採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

ランドオペレーターとは?ランドオペレーターになるには何が必要?

ランドオペレーターは、旅行会社から依頼を受け旅行客の旅に必要なサービスを手配する企業や仕事を指す言葉です。主に海外旅行を取り扱うランドオペレーターになるには何が必要なのでしょうか。ランドオペレーターの基礎知識やランドオペレーターに求められること、なり方をご紹介します。

ランドオペレーターとは?

iStock.com/sturti

 

ランドオペレーターとは、旅行サービス手配業の1つで、旅行会社から依頼を受け、運送手段や宿泊地の手配・予約を行う企業のことです。

 

海外旅行に関する手配が多く、日本人が海外旅行で必要となるものの手配、また訪日外国人の国内旅行に必要となるものの手配のいずれかを専門的に行っている企業が大半です。

 

海外旅行の手配・予約を行う場合、旅行会社が現地の宿泊施設や鉄道・航空会社に直接連絡を取るよりも、知識が豊富なランドオペレーターに手配を委託する方が効率が良いと考える旅行会社も多いようで、インバウンドの需要が高まる今、より活躍が進むと考えられています。

 

「海外旅行手配の代行会社」と覚えておけば間違いないでしょう。

 

ランドオペレーターについての基礎知識

iStock.com/hocus-focus

 

ランドオペレーターは旅行会社と観光業者の仲介役を担う企業であるため、観光業に従事していない限り、直接関わることはほとんど無く、知識が浅いという方も多いはずです。

 

ランドオペレーターについての知識を深めたいという方に向け、ランドオペレーターの基礎知識をご紹介します。

 

仕事内容

ランドオペレーターの主な仕事は、下記の通りです。

 

  • ・鉄道・バス・航空等の運送手段、または宿泊施設の手配
  • ・通訳を必要とする有償ツアーガイドの手配
  • ・免税店における物品販売の手配

 

国内の旅行者向けの依頼であれば現地スタッフの日本語力、訪日外国人旅行客向けの依頼であれば、現地のインバウンド対応ができているかなど、様々な企業の知見が必要となります。

 

加えて、宿泊業者・運送会社・免税店など関わる企業も多岐に渡るため、物怖じせずにコミュニケーションを取るバイタリティが求められる仕事と言えるでしょう。

 

ツアーオペレーターの違い

ランドオペレーターとツアーオペレーターは、同義と考えて問題ありません。

 

以前までの旅行は、ランド(land・地上)の移動が多かったことから「ランドオペレーター」と呼ばれていましたが、近年では、船・航空機など移動手段は多岐に渡るようになりましたよね。

 

そのため、時代とともにランドに限定する意味が薄れいったと感がられています。ランドの後継としてツアー(tour・旅行)が採用されるようになり、現代では「ツアーオペレーター」と呼ばれることも多くあります。

 

ランドオペレーターが登録制になった背景

ランドオペレーターは、旅行業法の改正により2018年1月から各都道府県へ「旅行サービス手配業」としての登録が義務化されました。

 

許認可が必要となった背景には、ランドオペレーターのずさんな手配が関係しています。

 

安全性が確保されていないバス会社の手配による死亡事故、キックバックを前提とした無報酬でのガイド手配などがその原因と言われているようです。これらは残念な事例ではありますが、登録の義務化により、以前よりも安全性・信頼性が保障されたとも言えるでしょう。

 

ランドオペレーターに求められることは?

iStock.com/Viktoriia-Hnatiuk

 

ランドオペレーターに求められることは、大きく分けて2つあります。どのようなことが求められるのかをみていきましょう。

 

現地の情報・知識が豊富であること

ランドオペレーターは、トラベルコーディネーターに近い役割を持っています。旅行会社から得た旅行者情報をもとに、適切な移動手段・宿泊先・観光地の予約や手配を行えなければ、仕事になりません。

 

そのため、国内外問わず企業が注力しているエリアの情報や知見を豊富に持っていることが重要であり、その能力が求められるのも必然的と言えるでしょう。

 

高い語学力

海外旅行に関する手配が多いランドオペレーターは、高い語学力が求められます。

 

日本人旅行者の海外旅行であれば現地観光業者へ、訪日外国人の国内旅行であれば海外旅行会社から依頼を受けることになるため、他言語を用いる場面が非常に多いことが特徴です。そのため、語学力に長けている方は重宝されます。

 

ランドオペレーターになるためには何が必要?

iStock.com/Warchi

 

ランドオペレーターとして働くには、どのようなものが必要となるのでしょうか。ランドオペレーターになるために必要なものをみていきましょう。

 

専門学校で知識をつける

最もスムーズに就職することができるのは、観光業に精通している専門学校で学ぶことです。観光旅行学科や、国際観光学科で知識をつけ、ランドオペレーターを目指すのが一般的でしょう。

 

観光業界で知識をつける

高校生からまっすぐ専門学校への入校を決めたのであればなんら問題ないはずですが、社会人・異業種勤務である場合、専門学校へ通うのは、資金面・メンタル面で少々ハードルが高いと感じる方もいるでしょう。

 

そんな方はまず、旅行・観光業界に身を置き、知識や経験を積むのが良いでしょう。旅行代理店、ホテル・旅館、ツアーガイドなど、ランドオペレーターと関わることができる業種を選ぶことで、旅行業界の知識を身に付けることができるはずです。

 

語学力をつける

ランドオペレーターに、語学力は必須です。企業によって、注力している国は異なるはずですが、最低限日常会話以上の英語知識をつけるようにしましょう。

 

日本であればアジア圏の旅行手配を行う企業も多いはずですので、必要に応じ、現地の言語を覚えることで、より業務をスムーズに行うことができるはずです。

 

就職するという点ではまず、「TOEIC」や「TOEFL」、「観光英語検定」などを受け、英語能力の高さを数値で表現できれば、選考を有利に進められる可能性が高まるでしょう。

 

高いバイタリティを持つ

前述の通り、ランドオペレーターは国内外問わず、多くの観光業者と接点を持つことになります。そのため、失敗を恐れず何事にも挑戦をする、積極的に知識を吸収する・行動を起こすというようなバイタリティが必要となります。

 

海外旅行経験が豊富、留学経験があるという方は、行動力をアピールしやすいかもしれません。

 

ランドオペレーターは旅行会社の陰の立役者!

iStock.com/PeopleImages

 

ランドオペレーターは、公に出ることは少ないものの、旅行客の旅を円滑に進めるために重要な役割を果たす存在です。その仕事は、まさに縁の下の力持ちと言えるでしょう。

 

インバウンド事業に注力する企業が増えている今、ランドオペレーターの需要も高まりにも期待が持てますので、興味がある方はぜひ目指してみてくださいね。

 

また、ランドオペレーターになるには観光業での経験や知識、語学力がまだまだ足りないと感じる方であれば、ホテル・旅館への就職もぜひ検討してみてください。

 

ホテル・旅館によっては、インバウンド対応についての知識や語学力を大幅に向上させることができるでしょう。あわせて、おもてなしの心をもった接客を身に付けることもできるでしょう。

 

当サイト「おもてなしHR」は、宿泊業に特化した求人情報の公開、転職支援サービスを行っていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事