ホテル・旅館で集客力をアップするコツ

どのホテル・旅館においても、もっとも重視したいことの1つが集客です。いかに集客力をアップさせ、稼働率を上昇させるか……日々、頭を悩ませているのではないでしょうか。当記事では、インターネットやSNSが身近なものとなった今こそ取り入れたい「新しい集客方法」を提案します。

ホテル・旅館の集客にはSNSを活用すべし

sns

iStock/bigtunaonline

 

これまでのホテル・旅館の集客方法といえば、旅行のポータルサイトへの登録、既存客へのダイレクトメール送付などが一般的でした。しかし多くの人がスマートフォンを持ち、調べものにはインターネットを活用する現代において、それだけでは不十分と言えるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、SNSです。ここでは、SNSを用いた集客方法について詳しく見ていきましょう。

 

SNSとは?

SNS(Social Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、インターネットを使って人間関係を構築できるウェブサービスの総称です。直訳すると、

 

  • ・ソーシャル……社会的な
  • ・ネットワーキング……つながり

 

となります。このSNSを使った集客やマーケティングが、今さまざまなジャンルにおいて注目されています。

主要なSNSにはどんなものがある?

日本国内において主要なSNSには、

 

  • ・Facebook(フェイスブック)……実名登録が基本のため、信頼性の高い口コミが期待できる
  • ・Twitter(ツイッター)……1ツイート(つぶやき)当たりの文字数は140文字まで。実名制でないためつながりやすく、投稿が拡散されやすい
  • ・Instagram(インスタグラム)……画像や短時間の動画を共有がメイン。色や雰囲気を加工できるフィルターが豊富で、誰でも簡単におしゃれな写真を投稿できる

 

などが挙げられます。それぞれ利用者層や特徴は少しずつ異なりますが、「ユーザー同士のつながりが作れる」「情報を発信、拡散、共有できる」といった点は共通しています。

 

インスタグラムが集客に向いている理由

インスタに写真をアップする女性たち

iStock/WanderWomen

 

先に挙げた3つのSNSの中で、ホテル・旅館の集客に適しているのがインスタグラム。それは、以下のような理由からです。

 

視覚効果が高い

フェイスブック、ツイッターが文章を主としているのに比べ、インスタグラムは画像や動画を共有することに特化したサービス。もちろん文章も投稿できますが、画像や写真の補足的な役割が強いです。

 

ホテル・旅館を探している人は、建物の外観や内装、設備、部屋からの眺め、料理の内容などを知りたいと考えています。そうした見込み客のニーズにぴったりマッチするのが、視覚効果の高いインスタグラムなのです。

 

ハッシュタグは世界共通

「ハッシュ記号(#)」の後ろに特定のキーワードを付与したものをハッシュタグと呼び、SNS上でよく使われています。特にインスタグラムにおいては、「気になるハッシュタグで検索する」という使われ方が一般的です。

 

そのため自社の投稿に「#〇〇ホテル」「#〇〇旅行」(〇〇は地名など)と入れておくことで、その場所のホテル・旅館を探している人に見つけてもらえる確率がアップします。またハッシュタグは世界共通なので、外国語でタグを入れれば外国人から見てもらう機会も増えます。

 

口コミ効果が期待できる

SNSの特徴として「情報の発信・拡散・共有」を挙げましたが、これを活用することで口コミ効果が期待できます。最近、いろいろなお店で「ハッシュタグをつけて拡散してください」と書かれているのを見かけますが、あれは口コミ効果を狙っての工夫です。

 

ただ、インスタグラムは他のSNSと比べるとシェア(共有)しにくい特徴があります。そのため、シェアしやすいツイッターやフェイスブックと連動させることで、より多くの口コミを得られるでしょう。

 

ポータルサイトに頼りきってはいけない理由

迷っている女性

iStock/metamorworks

 

ホテル・旅館の集客方法としてスタンダードなのが、旅行のポータルサイトです。今はインターネットで簡単に宿泊予約ができるため、お客様はいろいろなホテル・旅館の料金やサービスを比較検討するためにポータルサイトをのぞく傾向があります。情報を掲載しておくだけで自動的に集客してもらえるので、便利ですよね。

 

しかし掲載するには手数料がかかるため、予約が取れてもその分利益が目減りしてしまいます。

 

集客をポータルサイトに頼りきる「待ち」の姿勢には不安があります。今後は、ホテル・旅館側が自らアクションを起こす「攻め」の集客の重要性が高まっていくでしょう。

 

自社ホームページから予約してもらうためのコツ

ホテルのホームページから予約

iStock/anyaberkut

 

SNSやポータルサイトで興味を持ってもらったら、なるべく自社ホームページで予約してもらいたいところですよね。

 

今はインターネットでさまざまな情報を得られるため、お客様は「一番お得に泊まれるのはどこだろう」と迷ってしまいます。自社ホームページでその迷いを解消し、背中を押してあげることができれば、予約までつなげることが可能でしょう。

 

具体的には、

 

  • ・ホームページからの予約が最安と明記する
  • ・自社ホームページからの予約でのみ受けられる特典を設ける
  • ・予約するボタンを目立つ場所に設置する

 

こうした対応が挙げられます。これでお客様を迷わせず、予約に対するモチベーションをあげ、そのままの勢いで予約まで誘導が可能です。

 

時代に合わせた集客方法にチャレンジを

ホテルフロントで仕事する女性と男性

iStock/guvendemir

 

多くの人がスマートフォンを持ち、インターネットに慣れ親しむようになった現代。ホテル・旅館の集客方法も、時代に合わせて変わっていかねばなりません。

 

その1つが、SNSの活用です。インスタグラムを始めとしたSNSを上手に活用することで集客力をアップし、より多くの新規顧客を獲得できるはずです。

 

今後、ますます自社が発展していくためには、「自社ホームページやポータルサイトがあるから大丈夫」という待ちの姿勢から、攻めの集客に転じる必要があります。ぜひ新しい集客方法にチャレンジしてみてください。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る