社会人2年目・4年目で「仕事ができない」と悩む理由と対処法を解説!

社会人になって数年が経ち、「自分は仕事ができないかもしれない……」と感じている人がいるかもしれません。特に社会人2年目・4年目になると後輩や同僚と自分を比べ、自信をなくす人もいるでしょう。しかし、それほど悲観的になることはありません。「仕事ができない」と気づけたことに意味があるのです。そこで、社会人2年目・4年目にスポットを当て、仕事ができないと悩む理由と対処法について解説します。現在悩まれている方がいたら、ぜひ参考にしてください。

社会人2年目・4年目は「仕事ができない」と悩む?

社会人になりたての頃は仕事に慣れることに必死で、仕事ができないなどと考える余裕はないと思います。

 

しかし、自分に後輩ができ同僚の仕事ぶりを見ているうちに、「もしかして自分は仕事ができない?」と悩み始めることがあるようです。

 

特に2年目・4年目になると、仕事内容や職場内での立場にも変化が出てきます。環境が少しずつ変化することで、いろいろなことを考えるようになるのかもしれませんね。

 

社会人2年目に仕事ができないと悩む理由

2年目

iStock.com/fizkes

 

社会人2年目に仕事ができないと悩む理由についてご紹介しましょう。

 

まだ新人扱いされる

社会人2年目というのは、新人扱いしてもらえる最後の時期です。

 

そのため、2年目までは教育担当者がついていたり、会社による定期的なフォローや研修があったりすることが多く、周囲からも「まだ2年目だから」という目を向けられます。

 

そうした周りの反応から、「2年目なのにいまだに新人扱いされている」「仕事ができないと思われている」と感じてしまうのです。

 

同僚と比べてしまう

2年目になると、他部署の同僚と自分を比べるようになってきます。

 

スタートは同じはずだったのに、なぜか同僚は責任ある仕事を任されている……。そんな場面を目の当たりにすることもあるでしょう。

 

活躍している同僚と自分を比べ劣等感を感じてしまうと、「仕事ができない」と自分を責めてしまうのかもしれませんね。

 

仕事内容が合わない

社会人2年目で仕事が合わないと結論付けるのはもったいないことですが、1年仕事をしてみて、「思っていた仕事と違った、自分には向いていない」と思う人もいます。

 

仕事内容が合わないと感じると、「2年目もきっとできない」と、それ以上成長できないような気がしてしまうのかもしれません。

 

社会人2年目で仕事ができないと悩んだ時の対処法

社会人2年目で仕事ができないと悩んだ時はどうすれば良いのでしょうか。

 

結論からいえば、わずか2年で仕事ができないと決めつけても正しい選択はできないでしょう。1年目に実務はなく、研修ばかり行っていたのなら尚更です。

 

仕事は実際にやってみなければわからないことがたくさんあります。仕事ができないと悩んでいる時間があるなら、仕事ができるようになる方法を考えた方が自分のためになるはずです。

 

もし、どうしても自分一人で解決できそうになければ、同僚に相談してみても良いでしょう。同僚に話すことで、そんなふうに考えていたのは自分だけではなかったと思えるかもしれません。

 

社会人4年目に仕事ができないと悩む理由

4年目

iStock.com/metamorworks

 

社会人4年目で仕事ができないと悩む理由についてご紹介します。

 

比較対象が多くなる

4年目になると、同僚、後輩、先輩などたくさんの人と関わりながら仕事をするでしょう。

 

その中で、自分よりも昇進が早い同僚、評価が高い後輩、誰からも信頼される先輩など、さまざまな人と自分を比べてしまいます。

 

順調な人を見ることで自分のふがいなさを感じ、「4年目になっても仕事ができない」と思ってしまうのです。

 

成長を感じられない

社会人4年目ともなれば、自分の仕事だけでなく、後輩の指導や上司のサポートなど、職場内での役割が増えてきます。

 

しかし、そんな中、自分には一体何が身についているのだろうと心配になる人も少なくないようです。

 

業務量ばかりが増え、肝心な自分の評価は得られていないと気付いてしまうと、「仕事ができていないのかも……」と不安になってしまうのかもしれませんね。

 

社会人4年目で仕事ができないと悩んだ時の対処法

社会人4年目で仕事ができないと不安に感じたら、まずは自分を見つめ直してみましょう。

 

もし4年目なのに新人と同じ仕事を同じようにしかできなければ、残念ですがそれは仕事ができない人です。ただし、新人ではできないような方法で仕事ができるのなら、決して仕事ができない人ではありませんよ。

 

現実に目をむけることで、「4年目ならこうあるべき」と理想を高く持ちすぎていたり、自分に期待しすぎていたりと思わぬ発見があるでしょう。

 

「こんなふうになりたい!」と目標を掲げることは大事ですが、無理をすると長続きしません。周りの人と比べすぎず「本当にできていないのか?」と冷静に判断することが大切です。

 

「仕事ができない」と気づいたことに意味がある!

意味がある

iStock.com/Khosrork

 

社会人2年目・4年目になると、自分は仕事ができないと思ってしまうことはあります。しかし、いろいろな人と関わりながら仕事をしている以上、周りの誰かと比較しまうのは仕方がないことです。

 

大事なのは、あなたが自分の仕事ぶりを客観視できたこと。本当に仕事ができない人の場合、自分の実力や振る舞いを冷静に判断することができません。

 

ですから、仕事ができないと気づけたことは、自分を客観的にみれた証拠なのです。せっかく気がついたのなら、悩んだ時の対処法を知りこの気づきを成長の糧にしてください。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る