採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテル業でテレワークの導入が難しいなら新しいホテルの利用方法を模索してみよう!

新しい働き方として耳にすることが多くなったテレワークですが、導入すること難しい企業も多く存在します。接客が商品ともいえるホテル業界もそのひとつです。特に宿泊部門や料飲部門のような、お客様と直接のやりとりが必要になる職種がそれに該当します。導入が推奨されていくなか、どうすれば良いのかと頭を抱えることもあるかもしれませんが、導入ばかりに目を向けるのではなく、導入する企業が増えることによる変化に着目してみると、策が見えてくるかもしれません。

ホテル業界もテレワークを意識する必要がある

iStock/acoblund

 

新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、働き方が変化が求められています。密を避けるための時差出勤や、出社せずに自宅で働く在宅勤務、情報通信技術を活かしたテレワークが推奨されています。

 

テレワークを導入する企業が増えている

 

テレワークは、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを言います。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークと言う言葉が頻繁に聞かれるようになりました。

 

フレキシブルなワークスタイルが実現できるため、通勤中の混雑を避けたり、勤務中に大勢人がオフィスに集合するようなことを避けることができます。

 

インターネットの普及により、パソコンやスマートフォンなどのモバイル端末さえあれば完結すぐ仕事の場合、通信環境が整備された場所であれば出社しなくても、同様の水準で働くことが可能です。

 

セミナーや会議もテレワークが可能なため、大勢が集まっての会議や移動の伴なう出張を避けることが可能です。

 

新型コロナウイルスの感染リスクに併せてコスト削減のメリットもあるため、積極的に導入する企業が増えてきています。

 

ホテル業界も、テレワーク導入を意識することが求められています。新しい働き方、新しい働き方に合わせた変化への対応、どちらも検討してみる必要がありそうです。

 

ホテル従業員のテレワーク

iStock/Hispanolistic

 

ホテル従業員のテレワークは、職種によって導入の可否が分かれます。フロント業務や客室清掃、レストランシェフのような技術職もテレワークは難しいでしょう。

 

テレワークが可能な職種

 

接客がメインと思われるホテル業ですが、事務職とよばれるようなデスクワークに従事している従業員も数多く働いています。

 

通信環境が整備や、これまで紙媒体を使用していたような業務を整理する必要は当然ありますが、ホテル業でもテレワークを導入することは不可能ではありません。

 

人事部や経理部といった接客が必要のない業務であれば、一般企業での導入事例もあります。また、営業担当者や広報のような職種でも、必要な場合のみの出社とすることで導入が可能です。

 

通常業務を全てテレワークにすることは出来なくても、従業員向けのセミナーや研修はテレワークを活用するなど、一部の導入であれば比較的ハードルは低いかもしれません。

 

従業員同士が密になる状況をつくり出さないことが目的であることを考えれば、職種毎に導入するのではく、業務毎に柔軟な対応を試みるのが良いのではないでしょうか。

 

ホテル利用客とテレワーク

iStock/Kenishirotie

 

新型コロナウィルスの感染が拡大した原因として、人々の移動が挙げられています。そのため、越県が制限されるようなこともありました。テレワークの普及もあり、宿泊を伴なう出張が減少し、ビジネス利用によるホテル利用客を見込むことが難しくなっています。

 

テレワーク向けプラン

 

テレワークの普及により、宿泊ではなく日中に、短時間利用するデイユースの利用客を見込んだプランを売り出すホテルが増えています。

 

中には、テレワークを応援する目的でとして、様々な特典を付けたプランをを用意しているホテルもあります。

 

Wi-Fi環境と電源が完備されていれば、テレワークは可能です。ホテルの客室内にはデスクが設置されていることもあり、自宅とは違った環境で働きたい人には人気があるようです。

 

施設内のレストランが格安で利用できる特典や、軽食セットが付いたプランなど、テレワークの利用がより快適になるような工夫がされています。

 

客室内のベッドが外され、より広いスペースを確保しているホテルもあります。ウェブ会議等で背景が気になるような場面でも、ホテルを利用することでストレスを軽減することが可能です。

 

在宅でのテレワークは、家族の存在が気になってしまったり、物に囲まれているために集中が来なかったり、メリハリが付けづらいという声も聞かれます。

 

ホテルの快適性や、利便性、落ち着きを感じられる空間が人気で、自宅でのテレワークよりも生産性が上がったという利用客の意見もあるようです。

 

テレワークを意識してホテルの在り方を変化させよう

iStock/Fiers

 

新型コロナウイルスの感染は拡大の一途を辿っています。しばらくは、出張利用などの宿泊による利用客を見込むことは難しいでしょう。

 

働き方に限らず、生活様式も大きく変化していることから、ホテルの在り方も変化させていく必要がありそうです。

 

他県からの利用客が見込めないのであれば、県内や近隣の利用客を増やすことへ視点を変えてみると良いでしょう。テレワーク利用のためのプランも、そのひとつです。

 

また、そういった工夫をすることでホテル従業員の雇用を守ることもできるはずです。

 

宿泊客が少なくなる分、これまで従業員に負担のあった夜勤が減らせるかもしれませんし

、日中の利用客に合わせたフレキシブルなシフトの作成をすることで、時差出勤を叶えることができるかもしれません。

 

テレワーク導入ばかりに意識を向けるのではなく、テレワークの普及に合わせた変化に目を向けることで、新しいホテルの在り方が見出せるのではないでしょうか。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事