富裕層が高級ホテルに求めているのはどんなこと?働くために必要なことや喜ばれるサービスを紹介

高級ホテルには、いわゆる富裕層と呼ばれるお客様が多く訪れています。シンプルな宿泊を目的としたビジネスホテルや、利便性の高いシティホテルとは一味違った贅沢な空間で、富裕層のお客様はどんな時間を過ごしているのでしょうか。富裕層のお客様がホテルに求めている要素や、喜ばれているサービスの事例、高級ホテルで働くために必要なことを解説します。

富裕層のお客様は高級ホテルに何を求めている?

ラウンジ

tsuneomp – stock.adobe.com

 

ホテルは、寝泊りするだけの場所ではありません。低価格でシンプルな滞在を提供するタイプのホテルでも充実のアメニティや無料朝食などのサービスを充実させています。

 

高級ホテルともなればさらに居心地の良い滞在を実現するために、ひとりひとりのお客様に合わせたおもてなしが提供されています。そんなホテルをよく利用するのは、いわゆる富裕層と呼ばれる人々です。

 

富裕層の人々は、短時間で効率の良いリラックスを求めて高級ホテルを利用します。企業の役員や事業主など、忙しく働く人が多いので、高級ホテルで非日常を味わい、気分をリフレッシュするのですね。

 

また、高級ホテルの中にはホテル自体が会員制のところや、会員制のラウンジが設けられているところが多数あります。会員制のスペースには団体客が来ないため、よりリラックスした時間を過ごすことができます。

 

そして、こういった場所では富裕層同士の交流が生まれ、新たなビジネスが生まれるきっかけにもなります。休息と人脈の拡大を求めて、富裕層は高級ホテルにやってくるのです。

 

富裕層に喜ばれるホテルのサービスや設備

ホテルのプール

xy- stock.adobe.com

 

高級ホテルで富裕層に喜ばれているのはどんなサービスや設備でしょうか。喜ばれる理由も併せてチェックしていきましょう。

 

昔ながらのおもてなし

ビジネスホテルやシティホテルなどでは最近、ICT化が進んでいます。自動チェックイン・チェックアウト機やスマートキーを使うことで人件費を抑えながら、スピーディーかつ正確なサービスを提供できるメリットがあるためです。

 

しかし、高級ホテルを利用する富裕層が求めているのは、昔ながらの「人間」による、心のこもったおもてなしです。高級ホテルでは非日常を楽しむことが重要視されるので、機械によって効率化するという、現実感の強いサービスは好まれにくい傾向があるのです。

 

とは言え、ICTの導入は、今どきのホテルにはもはや欠かすことができない要素です。なるべくお客様の目に付かないよう、バックヤード業務に重点的に取り入れるなどの工夫が必要ですね。

 

フィットネスジムやプールなどの設備

富裕層は、健康に気を遣う傾向が強いと言われています。日々忙しくビジネスをこなしながらも、時間を見つけてランニングやヨガ、水泳といった運動を日課にしている人が大勢居ます。

 

そのため、滞在するホテルにフィットネスジムやプールなど、ヘルスケアができる設備があると喜ばれます。また、ランニングができる庭やプライベートビーチも高い人気があります。

 

レベルの高いコンシェルジュのサービス

高級ホテルには、レベルの高いサービスを提供する一流のコンシェルジュが居ます。

  • ・急に人と会う約束ができたので良いレストランを探してほしい
  • ・自分は急用ができたので妻がひとりで楽しめるプランを考えてほしい
  • ・プライベートのガイドを手配してほしい

高級ホテルのコンシェルジュは、このような個人的なリクエストにも応えてくれるのです。滞在中の困りごと、頼みごとは何でも相談でき、可能な限り対応してくれる彼らは、多忙で予定変更の多い富裕層にとって、とても頼りになる存在でしょう。

 

富裕層が訪れる高級ホテルで働くために必要なこととは?

