギャップ

入社前と入社後のギャップに悩むのは良くあることです。思い描いていたイメージと違うこともあれば、入社前に説明されていたことと違う仕事ばかりを任される、入社後すぐに別部署に異動になったということもあります。

 

しっかりと業界、企業を研究して選んだ企業であっても、ギャップは生まれるものなのですね。

充分な指導が無い

転職・中途採用では入社タイミングによっては充分な指導を受けられない場合があります。

 

ある通信会社に中途で入社した人は、右も左もわからないころからほったらかしにされ、やることが無いため自ら仕事を貰いに行っても「今は頼みたいことはない」と言われてまた放置された経験があるそうです。

 

反対に、研修をほとんど行わないまま現場に放り込まれ、いきなり仕事を割り振られて非常に難儀するケースもあります。

職場のレベルが自分に合わない

新しい職場と自分のレベルの差で悩む人も居ます。

 

前の職場ではリーダーを務めていて仕事に自信を持っていたものの、新しい職場の人たちのレベルが高すぎて落ち込んでしまうといったことです。

 

反対に今までは自発的に仕事をするのが当たり前だったが、指示待ちタイプの人が多い職場で物足りなさを感じる場合もあります。

コミュニケーションの悩み

転職後の悩み事で最も多いのは、コミュニケーションに関することではないでしょうか。

 

気軽に話せる同期が居ない、先輩や上司は忙しそうで話しかけれれない、すでに出来ている輪の中に入れないなど、コミュニケーションの悩みは多種多様です。

 

当たり障りのない、ふつうの人間関係を構築するのは簡単なことでは無いのでしょう。

社外で過ごす時間への影響

通勤時間の長さが思った以上に辛かったり、仕事が忙しすぎて休日は寝てばかりになってしまった。社内カレンダーやシフトのリズムに体が慣れないなど、社外で過ごす時間への影響も悩みの種です。

 

実際に働き始めてからでないと分からないことが多く「こんなはずじゃなかったのに…」となりがちなのですね。

ランチタイムの過ごし方

ランチタイムの過ごし方は、人によっては非常に大きな悩みごとになり得ます。一緒にご飯を食べる相手が居なくて辛いと感じる人は結構多いもの。

 

反対に、ひとりで静かに過ごしたいのみんなそろって食べる社風であったり、ひとりで食べていると変わり者扱いされるのが煩わしいと感じる人も居ます。

転職後の悩みを軽減する方法

笑顔が大事

keshikifechi- stock.adobe.com

 

気心知れない人ばかりの中で、新たな仕事にあたるのはとても大変なことですよね。悩むのはごく、当たり前のことです。転職後のなやみごとをいっきに解決するのは難しいですが、早く気持ちよく働けるようになるために工夫できることはあります。

 

どのような工夫が有効なのか、見ていきましょう。

笑顔であいさつをする

「笑顔で挨拶」は使い古された手段ですがオールマイティです。とっつきにくい上司や先輩と、無理に雑談しようとするよりも、ニコっと笑って挨拶をしましょう。どんなに忙しい時でも、笑顔で挨拶をされて嫌な気分になる人は居ないはずです。

 

「○○さん、おはようございます」など名前を呼びかけると、より親しみのある印象になります。

今の仕事の良いところを探す

悩みごとがひとつでもあると、そのことばかりにフォーカスして考え、良いところもたくさんあるのに見えなくなりがちです。

 

毎月きちんとお給料が貰える、空調が効いた部屋で快適に働けるなど、当たり前のように享受していることも、本当はとってもありがたいことなのではないでしょうか。

 

今の仕事の良いところを探し、書き出してみましょう。悩みを上回るメリットが見つかれば、気持ちが軽くなるでしょう。

他社の求人情報を見てみる

転職活動を終えたばかりでおかしな感じがするかもしれませんが、他社の求人情報を見てみるのも良い方法です。

 

転職活動中は、新たな職場を探すことに必死で求人情報にいちいち感想を抱く余裕などなかったかもしれませんが、落ち着いて見てみれば「これなら今の職場の方が良いな」と思えることもあるでしょう。

 

また、世の中にはまだまだたくさんの仕事があるのだということも分かります。それによって気が楽になったり、今の職場で頑張ろうと思える可能性があります。

社内にひとり味方を見つける

直属の上司や仕事を教えてくれる先輩など、話しやすい相手に困りごとを打ち明けてみましょう。

 

会社に長く在籍していても「社内に味方が居ない…」と悩む人は多いものです。早い段階で、ひとりだけでも良いので味方になってくれる相手を見つけておくと、心強さが違います。困りごとを解決する糸口が見つかる可能性もあって一石二鳥と言えるでしょう。

 

ただし「味方」とはお互いに助け合う関係でなければなりません。一方的によりかかるのではなく、相手が困っているときにはしっかりと手を差し伸べてくださいね!

慣れるのを待つ

転職直後、ものすごく真剣に悩んでいることであっても「慣れ」が解決してくれることはしばしばあります。

 

自分が新しい職場に慣れるのに時間が掛かるのと同様、新しい職場の人々が自分に慣れてくれるのにも時間が必要です。焦らずに、お互いが慣れるのを待つことも良い方法なのですね。

 

特に、ランチタイムの悩みなど業務に直接関係ないことについては、慣れることで次第にどうでもよくなってしまうことが多いものです。

どうしても再度の転職がしたくなったら

悩みが大きく、転職した直後から再び転職を考える人も居るでしょう。しかし、早期退職は経歴の傷となり、さらに良くない職場でしか働けなくなるリスクがあります。

 

今現在が辛いからといって、簡単に決めることは避けて第三者に相談してみることをおすすめします。転職の悩みを相談できる相手といえば、転職エージェントです。再度の転職を検討している背景などを伝えれば、転職のプロから適切なアドバイスを貰える可能性があります。

 

ひとりで悩んだり、勢いで辞めてしまう前にぜひ、相談してみてくださいね。宿泊業界の転職なら、おもてなしHRが力になります。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事