採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む

サステナビリティの考えに基づくSDGsに向けた取り組みとは?

SDGsに対する企業の関心は大きくなっています。新しい概念として、SDGsはサステナビリティの考えに基づき、どのような活動を推進しているのでしょう。この記事では、SDGsにおけるサステナビリティという考え方や重要性、またSDGsへの取り組みについて解説します。

SDGsのサステナビリティという考え方

自然との対話

iStock/Chinnapong

 

サステナビリティとは、環境・社会・経済の3つの観点からバランスを考え、世の中全体を持続可能な状態にするという考え方のことをいいます。この考え方は、今が良ければいいというものではなく、将来に渡り社会と自然環境を良い状態に保ち続けることを目指すというものです。近年は、SDGsを達成するため、企業における環境保護、社会貢献などにおいてサステナビリティという考え方が注視されています。

 

サステナビリティを意識したSDGsの取り組みの重要性

グリーンオフィス

iStock/GOTO_TOKYO

 

日本の社会を取り巻く環境は大きく移り変わっています。これらの変化は、新たな事業展開の可能性につながりますが、一方で危機的状況も生み出してしまいます。そこで注目したいのが、サステナビリティという考え方です。この取り組みはビジネス社会において重要なポイントとなります。ビジネスにおけるサステナビリティは、環境や社会にやさしい会社を将来的に残すためには何をすべきか、会社の利益を追及する以外に社会を支える役割をどう担っていくか、と言い換えられます。それらに対応していくためにも、様々な事業環境の中でサステナビリティに取り組むことが必要であるといえるでしょう。

 

企業が環境や社会、経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てる取り組みについてみていきましょう。

 

サステナビリティ経営

サステナビリティ経営とは、企業の利益のみを短期に追求するのではなく、長期的に企業や事業が存続していくための方針を定め、その結果として社会的貢献につなげることができるかを考える経営のことをいいます。企業の社会的責任を果たすためには、顧客に対して長期的に価値を提供し続けることが重要です。

 

SDGsに取り組む必要性

国連により提示されたSDGsは、持続可能な開発目標です。現在、多くの企業がSDGsに取り組み始めています。なぜ企業はSDGsに積極的に取り組むのでしょうか。これは、単にSDGsの達成により、社会を良くする、環境を改善するためだけに行われるものではありません。企業の社会的価値の向上、将来的なビジネスチャンスにつなげるためと捉えられているためSDGsに取り組む必要があるのでしょう。

 

宿泊業界におけるサステナビリティ

オーガニックアメニティ

iStock/netrun78

 

宿泊産業において、施設の建築物のほか、内装や設備品など、多くのサステナビリティの選択が可能です。人員が必要となる産業のため、企業の対応や人員の管理は、宿泊施設の評価に直接影響するといっても良いでしょう。
また、食材の調達や安全管理も重要なポイントで、生ごみを施設内でたい肥化する、再利用できる容器を使用するなど、関連する取り組みも多数考えられています。その他、歯ブラシやカミソリなどの使い捨てアメニティを常備しない、リネン類を交換しないことで水や洗剤の利用を減らすなど、独自のサステナビリティ活動に取り組んでいる施設もあります。
こうした取り組みが、多くの人が行き交う宿泊施設を媒介にして広がっていくのです。

 

サステナビリティ実現のためにできること

ゴミの分別リサイクル

iStock/KatarzynaBialasiewicz

 

サステナビリティという言葉だけ耳にすると難しく感じるかもしれません。しかし、サステナビリティは環境に悪い影響を与えない行動をすることなのです。ゴミの分別や省エネ、リサイクルなど、社会環境をよくするための小さな取り組みが、結果としてサステナビリティの実践につながります。SDGsやサステナビリティを特別な言葉として捉えるのではなく、自分に落とし込み、生活の中に浸透させていくことが大切です。

 

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事