若者が旅行しないのはなぜ?旅行離れにつながる若者の意識や志向をまとめてご紹介

生活を豊かにする娯楽。そのひとつとして代表的なものに「旅行」があります。旅行先で出会う景色や人は、時に人生観を変化させてしまうほどの魅力を持っています。昨今、若者の旅行離れが問題視されるようになりました。なぜ旅行離れが進んでいるのか、旅行に対する意識の変化が起こったのはなぜか。若者の生活の変化から考えてみましょう。旅行意欲促進につながるヒントについてもご紹介します。

若者と旅行について考える

iStock/YakobchukOlena1

 

旅行業界・観光業界では、若者が旅行をしなくなっていることついて議論されることがあります。新型コロナウィルスの感染拡大を受け、旅行の需要低下はさらに加速しています。今後の需要回復を含め、若者の旅行に対する意識と回復につながる糸口について考えてみましょう。

若者が旅行をしなくなっている?

 

時代の流れとともに、若者の趣味や嗜好は変化します。たびたび言われることのある「若者の〇〇離れ」。これは、時代を表す象徴とも言えるでしょう。その時代に生きる若者が何を好むのか、それを知ることは社会経済を知る上で重要とも言えます。

 

若者が旅行をしなくなっているという事実もその一つです。旅行業界、観光業界では以前から「若者の旅行離れ」が取り上げられています。背景には、生活様式の変化や価値観の変化など、さまざまな要因が掛け合わさったものがあります。

 

旅行そのものに、お金がかかるとか面倒だとか、そういったネガティブなイメージを持っている若者もいるでしょう。一方で、行きたいけど行けないというような、旅行に行く余裕が持てないという若者も多いようです。

 

なぜ旅行をしないのか、あるいは、できないのか。若者の旅行の背景にある意識の変化について理解を深めれば、旅行離れを解決する糸口が見つかるかもしれません。

 

若者は旅行に何を求めている?

iStock/Xavier-Arnau

 

思い出作り、リフレッシュ。若者が旅行に求める目的はどんなものでしょうか。旅行離れが進んでいると言われてはいますが、旅行が趣味という若者もいるはずです。

 

そもそもなぜ、旅行離れと言われるようになったのでしょうか。旅行以外に楽しみがある、旅行そのものに興味がない、そんな若者ばかりではないはずです。旅行離れをしている若者の中には、旅行に行きたいけれど行けないという、潜在的には旅行意欲を持っている若者もいます。

 

若者が旅行に何を求めているのか、若者の生活様式はどのように変化しているのか。旅行離れにつながる背景を理解すれば、国内旅行の集客は可能なはずです。SNSと若者との関係など、若者の旅行意欲を促進するための情報をご紹介します。

 

若者の旅行離れ。目的や傾向を調査して国内旅行の集客につなげよう!

 

若者は海外旅行をしたくない?

iStock/Boyloso

 

せっかく旅行に行くのなら、長期休暇をとって海外旅行に……。そんな夢を抱くこともあるのではないでしょうか。若者の旅行離れは、特に海外旅行の場合に進んでいると言われています。

 

海外旅行離れは、金銭的な負担や休みの取りにくさといった物理的な理由以外にも、若者の持つ「内向き志向」が影響しているのはないかと考えられているようです。新型コロナウィルスの影響によって、その志向はさらに強まっているのかもしれません。

 

海外旅行に行かない若者の中には、海外に対するハードルの高さを感じている場合もあります。そういったケースであれば、国内旅行の需要は見込めるはずです。海外旅行離れを国内需要につなげる。そのために理解しておくべき、若者の海外旅行離れの背景についてご紹介します。

 

若者の海外旅行離れ。理由や志向を把握して国内需要につなげよう!

 

若者の旅行需要は取り戻せる

iStock/filadendron

 

若者の旅行離れについては、さまざまな意見があります。各所で調査が進められ、旅行意欲の促進に向けた取り組みも進められています。旅行離れには、時間やお金などの物理的な要因が密接に関係しています。旅行への意欲を阻害するものは、決して若者の興味や関心のうすれだけではありません。

 

インターネットの普及、SNSの発達により、若者の生活様式は変化しています。共感や共有が重視される若者の価値観を理解し、段階的なアプローチをかけていけば、若者の旅行需要は取り戻せるのではないでしょうか。

 

旅行に魅力を感じ、旅行に行きたいという気持ちを現実化すること自体は、それほど困難ではないでしょう。実際の旅行に出るまでには当然、物理的な課題をクリアする必要がありますが、旅行需要という点で考えれば、価値観の提供とその提供方法によって回復の可能性は十分にありそうです。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る