求人をずっと掲載している企業は危険?ずっと求人が掲載されている理由を探ろう

長期間に渡って求人情報の掲載が続いている企業や、頻繁に求人情報を出している企業を出している企業が目についたことはありませんか?ずっと求人を出している企業=ブラックというイメージが抱かれやすいですが、実際はどうなのでしょうか。企業が求人情報を出し続ける理由を見ていきましょう。

ずっと求人情報が掲載されている企業はブラック?

ブラック企業

BRAD- stock.adobe.com

 

仕事探しの最中、常に求人を出している企業が目につくことがありますよね。応募してみようかなと思っても「人が定着しないブラックな企業なのでは?」と不安になる人も居るのではないでしょうか。

 

しかし、ずっと求人情報が出ているからと言って必ずしも労働環境が悪い企業とは限りません。求人情報が出続けるさまざまな理由や、応募することに不安を感じる時の対処方法を解説します。

求人情報がずっと掲載されている理由とは

新規オープン

Anna-Jurkovska – stock.adobe.com

 

数ヵ月単位で求人情報の掲載が続いていたり、頻繁に新たな求人情報が出される理由として、下記のようなことが考えられます。

事業拡大で増員中

チェーン店を増やすなどの事業拡大のためには、まとまった人数の増員が必要です。人数を確保するまでにはそれなりに時間が掛かるので、長期にわたっての掲載になりやすいのですね。

 

事業拡大の増員の場合は、求人情報に「オープニングスタッフ募集」「事業拡大につき大量募集」などのキーワードが掲載されることが多いです。

全国規模の募集

全国に支店や事業所を持つ企業は、各地の求人をひとまとめにして出すことがあります。求人情報で「勤務地:札幌・仙台・東京・大阪・福岡のいずれか」などと書かれているのを見たことが無いでしょうか。

 

このような求人は、一部の地域での募集は終了していても、他の地域がまだ募集中であれば求人情報を掲載し続けることがあるのです。全国での求人が完了するまでの間の掲載のため、長期間になりやすいのですね。

内定辞退・即退職への備え

内定の辞退や入社後の即退職などにより、採用活動が難航することは珍しくありません。このような事態に備え、プラスアルファの人材を確保するために求人情報を出し続けている企業もあります。

 

特に、マンパワーで現場を回すサービス業では良くあること。必要な人数をできるかぎり揃えるための措置なのです。

良い人材を厳選する長期戦

急募ではなく、優秀な人材が居たら来てほしいというスタンスで出される求人もあります。取り急ぎ人数を揃えなければならないわけではないため、時間を掛けて求職者を厳選するのですね。

 

このパターンは社員の定着率が良く、働きやすい職場の可能性が高いです。ずっと求人情報が掲載されている=ブラック企業と決めつけてしまうと、良い企業と出会うチャンスを失うことになるでしょう。就職・転職は思い込みを捨てることが成功の鍵ですね。

人手不足・離職率が高い

ずっと求人情報が掲載されている=ブラック企業ではありませんが、実際にブラック企業で人員の定着率が著しく悪い企業もあります。交通の便も良く、専門スキルを必要とする業務でも無いのに人手不足が続いている企業には要注意です。

 

しかしながら、求人情報の内容だけではブラック企業かどうかを見分けることはできませんよね。次の項目で、入社前にどんな企業か、ある程度調べる手段について解説します。

求人情報がずっと掲載されている企業に応募したいときは?

調べる

Hafiez-Razali- stock.adobe.com

 

求人情報がずっと掲載されている理由はさまざまです。求人を出し続けている企業に応募したいけれど、ブラック企業ではないのか心配という場合は、下記のような方法で、ある程度探りを入れると良いでしょう。

会社に出入りする人の様子を確認する

企業の雰囲気はその場で働く人々の様子に反映されます。可能であれば応募の前に、会社の近くまで赴いて、出入りする人の様子を確認してみましょう。

 

社員と思われる人の表情や顔色、会話からある程度企業の雰囲気を推測できます。また、退勤時間に出てくる人がどれくらい居るかを観察するのもおすすめです。誰も出て来ない・極端に少ないという場合は、残業するのが当たり前という社風なのかもしれません。

離職率をチェックする

離職率は、非常に分かりやすいバロメーターです。高いほど人員が定着しにくい職場と言えるでしょう。どこの企業でも公開しているというものではありませんが、新卒向けの採用情報や、企業の情報を集めた書籍、転職情報サイトでチェックできる場合があります。可能な限り調べましょう。

 

ただし、離職率が高い=ブラック企業ではありません。社員の独立を支援する企業や、経験を積んでキャリアアップ転職をする社員が多い企業もあります。ひとつの目安として見るようにしてくださいね。

インターネットの口コミを参考に

インターネット上には転職・就職に関する口コミが投稿されています。現社員・元社員のものと思われる投稿もあり、残業時間や業務量、職場の雰囲気といった情報を読むことができます。

 

本当に関係者が書いたものなのか・信憑性のある情報なのかは定かでないため、書かれていることを鵜呑みにするのは良くありませんが、参考程度に見てみると良いでしょう。

面接で質問する

面接を受ける段階まで来ているのであれば、面接官にずっと求人情報が掲載されている理由を質問しても良いでしょう。面接は、企業が求職者を選ぶだけでなく、求職者が企業を選ぶためのものでもあるのです。入社後に後悔することが無いよう、疑問や不安は面接の質疑応答でクリアにしておくべきですね。

 

「御社の求人情報を良く見かけますが、事業拡大中なのですか?」など、前向な聞き方をすれば、失礼にあたりません。面接官が具体的な理由を教えてくれるかどうかを判断材料にしてください。

不安を感じたら就職・転職アドバイザーに相談してみよう

アドバイザー

polkadot- stock.adobe.com

 

仕事探しに不安を感じたら、就職・転職の支援サービスを活用し、アドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。アドバイザーはさまざまな企業を知っているため、参考になる話を聞くことができるはずです。ひとりで悩んでいるよりも、実りのある仕事探しができるでしょう。

 

就職・転職の支援サービスは数多くありますが、宿泊業界に興味を持っている人には「おもてなしHR」をご利用ください。宿泊業界に特化したサービスのため、ホテル・旅館に狙いを定めた就職・転職活動をサポートします。

 

サービスは完全無料で利用でき、日本全国のホテル・旅館の非公開求人も掲載されているので、ぜひ、活用してくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る