観光農園とはなにか?観光農園を始めるために必要な手続きと詳細

観光農園という言葉を聞いたことはありますか?初めて聞く人にとっては、観光と農園はなかなか結びつきにくいかもしれません。ここでは、観光農園の詳細と、始めるために必要なものについてご紹介します。

観光農園とは?

ブルーベリー

iStock/olga_d

 

観光農園とは、観光客などを対象に生産した農産物の収穫など、一部の農作業を体験、観賞させて対価を得る農園のことをいいます。
農産物の栽培・収穫体験や、農産物や加工品の直売を行う観光農園には、農産物の収穫時期にのみ開園するものから、多種の農産物の栽培や収穫体験を組み合わせ、通年で観光客の受け入れをしている農園まで様々です。
また、近年、その土地で栽培し収穫した食材を使った料理が楽しめる「農家レストラン」も急増しており、農業経営に付加価値を与える取り組みとして注目されています。

 

観光農園の開設形態

収穫

iStock/kupicoo

 

観光農園を新しく開設する形態としては、「就農パターン」と「農家が新規事業として取り組むパターン」に分けられます。観光農園の多くは、既存の農家が新規事業として取り組んでいますが、就農して取り組むケースも一部ではみられるようです。
また、開設方法にも2つのパターンがあります。自らの農園を一般の人に開放する「単独開設」と、複数の農家と共同して開設する「共同開設」です。共同開設の場合、駐車場の確保をして集客力を高めたり、休憩所などのサービス施設を複数の農家で負担できたりするというメリットがあります。

 

観光農園を始めるために必要なことは?

農地

iStock/JEN_n82

 

観光農園の開設形態について理解したところで、観光農園を始める際に必要な手続きや準備について解説します。

 

手続き方法

就農する場合、農園となる農地を確保し、農地委員会の許可を得る必要があります。農業生産法人設立や農地確保の際には、地域の農業委員会への申請も行います。
既存農家が新たに観光農園を始める場合には、駐車場や飲食施設などの整備が必要です。農耕地として向いており、アクセスが良い場所が観光農園に適しています。
どちらの場合も、国や自治体で様々な支援制度がありますので、情報をチェックしておくと良いでしょう。

 

ビジネスモデル

観光農園の場合、果実や野菜など、扱う農作物によりビジネスモデルは異なります。
入園料で収益を賄うケースや、入園料の価格は抑え、園内での販売に力を入れるケースも考えられます。その他、果実だけでなく果実を使ったジャムやジュースなどの加工品を開発し、農園の独自性を出すことでより高い付加価値を付与できるでしょう。

 

立地

良質な農作物を栽培するためには、有利な立地条件であることが必須です。観光農園に関しては、交通の便が良いことや周辺の観光スポットからアクセスが良いことも考慮する必要があるでしょう。

 

マーケティング

地域の組合などに加盟し共同で販促を行う方法のほか、DMやメール、SNSの活用などで顧客とコミュニケーションを継続的にとり、リピーターを確保することも重要です。良質の農作物を提供しファンを増やし、来園できない遠方の顧客に対して通信販売などを行い、新たな収入源につなげることも可能です。

 

サービス

観光農園は、レジャーとしての楽しみを提供できるかが鍵となります。農園をテーマパークと位置づけ、飲食施設や直売所を充実させることが大切です。利用者の満足度を上げるために必要なサービスについてしっかりと検討しましょう。

 

資金確保

新規事業を行う場合、土地の購入または賃借するための資金が必要になります。また、駐車場やトイレ、休憩所、飲食施設などの整備が必要な場合はそのための資金調達も必須です。各自治体や国の情報収集を積極的に行い、計画を立てた上で支援制度を有効活用することが重要であるといえます。

 

観光農園の仕事の種類

農業

iStock/owngarden

 

観光農園の仕事にはどのような種類があるのでしょう。ここでは、仕事内容についてご紹介します。

 

観光農園の仕事:管理

農園全体の雰囲気づくりや観光客が快適に過ごしやすい環境づくりを行います。農地内の整備や植栽管理はもちろんですが、休憩所や飲食施設の設置など、子供から大人まで、全ての人を飽きさせないための工夫も大切です。

 

観光農園の仕事:接客

観光農園には、個人客はもちろん団体客も訪れます。予約の受付を始め、接客も大切な仕事です。また、農園で収穫した果物や野菜を用いた加工品などを販売する売店を運営している農園もあり、仕事の幅は多岐に渡ります。

 

観光農園の仕事:サポート

観光農園のメインともいえるのが収穫指導などを行うサポート業務です。収穫方法や注意事項などを観光客に分かりやすく説明します。短時間で要点を押さえて指導しなくてはならないので客層の年代によって説明方法を変えることも大切です。

 

観光農園の仕事のやりがいと魅力

農業

iStock/tdub303

 

次に、観光農園で働く魅力と仕事のやりがいについてご紹介します。

 

人との触れ合い

多くのお客様が訪れる観光農園では、子供から大人までと年齢層は幅広く、臨機応変な対応が求められます。多くのお客様と触れ合うことで、その時々によって違った刺激が得られるのはこの仕事ならではの魅力でしょう。

 

メッセージ

近年は、食育をテーマにした収穫体験のできる農園も増えているそうです。自分が持っている農業の知識や技術を教えることにより、お客様の食に対する興味や関心を高めることができます。また、物事を分かりやすく伝えることを通して、さらに知識を深めることもできるでしょう。

 

地域貢献

地域の特色を活かした観光農園や農家レストランを展開し、都市部などから多くの人を呼び込むことができれば、地域のアピールにもつながります。さらに、農園と地域住民とが協力してイベントの開催をすることで、集客だけでなく地域のコミュニティを盛り上げることができるかもしれません。

 

新しい農業の形、観光農園

いちご

iStock/mzoroyan

 

観光農園で最も大切なのは、「農」をどこまでレジャーに近づけられるかです。農業という枠にとらわれず楽しさを提供することが、観光農園を成功させるための第一歩と言えるでしょう。私たちが普段何気なく訪れるフルーツ狩りも、農園側となると様々な手続きやマーケティング戦略が必要です。観光農園は、収穫を得るだけでなく、人々との触れ合いに重点を置いています。観光農園に興味のある方は、サービスを充実させた農園づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る