ホテルの退職理由にはどんなものがある?

華やかなイメージのあるホテル業界ですが、働いてからのギャップの大きさや体調を崩してしまう可能性などを考え、退職を検討しているという方もいることでしょう。しかし、退職をなかなか言い出しづらいという方も少なからずいるはずです。ホテルへの退職理由の伝え方や、転職活動時のホテルの退職理由の伝え方をご紹介します。

ホテルの退職理由を考えていますか?

beeboys – stock.adobe.com

 

もしかするとあなたは今、「ホテルを辞めたい…」と感じているのではないでしょうか。あるいは、既にホテルを退職し、転職先に対して前職の退職理由を考えているところかも知れませんね。

 

あなたが悩むように、退職理由の伝え方に悩む方は多いようです。では、どのように退職理由を伝えれば、印象を悪くすることなく円満退職を進めたり、転職活動を成功することができるのでしょうか。

 

実際にホテルを転職した方の本音の退職理由や、辞めるタイミングで伝えた退職理由、転職時の選考での退職理由の伝え方をご紹介します。

 

ホテル従業員の退職理由

chachamal – stock.adobe.com

 

以前ホテルに勤め退職を経験した方は、実際にどのような理由から退職にいたったのでしょうか。ホテル従業員の本音の退職理由をみていきましょう。

 

体力的な負担が大きい

ホテルでは、変則シフトなどを絡めた長時間労働を強いられることが一般的でしょう。若いうちは問題なかっものの、年齢を重ねるごとに体力的な負担が大きくなり、退職を考えたという方もいるようです。

 

ホテルの仕事は想像していたよりも力仕事が多く重労働だった、厳しい上下関係から飲み会の参加が必須で睡眠時間が確保できなかったという方もまた、身体的な負担から退職に至ったと言えるでしょう。

 

休みが取りにくい・休みが合わない

宿泊業を含めたサービス業全般に言えることですが、土日祝日はお客様が多いため、休みが取りづらかったり、他業界の友人・恋人・家族と休みを合わせることができないという理由から退職を決意した方もいるようです。

 

給料が安い

ホテル業を含めた宿泊業・飲食サービス業は、全産業の平均賃金よりも給料が少ないという薄給な業界です。長時間労働や化も相まって、労働に見合った対価がもらえなかったと感じ、他業界へ転職をするホテル従業員もいるようです。

 

他に、日常的に繰り返されるサービス残業に嫌気がさし、退職に至ったという方もいるようでした。

 

人間関係に問題がある

どの業界・職種でも退職理由の上位に挙げられるのが人間関係です。ホテル業界でその傾向が顕著なのは、チームでの仕事が強いられるからでしょう。

 

フロントや客室清掃の宿泊部門をはじめ、料飲部門や宴会部門など複数の方と連携を取らなくては仕事が進まないということも多い一方、外部との関わりが少ないということから、人間関係に悩みを抱えて退職を決意したという方もいるようです。

 

仕事が面白くない

華やかな業界という憧れを持ってホテル業界に飛び込んだという方であれば、日々同じルーティーンが続くことやキャリアアップまでに時間がかかることから「仕事がつまらない」と感じることが多くなり、退職を決めたという方もいるようですよ。

 

配置換えにより他部門へ移り、お客様と触れ合う機会が一切無くなってしまい、接客ができなくなったことが原因でホテルを辞めてしまった方もいるようです。

 

辞める時にホテルに退職理由を伝えるべき?

Photographee.eu – stock.adobe.com

 

様々なホテル従業員の退職理由をご紹介しましたが、実際にホテルを辞める時には本音の退職理由を伝えるべきなのでしょうか。答えは、あなたの退職を決意した理由や、勤務先のホテルの環境によります。

 

特に、職場や仕事に対するネガティブな退職理由であった場合、「そんな理由で辞められたら困る!」と怒号を浴びせる上司がいるかも知れませんし、改善行動を起こしてくれるというホテルもあることでしょう。

 

しかし、あなたの中で「どんなに配慮されても退職の意思が揺らぐことはないだろう」と意識が固まっているのであれば、伝える退職理由は決めておく必要があります。退職への決意が固い方へ向けて、ホテルの上司や人事担当者への退職理由の伝え方をご紹介します。

 

キャリアプランを伝える

実際に今後のキャリアプランを考えているという方であれば、キャリアプランを正直に伝えるのもよいでしょう。

 

現状では自身の考えているキャリアプランが叶えられそうにないことに加え、数年先までの今後の展望を担当者へ話せば、きっと理解をしてもらえるはずです。

 

転職先が決まっていることを伝える

現代では、転職によるキャリアアップが当たり前になりつつあります。そのため、転職を考え出した方は在籍中に転職活動を始めるという方も少なくありません。

 

実際に転職活動を行い、転職先が決まっているという方であれば、「既に転職先が決まった」と伝えることで、退職までの流れをスムーズに運ぶことができます。

 

家庭の事情を伝える

担当者が引き止めることができない退職理由は、家庭環境による退職です。

 

実際に家族の介護が必要になった、育児負荷が増えた、実家に帰らなければならなくなったという方もいるはずですが、担当者が口を出すことが難しく引き止められることも少ないため、時に嘘として語られることもある退職理由となっています。

 

退職を決意しているのに否が応でも退職をさせないという姿勢のホテルの場合であれば、嘘をつくのもやむを得ないかも知れませんが、今後もホテル内の従業員と人間関係が続けたいという方は、明るみに出ることを覚悟のうえで担当者に伝えるようにしましょう。

