グランピングにおすすめの持ち込み食材はある?

グランピングは、豪華でおいしいアウトドア料理が楽しめることも注目を集める理由のひとつです。グランピングならではの食事を目的に施設を予約する方は多いかもしれませんね。食材の持ち込みができる場合、グランピングにおすすめの食材を紹介いたします。

グランピングは持ち込みOK?

west_photo – stock.adobe.com

 

グランピングの宿泊プランのほとんどは、「食事付きプラン」と「素泊まりプラン」に大きく分類されるようです。

 

食材の持ち込みは施設のプランによりますが、素泊まりプランであれば食材を持ち込むことができます。まずは、それぞれのプランについて詳しくみていきましょう。

 

食事付きプラン

グランピング施設がある地域ならではの海山の幸や新鮮な野菜を使ったアウトドア料理が提供される。ホテル出身のシェフなどが食事を作っていることが多く、料理の見た目だけでなく味も楽しめる。食材の買い出しや下ごしらえ、火おこしなどの手間はかからない。

素泊まりプラン

食事は宿泊客が用意する。周辺の飲食店で食事をするか、グランピング施設にあるBBQコンロや調理器具などを用いて自分たちで持ち込んだ食材を調理するかに分けられる。
自分たちで料理を作る場合は、好きな食材を使い、好きなように調理できるので、食事にこだわりたい人やアウトドア感を楽しみたい人にはぴったり。

 

食事付きプランでも飲食物を持ち込める施設もありますが、自分たちでイチから調理したいというタイプは素泊まりプランを選んだほうが良いでしょう。

 

素泊まりプランではバーベキュー用のコンロやグリル、調理器具、カトラリー類のほか、燻製機やダッチオーブンなどの調理アイテムを貸してもらえることもあります。

 

協力し合いながら料理を楽しむことによって、グランピングへの食材の持ち込みが仲間たちやパートナーとの思い出作りに役に立つかもしれませんね。

 

グランピングの持ち込みにおすすめの食材

west_photo – stock.adobe.com

 

グランピングでは「食べてみたい!」という食材を自由に持ち込み、現地の調理アイテムを使って、自分たちの好きなように調理できることも魅力です。

 

おいしい食事を楽しむだけでなく、食材選び一つでグランピングの雰囲気を上げることもできます。グランピングにおすすめの持ち込み食材を紹介いたしますので、どのようなメニューを作るのかを考えてみてくださいね。

 

 

グランピングの持ち込みには、

牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉

などの肉類は欠かせませんね。豪華な料理に仕上げたいときは牛肉、「スペアリブ」や「ロース」、バーベキュー用の豚肉も人気だそうです。

 

施設からダッチオーブンを借りて「ローストチキン」や「ローストビーフ」を作るために、鶏肉や牛肉を用意してみても良いかもしれません。

 

また、あっさりと食べやすいラム肉を使って「ラムチョップ」や「ロースト」を作ることもおすすめです。

 

海鮮

 

海鮮はバーベキューだけでなく、おいしい一品料理にも仕上げられます。海鮮のおすすめ食材は

鮭、エビ、ホタテ、アサリ、イカ、ウニ

です。

 

特に、アサリは大きめのものを用意して作る「浜焼き」や「白ワイン蒸し」は外で食べるとよりおいしく感じられます。グランピングの豪華な雰囲気に合わせて、殻付きのウニを2つに割って網で焼いたものもイチ押しですよ。

 

野菜

 

肉や海鮮のほかには、野菜の持ち込みも大切です。

キャベツ、にんじん、玉ねぎ、とうもろこし、ピーマン、きのこ、かぼちゃ、トマト、じゃがいも

野菜選びに迷った方は、以上のような野菜を買い物リストに加えておくと良いかもしれません。旬の野菜は甘味が凝縮されているので、網やフライパンで焼くだけでもおいしく食べられますよ。

 

野菜の一品料理には、トマトがおすすめです。ホイル焼きに限らず、トマトをベーコンや豚肉で巻いた料理も人気なのだとか。ぜひ試してみてくださいね。

 

デザート&果物

 

食後のデザートには、以下のような食材を持ち込むとアウトドア料理を一層楽しむことができます。

バナナ、チョコフォンデュ、カステラ、りんご、マシュマロ

バナナはチョコフォンデュにも使えますが、皮が付いたままバナナに火を通す「焼きバナナ」もおすすめです。

 

カステラは網の上でサッと焼き、少し焦げ目を付けると甘く香ばしい味わいが生まれます。また、りんごをまるごとホイル焼きにして、はちみつやシナモン、バターで味付けしてみても良いでしょう。それにバニラアイスを載せてもおいしいかもしれませんね。

 

焚火をする場合は、定番のマシュマロを長い棒に刺し、焚火で焦げ目を付けると甘くトロトロな味わいと食感を楽しめますよ。

 

グランピングの持ち込みには調味料もお忘れなく!

Алексей Филатов – stock.adobe.com

 

グランピングの持ち込みには、食材だけでなく調味料も忘れないようにしてください。

塩・コショウ、焼肉のタレ、塩ダレ、ポン酢、しょうゆ、わさび、しょうが、レモン汁、ニンニクチューブ、ハーブ、オリーブオイル、岩塩プレート

以上のような調味料を持ち込めば、ワンランク上のアウトドア料理を作ることもできます。

 

食材をシンプルに味わいたいときは塩・コショウのみでの味付けでも良いでしょう。オリーブオイルは野菜や肉、海鮮を焼いたり、アヒージョを作ったりするときにも大活躍!

 

最近では、岩塩プレートを網の上に置き、肉をのせて焼くことが人気なのだとか。岩塩プレートを使うと、余分な脂をカットしたり、遠赤外線効果があったりするのでよりジューシーな味わいを堪能できますよ。

 

グランピングの持ち込みでおしゃれな食事を楽しもう!

NDABCREATIVITY – stock.adobe.com

 

グランピングで食材を持ち込み、自分たちで食事を作ることはとても貴重な体験になるはずです。

 

たとえ料理が失敗したとしても、それもアウトドア料理を手作りする醍醐味と言って良いでしょう。さらに、グランピングならではの雰囲気で食べる料理は、とてもおいしく感じられます。

 

グランピングでは

パエリア、アクアパッツァ、スペアリブ、アヒージョ、ポトフ

などを作ることが特に人気を集めているようです。以上のようなメニューを参考に、アウトドアで食べたい/作りたいものから食材の持ち込みを考えてみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る