子持ちでも転職したい!希望通りの働き方を実現するために意識するべきポイントは?

子育て仕事を両立している人は非常に多いものです。子供が小さいうちは、子育てにかかる比重が多くなるものですが、成長とともにバランスは変化します。子育てに慣れを感じたり、進級や進学などがきっかけとなって、転職を検討する人も多いのではないでしょうか。子持ちの転職。意識してほしいこと、注意点等を解説します。

子持ちでも転職したい

iStock/metamorworks2

 

転職をすることは、決して珍しいことではありません。社会人の半数は転職を経験していると言われています。転職を考えたことがある人はそれ以上でしょう。子育てをしながら仕事している人の中にも、何かしらの理由で転職を考えた人はいるはずです。

 

子育てや家事とのバランスを考えたり、将来設計を意識したり、転職を考えるきっかけはさまざまです。子どもが成長するとともに、親としての関わり方は変化し、家族の時間も変化します。個々の時間が持てるようになれば、自分自身のキャリアを意識することもあるかもしれません。

 

転職したいと思ったとき、子持ちであることが理由で思い通りに進まないということはあるでしょう。転職活動を進める前に、おさえておくべきポイント。まずはここから考えてみましょう。

 

子持ちで転職をするタイミングは?

iStock/yaruta

 

そもそも転職は、人生の中で大きな転機になることです。ステップアップのためや、新たなチャレンジの気持ちを持っていたり、待遇改善を期待したりなど、転職を検討する理由には前向きな気持ちが含まれていることが多いでしょう。

 

子持ちの場合、転職したいという個人の考えだけでは動くことはできないものです。転職によって起こる環境の変化は、少なからず子どもにも影響のあるものです。そのため、子持ちで転職を考えるには、タイミングを意識することもあるはずです。

例えば、進学や進級。子どもの生活時間が変わり、そこに合わせてより良い働き方ができる環境を求めることはあるでしょう。子育てにかかる時間が減った分、勤務時間を伸ばしたい、もっと仕事に集中したい、または子育てのための時間を確保したい。子持ちで転職を考えるタイミングやきっかけは、子どもの存在が大きく関係しています。

参考:子持ちの人・ワーママが転職を考えるタイミングはいつ?転職のタイミングによるデメリットを解説

子持ちで転職をする場合の注意点

iStock/maruco2

 

子持ちで転職を進める場合には、子どもの生活を含めた、子どもに関することも意識しなければなりません。自分自身の意向や希望だけで決めることができないのは事実です。

 

保育施設に預けている場合

 

保育施設によっては、一定の離職期間がある場合は施設の利用ができなくなるということもあります。離職してからスタートさせた転職活動が思いのほか長引いてしまった結果、保育施設が利用できなくなるというトラブルも考えられます。

 

仕事をしながらの転職活動は、大変なものではありますが、働いていない期間を長期化させないよう注意しましょう。

 

キャリア形成を考えている場合

 

前職では子どもがいることで配慮されていた部分があっても、転職先でも同様の待遇であるとは限りません。子どもがいると、残業ができない、欠勤や早退のリスクがあることを、自分の希望する業務ができなかったり、役職を外されたりすることもあるものです。

 

キャリアアップしたいという熱意があったとしても、必ずしも思い通りにはいかないこともあるのが現実です。

 

転職して、キャリアアップしたいと考えている場合には、子持ち女性が在籍していたり、こ子育てを支援する制度が充実しているかなどを基準にして企業を選択するのも良いでしょう。

 

時短勤務を利用したい場合

 

転職希望者の中には、子どもと過ごす時間を確保したいという理由から、時短勤務を希望する人もいるでしょう。

 

時短勤務は、一日の勤務時間を通常よりも短縮した働き方です。子育てや介護などを理由に、フルタイムで働くことが難しくなった人をサポートするために、育児・介護休業法の改正によって各事業主に義務付けられています。

 

しかしながら、時短勤務を利用するためには要件を満たしている必要があります。一年以上勤務していることが条件になる場合も多く、転職後すぐに時短勤務をすることは難しいかもしれません。

 

企業によって要件はことなりますので、転職前に確認が必要です。

 

子持ちの転職はタイミングが重要

iStock/peshkov

 

子持ちあっても、転職を考えることは当然あります。子どもがいると、物事を思い通りに進めることが難しくなります。

 

子持ちで転職を検討するのであれば、一番に考えたいのはタイミングです。子どもの成長に合わせ、生活スタイルが変わる時期は必ず訪れます。特に、進級や進学は子どもにとってのステップアップです。そのタイミングに合わせ、成長を意識した転職活動を進めてみるのも良いのではないでしょうか。

 

転職活動に集中したいと思っていても、邪魔が入ってしまうということも考えられます。そのため、転職したいという気持ちがあっても積極的になれないこともあるかもしれません。

そんなときは、転職エージェントを利用するのも良さそうです。希望する働き方、時間帯、入社時期などの細かな条件を伝えれば、希望に合った企業を紹介してくれるので、効率の良い転職活動が実現できます。

 

ホテル・旅館への転職を検討している場合には、おもてなしHRをご活用ください。ご登録者の中には、子持ちで転職を希望している方もいらっしゃいます。子育てと両立しながら、希望通りに働くことができるよう、サポートさせていただきます。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る