仕事を辞めたい新卒女性はどうすべき?半年で辞める・実家に戻るのは甘えなのか

新卒で入社したばかりなのに、もう仕事を辞めたい……。こう思うのは、自分の甘さが原因と考える新卒の女性は少なくないようです。しかし、結論から言えば全てが甘えとは限りません。同じような思いを抱いている新卒女性はたくさんいます。新卒女性が辞めたいと思う原因や解決策をご紹介しますので、生き生きと働くヒントにしてみてくださいね。

新卒女性が仕事を辞めたいと思う原因は?

iStock.com/sturti

 

新卒入社間もなく辞めたいと思ってしまう女性は、少なくありません。どのような理由から辞めたいと思ってしまうのかをみていきましょう。

 

新卒研修が辛い

新卒研修は、学生から社会人への切り替え期間ということもあり厳しく設定されていることが多いもの。しかし、「それでも社会人か!」という怒号が飛び交う研修や、総合職の採用なのに数10kmも歩かされるなどの極端な研修をする企業もあるようです。

 

一方で、「研修があるから大丈夫!」と会社説明会で説明を受けていたにも関わらず、先輩社員から何も教えてもらえず、放置されるような扱いを受けた新卒女性もいました。

 

本格的に働き出す前からこのようなことがあれば、辞めたいと思ってしまうのも無理はないでしょう。

 

長時間労働などの体力的負担

サービス残業や連勤に耐えられなくなり、日に日に辞めたい気持ちが大きくなる新卒女性もいます。

 

特に、給与ベースが低い業界では早期退職が目立ちます。体力的な負担が大きいのに労働に見合う対価が支払われていないと感じれば、憤りややるせなさに心が向き、仕事のやりがいが見えなくなりやすいようです。

 

人間関係などの精神的負担

パワハラ・モラハラ・セクハラ気質の上司、馬の合わない同期、常にピリピリしている職場の空気などに気が滅入り、仕事どころではないという新卒女性もいます。

 

相手の気持ちを推し量る能力が高い女性にとって、精神的負担は仕事に大きな支障を来します。中でも、PMSの時期や期の変わり目は「辞めてしまおうか」という思いが強くなりやすいようです。

 

思ったような仕事ができない

仕事のつまらなさが原因で、今の仕事を辞めたいと思う新卒女性もいます。バリバリ働きたいのにルーチンワークばかりを任される、想像していたよりも地味な仕事が多かった、などがその例です。

 

新卒1年目から活躍の場を設けてもらえるのは稀ですが、実績を積み重ねても報われない先輩女性社員などを見て、「このままではダメだ」と転職を決めた女性もいました。

 

仕事を辞めたい新卒女性は思考を整理してみよう

iStock.com/recep-bg

 

ご紹介した以外にも、仕事を辞めたいと思う原因がある新卒女性もいることでしょう。辞めたいと思う原因は人によってさまざまですが、どうすれば良いかがわからなくなり行き詰まってしまった際は、一度考えを整理するのがおすすめです。

 

下記は、辞めたいと思った時の思考の整理法です。ぜひ参考にしてみてください。

  • ・辞めたいと思う原因は何か
  • ・時間経過や行動で解消する可能性があるか
  • ・今後したいことは何か

考えがまとまれば、どう行動したら良いかのヒントが見えてくるはずです。親しい友人や家族に相談するのもおすすめですよ。次項では、この後に取ることができる下記5つの選択肢のメリット・デメリットをご紹介します。

  • [1] 現職を続ける
  • [2] 正社員転職をする
  • [3] 正社員以外で働く
  • [4] 実家に戻る
  • [5] とりあえず仕事を辞める

仕事を辞めたい新卒女性の選択[1]:現職を続ける

辞めたいと思った原因を解消するための行動を起こしていないと感じた新卒女性は、現職を続けながら本当に退職すべきかどうかを考えるのが良いでしょう。

 

