観光業の仕事は影響力がある!観光業がもたらす経済効果や今後の課題とは?

インバウンド誘致やふっこう割など、観光に関連する政策が活発に取り組まれています。それほど観光業は日本経済に大きな影響を与えるということなのでしょう。観光業に分類される職業や、具体的な響力、女性の活躍が期待される分野について解説します。

観光業の仕事

みなとみらい

竜二 下川- stock.adobe.com

 

観光業とは具体的にどのような仕事のことを指すのでしょうか。ひと口に観光業と言っても、業種や役割は多岐に渡ってます。一般的に観光業に分類されるのは下記のような職業です。

 

  • ・宿泊業
  • ・旅行代理店
  • ・鉄道関連の仕事
  • ・航空関連の仕事
  • ・交通関連の仕事
  • ・土産店
  • ・テーマパーク
  • ・アクティビティのインストラクター
  • ・大使館、領事館での仕事
  • ・国際ボランティア
  • ・ツアーコンダクターやガイド
  • ・通訳ガイド
  • ・美術館や博物館、動物園などの施設

 

実に様々な職業がありますね。どの仕事でもサービス精神やおもてなしの心が求められます。

観光業が持つ影響力

影響力

hiro.y- stock.adobe.com

 

観光業は、政府がさまざまなな政策に乗り出すほどの強い影響力を持っています。観光業のどういった要素が何に影響するのかについて解説します。

今後の経済発展には欠かせない影響力がある

日本は食料自給率が低く、資源の少ない国です。その上少子高齢化が進み、不景気が続いていますよね。

 

観光業はそんな日本にとって、一筋の希望の光です。落ち込みが続く国内消費をインバウンド誘致で補い、特に顕著な地方の経済損失の補填が期待できるのです。

 

もはや国内消費だけでは厳しくなった経済発展のためにも、観光業はなくてはならない事業と言えるでしょう。

宿泊業・旅行業は特に影響力が強い

観光業の中でも特に強い影響力があるのは、宿泊業と旅行業です。過疎化が進む地方で宿泊客・観光客の誘致に成功すれば、地域経済は大きく活性化する可能性があります。

 

宿泊施設や観光施設が増えれば雇用が創出され、仕事を求める若い世代の都会への流出を食い止めることもできます。

 

また、人々がさまざまな地域を旅することによって多様な文化に触れ、個人の視野が広がるメリットもあります。宿泊業、旅行業は経済を活性化させるだけでなく、精神を豊かに成長させることにも一役買っているのですね。

観光業の課題

ハードル

kunae – stock.adobe.com

 

活力ある社会を形成するのに欠かせない観光業ですが、課題もあります。今の世の中だからこそ起こっている観光業が抱える課題について考えていきましょう。

観光の持つ魅力の相対的な低下

現代の日本は不景気と言えど、娯楽はとても充実しています。読書や園芸、ビデオゲームにストリーミングサービスなど、外に出なくても楽しめることがたくさんありますよね。

 

娯楽を選択する余地が増えると、相対的に観光業の価値が低下するという課題があります。「わざわざ旅行に行って疲れるよりも、家に居た方が楽しい。安全だしお金もかからない。」と考える人も少なくありません。

 

今後は従来よりも一層、観光の楽しさをPRするなど、集客の努力が必要になるでしょう。

国内からの宿泊客が減少

インバウンド誘致に熱心に取り組む政策が功を奏し、海外からたくさんのお客様がやってくるようになりました。それなら日本の観光業は安泰かというと、そうとは言い切れません。

 

インバウンド客が増える一方で、国内旅行が減少しているのです。原因は交通機関の発達で、日帰りで行ける場所が増えたことや、少子高齢化です。

 

バブル崩壊後からは社員旅行などの団体旅行も減少し続けています。海外に向けて日本の魅力を発信するのも良いですが、日本国内からも「あの場所に行ってみたい」と思わせる誘致活動が必要ですね。

観光業には女性の力が必要

働く女性

One- stock.adobe.com

 

観光業では業界全体で、深刻な人手不足です。そこで期待させているのは「女性の力」です。観光庁では女性の観光業界での活躍を促進すべく、民間企業に委託してホテル業と就業希望の女性のマッチング事業を発足させています。

 

マッチングだけでなく、現役でホテル勤務している女性や、再就職支援のエキスパートによる講座・研修なども行われます。

 

一般的に女性は、男性よりも異文化コミュニケーションが得意でホスピタリティが高い傾向があるとされています。また、旅行の行先や宿泊先の決定権は女性が握っているケースが多く、女性の目線でおもてなしを考える必要があるのです。

 

子育てを終え、働くことにブランクのある女性を観光業で積極的に雇用することや、女性管理職の割合を増やすことなどが目標に掲げられています。

 

参照:観光業で求められる女性の力について:観光庁ホームページ

観光業の未来

良い変化

tadamichi- stock.adobe.com

 

今、観光業は変化の時代を迎えています。団体旅行から個人旅行へ市場の中心が変わり、インバウンド客も急激に増加しました。また、キャッシュレス決も、もはや対応していることが当たり前になりつつあります。

 

時代に適応するにはやはりIT化や多言語化が急務でしょう。その一方で、国内からの旅行者を獲得するにはお年寄りが使いやすい施設にすることも考えなければなりません。

 

バリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れた、お年寄りにも優しいIT化が、これからの観光業に必要なことではないでしょうか。

観光立国を目指す日本

観光立国

kanzilyou – stock.adobe.com

 

日本は今、観光による収入で経済を動かす「観光立国」として成り立つことが目指されています。インバウンド政策や、観光業での女性の活躍を増やす取り組みも、そのための事業です。

 

5年先、10年先の観光業がより充実したものとなるよう、業界全体で柔軟に対応していきましょう。

 

なお、観光業に分類される職種や観光業が持つ役割については以下の記事でまとめて紹介しています。
観光業とされている職種や社会での役割とは?観光業の今をまとめて解説

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る