スカウトメールの断り方!スカウトメールに辞退の返信は必要?

転職サイトなどを通して、企業や転職エージェントから届くスカウトメールの中には辞退したいものもありますよね。スカウトメールを辞退する場合、その旨の返信は必要なのでしょうか。スカウトメールの内容から、お断りの返信の必要・不要を判断するポイントを解説します。

スカウトメールを断る場合は返信は必要?

迷う

naka- stock.adobe.com

 

スカウト機能のある転職サイトを利用すると、時折、スカウトメールが届きます。希望の業種からの貴重なスカウトのみならず、自分の経歴・希望に一致しないスカウトが来ることもありますよね。

 

メールでのスカウトをお断りする場合、返信はするべきなのでしょうか。インターネットで調べると、お断りの返信は要る・要らないの両方の説があります。それぞれの説を詳しく見て、つまるところどうするべきなのか考えていきましょう。

スカウトメールに断りの返信が必要という意見

スカウトメールを断る際、返信をした方が良いとする意見は以下の通りです。

 

  • ・社会人のマナーとして必要
  • ・いつか取引相手になるなど、関わりが出る可能性がある
  • ・転職エージェントからであれば他の仕事を紹介して貰えるかもしれない
  • ・返信を待って採用活動を一時停止しているかもしれない
  • ・今は魅力を感じていなくてもいつかエントリーしたくなるかもしれない

スカウトメールに断りの返信は不要という意見

一方、スカウトを断る場合は返信は不要とする意見には、このような理由があります。

 

  • ・採用担当者が欲しいのはエントリーする旨の返事だけ
  • ・採用担当者に断りのメールを読む手間を掛けさせてしまう
  • ・返信しないことが返事である
  • ・ダイレクトメールのようなスカウトメールもありその都度返信する必要は無い

結局スカウトメールに辞退の返信は必要?不要?

パソコンメール

naka- stock.adobe.com

 

スカウトメールを断る際の返信は、必要論・不要論のどちらも一理あるのではないでしょうか。

 

確かに辞退するにしても、丁寧に返信をしておいたほうが後々自分の特になる可能性はあるでしょう。しかし、ダイレクトメールのようなスカウトにまでいちいち断りの返信をしていてはキリがありません。

 

返信をするべきスカウトメールと返信しなくても良いのスカウトメールを見分けて対応することが適切なのではないでしょうか。見分けるためのポイントをチェックしましょう。

断りの返信が必要なスカウトメール

断りの返信をした方が良いスカウトメールは、転職エージェントの担当者や企業の採用担当者から、個別に送られてきたと思われるものです。

 

不特定多数に送っているものなのか、本当に個別に送られたものなのかを明確に判断することはできません。しかし、自分の経歴や希望にマッチするものや、オリジナルの文章らしいものは、個別のスカウトメールの可能性が高いでしょう。

 

どこかで横のつながりができたり、転職後に付き合うことになるかもしれない相手なので、丁寧に辞退する旨を伝えてくださいね。

断りの返信が不要なスカウトメール

明らかに自分の希望・経歴に合わないものや、大量募集・万人向けのメッセージは、ダイレクトメールのようなものである可能性が高いです。

 

こうしたものには必ずしも返信をしなくても良いでしょう。しかし、ダイレクトメールのようなスカウトメールの中にも、興味を惹く企業があればコンタクトを取っておくのは大いにアリです。

 

どちらにしても、せっかく届いたスカウトメールをろくに読みもせずスルーすることだけは避けてください。大きなチャンスを逃してしまうことになりかねません。

スカウトメールの丁寧な断り方

謝罪

miya22- stock.adobe.com

 

スカウトメールに辞退の返信をする際は、スカウトをくれたことに対する感謝の気持ちを伝ええることと、丁寧な断り方を心がけてくだださい。以下の文章を軸にすると良いでしょう。

 

「この度はをお声がけをいただき、誠にありがとうございます。熟考を重ねた結果、今回いただきましたスカウトにつきましては、大変申し訳ございませんが辞退させていただきたく存じます。また何かご縁がございましたら、そのときは何卒よろしくお願いいたします。末筆ですが、貴社のますますのご清栄を心よりお祈りいたします。」

 

また、企業に魅力を感じているけれどタイミングが合わない、といった理由で辞退する場合には「現状はこれこれこういう理由で不本意ながら辞退させていただきたく存じますが、御社の事業にはとても魅力を感じております。」などの一文を付け加えておきましょう。

 

ひょっとすると、時期を見計らって再度スカウトが貰えるかもしれません。また、辞退すると言い切らずにタイミングが難しいという旨を伝えれば、何かしらの調整をしてくれる可能性もあります。

 

多少なりとも良いと思った企業からのスカウトメールであれば、未来に繋がる可能性を残して辞退することがポイントです。

専門性の高い転職サイトを活用しよう

サポート

taka- stock.adobe.com

 

総合的な転職サイトは、視野を広く持てるメリットがある一方で、関心の薄い企業からのスカウトメールしか届かない、ということもあるでしょう。

 

業界を絞って転職活動をするのであれば、専門性の高い転職サイトを活用することがおすすめです。さまざまな業界の転職サイトががありますが、おもてなしHRはホテル・旅館に特化した就職・転職支援サービスを行っています。

 

宿泊業界に詳しい専任スタッフが、ひとりひとりの希望や経歴をヒアリングして企業を紹介します。ユーザー登録後は非公開求人の閲覧も可能です。無料で使えるサービスなので、ぜひ登録しましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る