採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

WEB面接の注意点と基本マナーとは?WEB面接の特性を理解しよう!

WEB面接を導入する企業が増加している傾向にあります。これまでとの面接とは違い、面接会場に出向く必要がなく、インターネット環境が整っていれば遠方に住んでいても面接を受けることが可能です。自宅にいながらの面接も可能で、求職者はリラックスした状態で面接に挑むことも出来るかもしれません。対面型との面接と異なるのは、会場だけではありません。違いを理解し、wEB面接に合わせた事前準備を進めましょう。

WEB面接が増加している背景

iStock/metamorworks1

 

新型コロナウイルスの影響で企業の活用が急速に広がっています。インターネット環境が整備されていればどこにいてもイオンライン上での面接が可能になっています。

 

越県の制限や、3密を避けることによる感染拡大防止策など観点からも、WEB面接は非常に有効な手段と言えるでしょう。

 

企業にとっても、面接における様々な業務が簡略化されたり、スピーディーに対応することが可能になるもので、今度スタンダードな面接方法になることが予想されます。

 

WEB面接・オンライン面接とは?

iStock/ijeab

 

WEB面接とは、インターネットを利用しておこなう面接のことを指しています。直接対面して行われるものではなく、パソコンやスマートフォンなどの画面上で、ビデオ通話が可能なツールやWEB面接専用のツールを使用して行われるのが一般的な方法です。

 

WEB面接の場合は、面接会場を設ける必要はありません。企業の会議室と求職者の自宅で実施される場合や、本社と支社それぞれの会議室を使用して実施されることがあります。

 

WEB面接を受ける際の注意点

iStock/MicroStockHub

 

いざWEB面接を受ける場合、どのようなことに注意する必要があるのかご紹介します。

対面とは違う緊張感を感じることもあるかもしれません。事前準備と心構えは大切です。

 

はっきりと話す

 

WEB面接による会話は、相手にどの程度の音量で伝わっているのか、どう聞こえているのか分かりづらいことがあります。

音量ばかりに気を取られてしまいまいますが、はっきりと、少しゆっくりと話すことも心がけてください。

 

カメラを意識する

 

WEB面接の難しいところは、どこを見てよいのか分からないといった点かもしれません。

実際にビデオ通話やオンライン会議をしてみると、相手がことらを見ていないと感じることあります。

 

対面のように相手の顔を見ると、画面上にうつる視線は下がって見えます。WEB面接の場合はカメラを見て話すようにしましょう。対面の時に面接官の目を見るように、カメラは面接官の目だと思うと良いでしょう。

 

表情を豊かに

 

対面の場合は、面接官と求職者が同じ場にいることで、その場の雰囲気をつくり出すことができます。お互いの表情が見えることで、緊張が解かれることもあります。

 

WEB面接の場合は、画面の画質などによって表情が読み取りづらいことが多くあります。相手の話を聞いているときなどは、表情を少し大きくすることをおすすめします。

 

自分の言葉で話す

 

WEB面接の場合は手元が見えないことが多いため、カメラに映らない範囲であればカンペが用意できると思うかもしれません。

 

WEB面接であっても、対面と同様のスタイルで臨むべきです。また、自分の言葉で話すことで熱意や意欲は伝わります。視線が面接官に抜かないことで不快感を与える可能性もあるので、カンペを用意するべきではありません。

 

映り方を事前確認する

 

面接の前に、必ず映り方を確認しましょう。

 

カメラに映る範囲、光の当たり具合、背景などを事前にチェックし、WEB面接の際はどこに機器を配置するか決めておきましょう。

 

自宅で行う場合には特に、映る範囲を確認して、室内の状態を整えておきましょう。

 

対面と変わらないつもりで受ける

 

WEB面接の会場は求職者の自宅や自室になることも多く、慣れた場所であることでリラックスして挑むことが出来るかもしれません。

 

くれぐれも気を抜き過ぎないよう、注意がしましょう。

 

面接方法が違っても、選考過程の一つであることは変わりありません。適度な緊張感が必要です。

 

WEB面接ならではのマナー

iStock/maroke

 

対面と異なる今日今日であることから、WEB面接ならではのマナーがあります。事前に確認しておきましょう。

 

5分前に着席する

 

対面での面接の場合は、面接会場に入室するためのマナーがあります。ノックをして、面接官からの合図を待って入室、着席するのが通常でしょう。

 

WEB面接の場合には、そういった過程はありません。面接官を待たせることのないよう、5分前には着席し、面接官が表れるのを待ちましょう。

 

着席のタイミングは、対面の場合と異なります。

 

周囲の音を確認

 

面接を行う場所によっては、周囲の音が想定以上に相手に伝わってしまうことがあります。

なるべく静かな場所を選ぶようにしましょう。

 

自宅の場合は近隣の音やインターホンの音、家族がいる場合には配慮を求めても良いでしょう。スマートフォンはタブレットを使用する場合には、着信音等の通知音を切ることも忘れないようにしましょう。

 

プロフィール画像の設定

 

無料ツールを使用してWEB面接を行う場合、求職者が日常的に使用しているツールであることがあります。

その場合、プロフィール画像がプライベートなものになっていることが多くあります。

 

使用している画像によっては、面接にふさわしいものに変更しておくと良いかもしれません。画像の中には、面接の話題なることも考えられるので、あえて企業に関係するものを使用するなどして、面接官の注意を引くのも良いかもしれません。

 

聞き取りやすい間を意識する

 

インターネット回線を使用しての会話になることで、タイムラグが発生することがあります。

 

意図せず、返答が相手の言葉に被ってしまうことも考えられるので、少し間を置いて話すことをおすすめします。

タイムラグ有無が分かるように、うなずく動きなども入れながら話すと良いかもしれません。

 

WEB面接と通常の面接の違いと意識すべき点

 

WEB面接と対面型の大きな違いは、面接官に直接会うことがあるがどうかです。画面越しに会うことになるので、与える印象が大きく異なります。

 

面接官は、面接で人柄を判断しています。見た目の印象や、挨拶などの基本的なマナーの重要性はどういった面接方法であっても変わりません。WEB面接であることばかりに気を取られ、本来が姿が伝わらないといったとの無いよう注意する必要があります。

 

WEB面接の場合は、通信機器のトラブルが起こる可能性もあります。場合によっては、スムーズな進行が妨げられることもあります。不慣れな場合には、そういったことで緊張感が増すこともあるでしょう。

 

小さなトラブルは起こり得るものと認識されているはずですので、選考結果に影響を及ぼすこととは少ないはずです。トラブルを話題にするくらいの気持ちでも良いかもしれません。

 

WEB面接も対面型と本質は変わらない

iStock/Kritchanut

 

面接の本質は、相手に熱意と誠意を伝えることです。

 

それは、WEB面接であっても対面型であっても変わりません。相手に好印象を与え、一緒に働きたいと思ってもらうことが大切です。

 

WEB面接に馴染みがないと、面接による緊張以外に不安な気持ちも生まれてしまいます。面接対策の一つとして、WEB面接の特性に合わせた準備を進めましょう。

 

どこでも簡単に実施できるのがWEB面接のメリットです。練習についても同様のことが言えますので、積極的に事前練習を行い、自身をもって本番に臨みましょう。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事