地方の就活生のスタートが遅い理由を解説!就活に出遅れても成功する秘訣とは?

「地方学生は就活のスタートが遅い」と耳にしたことはありませんか?たしかに地方学生は就活のスタートが遅い傾向があります。しかし、なぜいつも出遅れてしまうのか気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。地方学生が就活を遅れてスタートする理由や、都心の学生と比べて出遅れても就活に成功するポイントを紹介いたします。

地方学生の就活が遅くなるのはなぜ?

Alexander Borisenko – stock.adobe.com

 

地方学生の就活の動きには、地方を拠点とする企業の採用活動が大きく影響しています。

 

都心に本社がある企業では大学3年生の夏から早期選考を行っていますが、地方企業の就活解禁は大学3年生の3月と、大きく差がついているのです。

 

地方に本社を置く企業も、都心の企業に合わせれば学生が遅れをとることはなくなるでしょう。

 

しかし、地方企業は東京からのUターン学生も求めており、就活時期をずらすことで少しでも多くの学生に選考に参加してほしいと考えています。

 

そのため地方学生は就活の遅れを見越して、就活の準備をしなければならないのです。

 

 

就活が遅いと「情報量の差」が広がる

oka – stock.adobe.com

 

就活のスタートが遅くなると、都心の学生との情報の格差が広がります。

 

本格的に就活を始める時期が遅れれば自ずと就活にまつわる情報が限られ、企業を比較検討したり、選考過程での対策をしたりなど、就活のすべてにおいて不利に働くリスクがあるのです。

 

都心の就活生は長期インターンや早期選考に参加している方が多く、就活の準備も遅れてしまうと情報の差を埋めることは難しくなるでしょう。

 

 

スタートが遅くても就活に成功するポイント

Photocreo Bednarek – stock.adobe.com

 

地方学生の就活スタートが遅れても、決して失敗するというわけではありません!

 

スタートが遅れてしまった場合、どのようなポイントを押さえるべきか解説いたします。

 

就活対策は早めに行っておく

 

就活のスタートの遅さをカバーするには、就活対策を早めに始めることが重要です。

 

就活対策ならば、解禁時期に関係なく対策を進めることができます。WEBテストに苦戦する就活生も少なくないので、早めに手をつければ周囲と差をつけられるかもしれません。

 

しかし、特に力を入れていただきたのは「自己分析」です。自己分析に関しては、自分の気持ちを無視せず丁寧に行ってください。

 

入社後のキャリアプランを想像し、「自分の好きなこと/やりたいことは何か」などをしっかりと考えるようにしましょう。

 

自己分析を突き詰めて行っておくだけで、驚くほど就活がスムーズに進みますよ。

 

できるだけ多くの情報を集める

 

就活生にとって、情報はとても大事な武器です。

 

情報収集できるのは就活サイトだけではありません。できるだけ偏りのないように、さまざまなツールを利用するのが理想です。

 

学内の就活情報なども非常に重要な情報となります。最近ではSNS上で情報交換することが増えており、本格的に就活を始める前にさまざまな “つながり” を持っておくと良いかもしれませんね。

 

就活を終えた先輩や友人から、情報を集めるのも良いでしょう。

 

就職エージェントを使う

 

就活のスタートが遅れると、「選べる企業の幅が狭くなるのではないか」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、就職エージェントは求職者に合った企業を紹介し、選考日程なども調整するので、効率的に就活を進められます。

 

エージェントは面接の練習や履歴書などの添削もしてくれます。就活の不安などもアドバイザーに相談して解消することによって、心を安定させながら冷静に就活ができるのです。

 

きっと自分だけでは見つけられない優良企業と出会えることができますよ。

 

 

ホテル・旅館への就職のご相談は「おもてなしHR」へ!

bgton – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館に就職したい方は、就職支援サービス「おもてなしHR」にご登録ください。

 

宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたにピッタリ合った企業を紹介いたします。まずはあなたのご希望などをお聞かせください。もちろん、就活へのご不安でも結構です。

 

「自分のやりたいこと」を実現できる企業を一緒に探しましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る