コンシェルジュ

Jacob-Lund- stock.adobe.com

 

富裕層は、一流の設備とサービスを期待して高級ホテルを訪れます。そんな高級ホテルで働くためには、どのような経験や心構えが必要なのか見ていきましょう。

 

ホテル業界経験者優遇

ビジネスホテルやシティホテルの求人は、パート・アルバイトの募集や、未経験者歓迎としているところが多いです。

 

一方、高級ホテルの求人は、正社員の募集が多く、ホテル業界の経験者が優遇される傾向が強くあります。やはり、一流のおもてなしを提供する従業員となるために腰を据えて働くことが必要で、ホテル業界の基礎を身に着けた人材が求められるのですね。

 

ただし、高級ホテルでもレストランや宴会場のスタッフはアルバイトで募集がかかることがあります。まずはアルバイトとして入り、経験を積んでステップアップすることも可能です。

 

強いプロ意識が必要

高級ホテルの従業員は、いわば究極の接客業なので、プロ意識を強く持つことが何よりも必要と言えます。リゾートバイトの延長のようなつもりで入社すると、求められるスキルの高さにギャップを感じやすいので注意が必要です。

 

入社前から、高級ホテルで一流のおもてなしを提供する自分をしっかりイメージすることが大切です。

 

ひとりひとりのお客様に個別に向き合う

富裕層は、特別な体験をするために高級ホテルを訪れます。高級ホテルでは、コンシェルジュのみならず、全従業員に、ひとりひとりのお客様に向き合った対応をすることが求められます。

 

ひとりひとりに向き合った対応とはどのような対応なのか、一概に言えることではありません。しかし、お客様の様子をよく見て、どうすればより喜んでもらえるのかを日々考えて業務にあたれば、自然と画一的ではない、心のこもった対応ができることでしょう。

 

まずは、お客様のことを知ろうとする姿勢を大切にしましょう。

 

富裕層が好む高級ホテルのすごいサービス

クリーニング

Pixel-Shot – stock.adobe.com

 

富裕層からの人気を誇る高級ホテルでは、どのような特別なおもてなしがされているのでしょうか。お客様に感動を与え続ける素晴らしいサービスを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

伝説のクリーニングサービスを提供するホテル

日本随一の高級ホテルのクリーニングサービスは、ちょっとした伝説になっています。そのホテルのポリシーは「ホテル内でついた汚れは確実に落とす」ことです。このポリシーを守るため、クリーニング部門ではホテルで提供する食材をすべて把握しっているのです。

 

この他にも「最初から取れていたボタンも付けて返す」「場合によっては服のボタンを全部外してからクリーニングする」といったこだわりもあります。クリーニングひとつとっても一流のサービスを提供しているのですね。

 

きめ細やかな高級ホテルの託児所

東京都内の、ある高級ホテルの中には託児所があります。この託児所にお子様を預けた人は、サービスのきめ細やかさにとても感動したと語っています。

 

受付係の人が上品で丁寧だったことに加え、お迎えの際に受け取った報告書には、お子様がトイレに行った時間や遊んだ内容、食べたおやつまで詳細に記録されていたそうです。

 

こうしたきめ細やかな対応によって安心感が生まれ、次回も利用したいという気持ちになるのですね。

 

高級ホテルのカフェでスーツを繕ってくれたマネージャー

ある学生さんが就職活動の合間に、兼ねてから憧れていた高級ホテルのカフェに立ち寄ったそうです。そのカフェでお茶を飲んでいる際、スーツのパンツがほつれているのを見つけました。

 

応急処置を施そうと、カフェの従業員にステープラーを借りられないか頼んだところ、マネージャーらしき人がソーイングセットを持ってきて、その場で縫い合わせてくれたそうです。お願いした以上のことをしてくれた心遣いにこの学生さんはとても感動し、すっかりこのホテルのファンになってしまったとのことした。

 

宿泊利用ではないお客様に対しても100%を超える満足を提供するという、高級ホテルのプライドを感じるエピソードですね。

 

高級ホテルが富裕層に好まれるには理由がある

お金持ち

Kaspars-Grinvalds- stock.adobe.com

 

富裕層が高級ホテルに宿泊したり、高価な会員権を購入したりする理由は、社会的なステイタスのためだけではありません。

 

高級ホテルの充実した設備やおもてなしは、気分よく滞在できるだけでなく、実用的な助けとして大いに役立ちます。高額な宿泊費を払うだけの価値があるから、富裕層が利用するのです。

 

現在高級ホテルで働いている方も、今後高級ホテルで働きたいと考えている方もぜひ、お客様からのそんな期待に応えられるよう、気配り・目配りを忘れないように心がけましょう。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る