採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

40代女性の厳しい転職事情と40代女性が転職を成功するためのコツとは?

40代女性の転職は「厳しい」という印象を強く抱いてしまうものですが、転職が厳しいとされるのは、40代女性の市場価値が低く考えられていること、また本人の求職活動が原因となっているようです。では、どのような求職活動を行えば、40代女性は転職を成功させることができるのでしょうか。宿泊業をはじめ、40代女性の転職に役立つ情報をまとめました。

40代女性の転職は厳しい?

iStock.com/Juanmonino

 

40代の女性であれば、子供が成長し、ある程度手から離れたというタイミングで、再就職をしようと検討している方も多いでしょう。

 

しかし、転職は世代が上がるにつれて難しくなるものです。中でも、40代からの女性の転職は、一層厳しさを増すとも言われています。

 

では、一体なぜ40代の女性の転職は厳しいと言われているのでしょうか。40代女性の転職事情や、40代女性が転職を成功させるためのコツをご紹介します。

 

40代女性に待ち受ける厳しい転職事情

iStock.com/Sushiman

 

40代女性をとりまく転職事情は厳しいものとなっていますが、どのような事情から厳しいとされているのでしょう。40代女性に待ち受ける厳しい転職事情をご紹介します。

 

求人数が少ない

昨今は売り手市場が続いていますが、大きく恩恵を受けているのは20代・30代の話であり、40代以上となるとその求人数はがくっと減少します。

 

また、人手不足で嘆く企業があるという状況にも関わらず、大手企業では40歳以上・45歳以上であれば希望退職を受け付けるという企業も徐々に増えてきました。

 

そもそもの求人の母数が少ないことは、転職が厳しくなるということに直結するでしょう。

 

募集職種が少ない

40代女性の求人をご覧いただければ分かる通り、20代・30代と比較すると募集職種は極端に絞られる傾向にあります。

 

「年齢・経験・学歴不問」などのように、悪く言ってしまえばあまり人気のない業界では40代・50代歓迎の求人を出している場合もありますが、今までのように希望の職種に挑戦できるという環境ではないことを覚えておきましょう。

 

40代女性の扱いに戸惑う企業が多数

創業の若い企業であれば、活躍しているのは20代・30代が中心、経営層でさえ40代という企業もざらにあります。勢いのある会社ほど、若い世代が活躍しているのです。

 

そのような企業であれば、若年層が役職者となっている可能性も大いにあります。仮に、入職した場合には、上司が年下という形もあり得るでしょう。企業の役職者からすると、年上女性が部下となるため、どう扱えば良いのかがわからず採用を見送るということもあるようです。

 

40代女性に対する偏見の強さ

お局様という言葉もあるように、40代・50代のキャリア女性に抵抗を持つ方は少なくありません。

 

「口うるさそう」、「覚えが悪そう」、「過去の栄光を引きずっていそう」、「仕事に熱心に向き合ってくれなさそう」などという偏見も相まって、40代女性を積極採用するという企業は少ないようです。

 

産後のブランクを取り戻すのに時間がかかる

子供が小学校・中学生を卒業するまでは、専業主婦として家庭に入っていたという女性もいることでしょう。この場合、10年前後のキャリアブランクがありますよね。

 

スマートフォンの普及やAIの発達から、ビジネスはこの10年間で大きな変化を見せました。そのため、この間に働いていなかったことをネックに感じた企業、またはブランクが長いということだけでも、採用を避けてしまう企業もあるようです。

 

「転職が厳しい」と感じる40代女性が行ってしまっていること

iStock.com/MachineHeadz

 

40代の女性に待ち受ける厳しい転職事情をご紹介しましたが、中には自身の行動が転職を厳しくさせていることもあります。40代女性が転職活動の停滞を引き起こしてしまう2つの原因をご紹介します。

 

スキル・経験に見合わない求人に応募している

今まで培ってきたスキルや、自身の経験に見合わない求人に応募をしていては、転職活動も上手く進みません。厳しいようですが、取得が難関な資格や、たぐいまれなる特殊な経験がない限りは、未経験職種への挑戦は難しいでしょう。

 

転職を成功させている40代の女性の多くが、同職種や人手不足が慢性化している業種に就いているという現状を鑑みて、転職活動を行うのが無難です。

 

