ホテルの調理師の給料はどのくらい?平均賃金や求人賃金、収入アップを狙う方法を見てみよう!

お客様の旅においしい思い出を添えるホテルの調理師。非常に大きなやりがいのある仕事ですが、給料はどの程度なのでしょうか。この記事では厚生労働省が発表した平均賃金や、おもてなしHRに求人情報を出しているホテルにおける調理師の求人賃金、高収入を狙う方法などを解説します。キャリアプランの参考に役立ててくださいね。

目次

    ホテルの調理師の給料はどのくらい?

    調理

    WavebreakmediaMicro- stock.adobe.com

     

    ホテルに泊まるお客様は、食事を楽しみのひとつにしています。自分が腕をふるって作った料理を「おいしい!」と言ってもらえるのは大きな喜びでしょう。ホテルの調理師はお客様の思い出に彩りを添える仕事ですが、給料はどのくらいなのでしょうか。

     

    厚生労働省のデータやおもてなしHRに記載の求人情報などから、調理師の給料を見てみましょう。高収入を狙う方法についても解説します。

    ホテルの調理師の給料:厚生労働省の発表

    テレビに出るような有名シェフは豪邸に住んでいたり、ビジネス雑誌の富豪ランキングにシェフがランクインしたりしていますよね。その一方でインターネットのクチコミサイトなどでは「調理師の賃金は低い」といった声が多く上がっています。ホテルの調理師の給料は高いのでしょうか。それとも低いのでしょうか。

     

    厚生労働省による2021年の賃金構造基本統計調査によると、宿泊業・飲食サービス業の賃金は男女の合計で257万6000円(年収)でした。全産業の中でもっとも低い給料という結果です。

     

    これは宿泊業・飲食サービス業全体の平均で、ホテルの調理師に限ったものではありません。また、居酒屋などの見習い調理師から、高級ホテルの総料理長までを含んだ給料です。実際に働く場合の給料は、勤務先の方針や腕前のレベルによって差があるでしょう。また、地域によっても開きがあります。

     

    次の項目では、より具体的にイメージできるように、おもてなしHRが掲載している求人情報からホテルの調理師の給料を見てみましょう。

     

    参考:宿泊業・飲食サービス業の賃金について/厚生労働省資料

    ホテルの調理師の給料:おもてなしHRに掲載の求人情報

    宿泊業に特化した転職支援サービスのおもてなしHRでは、ホテルの調理師の求人情報を多数扱っています。2022年5月時点で掲載している求人情報の中から、実際の求人賃金を見てみましょう。

    有名ホテルチェーンの料理長候補

    東日本を中心に、リゾートホテルや温泉旅館を展開しているホテルグループでは、料理長候補の求人を出しています。具体的な業務内容はバイキング料理の調理全般やメニュー開発、スタッフの育成や原価・仕入・在庫などの管理。

     

    気になる給料は月35万円から、全国転勤可能の場合は月40万円以上ということです。応募資格は調理の実務経験が3年以上あることで、調理師免許を持っていなくても応募でき、入社後に取得すればOK。実務経験3年以上でキャリアアップしたい人におすすめです。

    未経験者も応募可能・那覇市のホテルの調理師

    沖縄県那覇市のリゾートホテルでは、未経験でも応募できる調理師の求人を出しています。このホテルは「地産地消」にこだわって、沖縄県産の食材をふんだんに使った料理や、沖縄らしさを感じさせる料理が自慢とのこと。

     

    具体的な仕事内容は調理や調理器具の洗浄、仕込み・盛り付けなどで、できることから仕事を任せるというスタンスです。

     

    給料は20万円から35万円で、年に1回の昇給があるということです。また、定年後の再雇用制度もあるので安心して長く働けるのではないでしょうか。沖縄の料理に興味がある人や、未経験から調理の仕事にチャレンジしたい人はぜひ検討してくださいね。

    東京都心のシティホテル・高収入の調理師求人

    調理師に限らず都市部の求人は賃金が高い傾向にあります。渋谷駅からほど近いエリアに位置するシティホテルでは、年俸370万円〜650万円で調理師を募集しています。

     

    役職者ではない一般調理師の募集でこの給料は好条件と言えるでしょう。主な業務内容は調理業務全般や食材・備品の発注、原価管理・コスト分析業務など。幅広い業務を担当できる点も魅力。

     

    応募資格は洋食調理の経験があることで、ホテル運営会社での調理経験があれば尚可ということです。

    ホテルの調理師で高収入を狙うには?

    給料

    Norman01- stock.adobe.com

     

    腕前のレベルやポジションによって給料のばらつきが大きいホテルの調理師。この世界で高収入を狙うには何が必要なのか、どういった方法があるのかを見てみましょう。

    情熱と根気を持つ

    調理の仕事は「好きじゃないと続かない」と言われています。見習い時代は給料が低く、下ごしらえや調理器具の準備・後片付けといった地味な作業が続きますが、そこを乗り越えなければ一人前の料理人にはなれないでしょう。

     

    調理に対する情熱と根気は、仕事を長く続けて収入を増やすために欠かせない要素。心がくじけそうになった時には、一流ホテルのレストランに足を運んで料理を食べてみるなど、モチベーションを維持するための工夫が必要です。

    資格手当を狙う

    フグ料理などの特殊な調理を除けば、免許や資格がなくても調理の仕事に就くことは可能です。しかし、調理に役立つ資格・免許を持っていれば、資格手当がついて手取りが増える場合があります。

     

    調理師や管理栄養士、食品衛生管理者といった資格が代表的な例。また、これらの資格は独立する際にも役に立ちます。調理の道で生きていこうと思ったら取ったほうが良いので、ぜひチャレンジしてくださいね。

    高級ホテルで働く

    一流の料理を提供する高級ホテルの調理師になれば、高い給料が期待できます。また、本格的な調理の技術を身につけられる、大きな組織の中でステップアップを目指せるといったメリットもあります。名前の通ったホテルで働くことで、次の転職が有利になることも考えられるでしょう。

     

    ただし、高級ホテルの調理師は求められるレベルも高いため、修業を積んでからチャレンジする必要があるかもしれません。

    独立する

    調理師の独立とは、自分でお店を開くことです。赤字や失敗も自分の責任ですが、雇われて給料をもらう調理師とは異なり、収入に上限がありません。失敗のリスクを背負いますが、大成功の可能性もあるのです。

     

    また、独立することでホテルとは離れることになりますが、良い評判が広がれば「ゲストシェフ」としてホテルに招かれ、特別料理を提供する機会に恵まれることも。

    就職・転職エージェントに相談する

    ホテルの調理師は多くの求人が出ている一方で、平均賃金は低く好条件の職場は限られています。

     

    高い給料で働くためには、就職・転職エージェントを活用しましょう。就職・転職エージェントに相談すれば希望条件にマッチするホテルの求人や、ライバルが少ない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

     

    ホテル業界や飲食業界に特化したエージェントを選べば、より効率的に仕事探しができるのではないでしょうか。

    ホテルの調理師の仕事はおもてなしHRで見つけよう

    料理

    kichigin19 – stock.adobe.com

     

    ホテルの調理師の仕事を探す際にはぜひ、おもてなしHRにご相談ください。当サービスは、ホテルの求人旅館の求人を多数取り扱う宿泊業専門の就職・転職サービスです。

     

    ホテルの調理師として働きたい、ホテル業界でのキャリアアップを希望している方などの転職を【無料】でサポートいたします。少しでも気になる方はぜひお問合せください。

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る