現職を続けるメリットは、経歴に傷がつかないことです。終身雇用の考えが薄れてきたとは言え、企業はできるだけ新卒に長く勤めて欲しいと思っているもの。早期退職した経歴は「またすぐ辞めるかも」と思われるリスクが高いため、急ぐ必要がなければ続けるのが得策です。

 

働き続けるデメリットは、ストレスなく働くことができるまでに時間がかかるということです。行動が徒労に終わることもあるでしょう。問題解決のための良い経験にはなりますが、時間を無駄にする恐れもありますので、ズルズルと長引かせないよう注意してくださいね。

 

仕事を辞めたい新卒女性の選択[2]:正社員転職をする

正社員転職をするメリットは、現職でのストレスが解消するとともに一定の年収が保障されるということです。転職が成功すれば、ストレスフリーの職場で今以上の生活を送ることも夢ではないでしょう。

 

デメリットは、新卒の就活時よりも好条件の求人が少ないことです。特に、入社1年に満たない新卒であれば、会社よりも個人に問題があるのではと疑われやすいもの。転職面接時に「なぜ辞めたのか?」という質問は、必ず聞かれると思っておいた方が良いでしょう。

 

仕事を辞めたい新卒女性の選択[3]:正社員以外で働く

正社員を辞め、いっそアルバイト・派遣社員・契約社員などの非正規雇用で働こうかと考える新卒女性もいることでしょう。

 

非正規雇用として働くメリットは、何と言っても正社員ほど重い責任を抱えなくて済むことです。また、時給制であることが多いアルバイトや派遣社員では、残業をさせないような働きかけを企業側から受けることにも期待が持てます。

 

デメリットは、責任が少ないぶん十分な保障が受けられない恐れがあるということです。特別休暇や、大型連休が正社員にしか適用されないという企業も珍しくありません。賞与(ボーナス)もないものと思っておいた方が良いでしょう。

 

仕事を辞めたい新卒女性の選択[4]:実家に戻る

大学進学や就職をきっかけに居住地を変えた新卒女性であれば、実家が恋しくなるのも無理はありません。もちろん、実家に戻るのもひとつの選択肢です。

 

実家に戻る最大のメリットは、生活費の負担が減ることです。家賃や光熱費、食費の心配をする必要がなければ、腰を据えて転職活動を進めることができるでしょう。

 

デメリットは、実家の居心地の良さに甘え、転職活動がスムーズに進められなくなる恐れがあることです。両親がどんなに心を鬼にしたところで、赤の他人ほど厳しくできないものですよね。再就職に手こずれば、転職活動の期間はどんどん長引いていくことが予想されます。

 

仕事を辞めたい新卒女性の選択[5]:とりあえず仕事を辞める

「とにかく今の職場のストレスから開放されたい!」という思いが強い新卒女性は、思い切って仕事を辞めることも視野に入れましょう。新生活がスタートすると思えば、気持ちを素早く切り替えることができるはずです。

 

デメリットは、準備不足によって転職活動が難航する恐れがあることです。時間は過ぎていくのに、生活費は減る一方。藁をもつかむ思いで転職活動を進めては、ブラック企業に飛び込んでしまいかねません。貯金に余裕がない新卒女性は、注意してくださいね。

 

仕事を辞めたい新卒女性は自分に向き合おう

iStock.com/Yolya

 

新卒入社後、すぐに辞めたいと思ってしまう女性は少なくありません。自分の甘えだからと現状に背を向け、ストレスを溜めながら働き続ける必要はないと覚えておきましょう。

 

しかし、辞めたいと思った後の行動は人によって大きく異なります。今の仕事を続けるも辞めるも、全て自分次第。その後の人生も考え、後悔のない決断をしてくださいね。

 

考えが上手くまとまらない方は、転職アドバイザーに相談して意見を聞いてみるのもおすすめです。当サイト「おもてなしHR」では、宿泊業界に特化した転職支援を行っています。ホテル・旅館で働いている新卒女性や、宿泊業界に興味がある新卒女性はぜひ気軽に頼ってくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る