労働条件に対する要望が多い

労働条件の合格ラインは人により様々ですが、全ての要望を叶えることは40代女性の転職では難しいかもしれません。

 

子供の養育費の積み立てや、住宅ローンの返済、両親の介護なども気にかけなくてはならないのが40代の女性ですから、もちろん譲れない条件はあるでしょう。

 

しかし、高い給与・融通の利く勤務体系・少ない残業など、多くの方が理想とする労働条件の要望を叶えているのはごくわずかです。誰しもが、どこかで折り合いをつけているということを前提に動かなければ、転職活動が長期化することは避けられません。

 

40代女性が厳しい転職を成功させるためのコツとは?

iStock.com/Yagi-Studio

 

40代の女性が転職を成功させることは、一筋縄ではいきません。自身で納得ができる転職を行うには、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。

 

40代女性が転職を成功させるための5つのコツをご紹介します。

 

転職活動が長期戦になることを覚悟する

前述の通り、40代以上の求人は少ない現状があります。加えて、日本女性の社会進出は、まだまだ形だけというイメージも強いように、企業によっては同条件であれば「女性ではなく男性」という安直な判断で選考が進められる可能性もなきにしもあらずです。

 

悲しくも現実ですので、あらかじめ転職活動期間は長期化するということを前提に動くことをおすすめします。

 

転職をする前に退職をしない

転職活動の長期化が前提となるため、休職期間が長くても全く問題がないという方以外は、現職に就きながら転職活動を行うのが良いでしょう。在職しながら転職活動を行うことで、無収入になるリスクを避けることができます。

 

中には、「在職中に転職活動なんて行って良いのか」と気を遣う女性もいるでしょう。しかしこのご時世、在職中に転職活動を終えるのが当たり前になりつつあるのです。

 

正直者は馬鹿を見ますので、上手く時間を見つけながら、勤務と並行しながら転職活動を行うようにしてくださいね。

 

複数の転職サービスを利用する

現代の転職活動の主流は、転職サイトを経由した応募です。郵送で履歴書や職務経歴書を提出するというのはひと昔前の話で、大抵の企業がWEBでのエントリーを受け付けています。

 

「転職活動=ハローワーク」という印象を持つ女性もいるかもしれませんが、ハローワークでのみ求人を掲載している企業は、古い企業体質を持ち続けていると言い換えることもできるでしょう。

 

いずれにせよ、転職サービスごとの特徴が変わってきますので、転職サイト・転職支援の人材紹介サービス・ハローワーク・求人情報紙など、複数の転職サービスを駆使することで、より良い求人に出会うことができる確率が上がるはずです。

 

労働条件の優先順位をつける

譲れない労働条件が多い方ほど、転職活動は長期化します。高すぎる理想を持ってしまえば、そもそも求める求人が現れないということも考えられるでしょう。

 

自身の希望する労働条件の中では、何が何でも絶対に譲れないものから、できればこうであって欲しいなあというような要望の強弱があるはずですので、希望の労働条件の棚卸しを行い、優先順位をつけていくことで転職をスムーズに進めることができるはずです。

 

様々な求人に目を向ける

40代女性の正社員求人は少ない現実があります。そのため、契約社員・派遣社員・アルバイトなど様々な求人に目を向け、仕事探しをすることが重要です。時に、雇用形態を妥協する必要もあるということも覚えておきましょう。

 

また、業種や職種にこだわりすぎないということも大切です。

 

特に、事務職はどの年代の女性からも人気が高い職種になりますので、事務職で不採用が続くようであれば、別業種に目を向ける必要があるかもしれません。

 

40代女性が厳しい転職活動から脱する方法

iStock.com/gradyreese

 

前項では、「様々な求人に目を向けること」が転職成功のコツとご紹介しましたが、未経験であったとしても40代女性が転職しやすいという業界もあります。

 

希望の業種・職種での転職活動が上手くいかない場合に、目を向けていただきたい業界・方法をご紹介します。

 

介護職

介護業界では、40代女性の活躍が期待されています。保育同様、自身がサポートすることで、笑顔の高齢者・その家族を見ることができるため、やりがいを強く感じるという女性も多いようです。