 

持病を訴える

退職理由を伝える際に、家庭の事情同様、持病を訴える方もいます。しかし、「診断書を提出して」という担当者もいるでしょうから、虚偽で申し出る際には充分に注意してください。

 

ホテル勤務により、以前より体調が優れなくなったという方は、まずは病院にかかることをおすすめします。診断書があれば、担当者は引き止めることが難しくなるでしょう。

 

現状の不満を正直に話す

自身の所属している配置や、職場内の誰しもが悩みを抱えているような人間関係がある場合、担当者に不満を正直に話すのもよいかも知れません。

 

解決ができるもの・難しいもの、解決までの道のりを示してくれるホテル・そうでないホテルなど、あなたの勤め先によって対応は変わるはずですが、聞き入れる上司や人事担当者がいるのであれば、共に手を考えてくれることでしょう。

 

下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

ホテルを辞めたい!と思う理由とホテルを辞めないための対策

 

ホテルの退職理由を転職活動でどう伝える?

WavebreakmediaMicro – stock.adobe.com

 

既にホテルへ退職の意向を示し、了承をもらえたという方であれば、転職活動での書類選考や面接時で見られる退職理由についてどのような表現をすればよいか、と迷われていることでしょう。

 

これから転職活動を行ううえで参考となる、退職理由の表現方法についてご紹介します。

 

ホテルなどの宿泊業界での転職活動

同業界である場合、労働時間の長さやお客様のクレーム対応など、ホテルに関するネガティブなワードを出すのはNGです。

 

というのも、同業界であれば少なからず同じような状況に陥る可能性があるためです。ホテルに対する不満を話してしまえば、採用側からは「今回と同じ理由で退職をしてしまう可能性がある人物」と映ってしまい、選考が不利に運ぶ可能性が高くなります。

 

可能な限り、自身のキャリアビジョンと重ね合わせる、転職先で実現したいことなど、将来の展望を絡めた退職内容を話すのが転職活動のポイントです。

 

他業界での転職活動

他業界である場合、ホテルで勤務していたというだけで選考は有利に運ぶことも多いようです。それほど、ホテル業界は重労働であるという理解が広まっているのでしょう。

 

そうとはいえ、「ホテル業界が不満で辞めた」という退職理由を話すことは避けるべきです。ホテル業界にいては叶えられなかったことや、ホテル業界の経験を転職先で活かしたいなど、前向きな話に転換するように心がけてくださいね。

 

ホテルの退職理由を面接で伝える3つのポイント

Monet – stock.adobe.com

 

転職であれば、面接時に退職理由を聞くという企業も多いので、伝える退職理由をしっかりと準備しておくことが大切になります。

 

転職活動の面接において、ホテルの退職理由を伝える3つのポイントをご紹介します。

 

内容を前向きに伝える

前述の通り、退職理由は前向きであることが一番です。後ろ向きな理由で退職した方と、前向きな理由で退職をした方、どちらが面接官に好印象を抱かれやすいかは明白でしょう。

 

覚えておきたいのは、低賃金による退職の場合です。給料や福利厚生に執着するのは、悪印象に繋がりやすいため、よほどのことがない限りは触れない方がよいでしょう。

 

下記は、ネガティブな退職理由をポジティブに変換した一例です。自身の行ってきた行動と合わせて伝えるようにしましょう。

 

  • ・体力的な負担が大きい

→体調を崩すと思い、業務の効率化を試みるもホテル全体での改善は難しく、退職を決意

 

  • ・給料が安い

→評価制度が曖昧で、自身のキャリアアップに時間を要すると感じ、退職を決意

 

  • ・仕事が面白くない

→ルーティーンをこなすことが正とされていたため、新しい挑戦をしたいと思い退職を決意

 

伝え方ひとつで前向きな理由に転換できますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

入社意欲に繋げる

退職理由を前向きに変換した後は、入社意欲に繋げるのがよいでしょう。

 

「このような理由で退職をしたものの、御社ではこの経験を活かし、こんなことにチャレンジしたい!」と話せば、面接官から仕事に対しての考えをしっかり持っている人物という評価をされやすいです。

 

面接を受ける企業ならではの話と結び付けることによって、志望度の高さを示すことができるでしょう。

 

堂々と話す

退職理由はネガティブであることが多く、退職理由を聞かれたくないのが求職者の本音でしょう。面接官に問われた際は、たじろいでしまうという方も多いようです。

 

しかし、口ごもってしまっては、面接官によく映りません。面接官の目を見て、ハキハキと話すことによって「ポジティブな理由で転職を決意した人物」としての評価を受けられるはずですので、自信のない方は堂々と話す練習をしておくのがポイントです。

 

ホテルの退職理由は建前を使うのも手!

Africa-Studio – stock.adobe.com

 

退職理由は人により様々です。しかし、退職の理由を探しているのであれば、少なからず現ホテルに不満を抱えている方が大半でしょう。

 

あなたの悩みに手を差し伸べてくれるホテルであれば、まず社内で話し合いをすることをおすすめしますが、退職を聞き入れてもらえないというホテルもあるでしょうから、退職理由に建前を使うのも一つの手であるということを覚えておいてくださいね。

 

退職を決意し、これからホテル業界で転職活動を行うという方は、当サイト「おもてなしHR」の活用をおすすめします。専属のアドバイザーが、次ホテルでの面接対策なども行いますので退職理由の伝え方を一緒に考え、あなたの転職活動をサポートします。

 

相談・利用はもちろん完全無料ですので、気になる方はまずは登録をしてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る