 

しかし、介護業界は仕事がきついうえ、給料が安いというイメージを持たれる方も一定数いるはずです。

 

2010年の介護保険制度の運用開始され需要が高まったことにより、待遇は徐々に改善されつつあるようですので、気になる方は積極的に企業へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

営業職

営業職は、比較的どの業界でも求人が多い職種です。女性は男性よりも柔らかい印象を与えることができるため、多くの人と関わることに抵抗がなければ、選択肢の一つとして考えても良いでしょう。

 

保険・不動産・メーカーなどの業界では、40代女性の活躍の場が多く設けられているようです。

 

接客業

接客業も、未経験歓迎求人が多い業界です。アパレル・飲食などであれば、40代・50代のミドル~シニア世代をターゲットとして販売している商品もあることでしょう。

 

「あなたが進めてくれたかた購入を決めた」とお客様から声をかけてもらえた時には、強いやりがいを感じることができるはずです。トレンドの移り変わりが激しいため、刺激を受けながら仕事をすることができるかもしれません。

 

冠婚葬祭業界

セレモニーホールなどで葬儀の企画・施行業務を行うセレモニースタッフも、40代女性の活躍が期待されています。

 

ビジネスマナー・丁寧な言葉遣い・人生経験が重要となる業界ですので、それなりのキャリアを積んでいる方であれば、未経験であってもミドル世代の女性であれば活躍できること間違いありません。

 

運輸・運送業界

最近、女性ドライバーを見かける機会が増えてきたことからもわかるように、バス会社・タクシー会社を中心に女性の採用が増えています。

 

運転が苦ではないという方であれば、目指してみても良いかもしれません。

 

外資系企業

キャリアに自信があり、語学力もある40代女性であれば、外資系企業に挑戦してみるのも一つの手です。

 

外資系企業は、日本の働き方とは異なり能力評価がメインとなります。外資系企業は年齢・性別に関係なく、できる人に仕事をしてもらうという姿勢が強いため、日本の大手企業への転職活動に陰りが見え、抵抗が無ければ応募してみるのも良いでしょう。

 

フリーランスとして開業

自身でスキルを持っているという方であれば、フリーランスとして開業をするのも良いかもしれません。

 

インターネットの登場により、スキルを仕事にする場が着実に増えています。そのような背景から、近年、個人事業主としての開業が年々増加しているのです。

 

モノづくり・コトづくりができる方であれば、まずは副業として挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

宿泊業の40代女性の異業種転職は厳しい?

iStock.com/monzenmachi

 

宿泊業に長らく従事してきた40代の女性は、他業界・異業種の転職は難しいかもしれません。しかし、これはどの業界に属していた40代女性も同様です。

 

他業界・異業種への転職は難しいと言っても、同じ観光業という括りであれば旅行代理店や、接客業という括りで見れば飲食業やコールセンターなどでの活躍に期待が持てます。

 

また、接客の高いスキルを活かし、高級ブランドやカーディーラーなどでも活躍ができるかもしれません。

 

求人はそう多くないはずですので、求人をこまめにチェックしながら、自身の働く姿を思い描き、どんな働き方をしたいのかを考え転職活動を行うようにしてくださいね。

 

ホテルを辞めて転職と決めたらどんな仕事をする?ホテルの経験を活かせる転職先を解説

 

40代女性は「転職は厳しい」ということを踏まえて動くべし

iStock.com/TakakoWatanabe

 

40代の女性の転職は、想像よりも甘くないという現実があります。ですが、企業の経営層の視点で考えると、ある程度仕方の無いことだと割り切ることができるでしょう。そんな中で転職活動を成功させるには、あれこれと欲張らないことが重要です。

 

ただ、ネガティブな思考で転職活動を行えば、上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。気を楽に持ち、多くの知見を得るという視点で転職活動を行えば、状況が好転するかもしれませんので、あまり気負わずに転職活動を行うようにしてくださいね。

 

「ぐずぐずなんて、してはいられない…!」という方であれば、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

 

当サイト「おもてなしHR」では、ホテル・旅館などの宿泊業の転職支援を行っています。サービスの利用料は一切いただきませんので、気になる方は求人検索や、転職支援サービスを気軽に利用してみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事