採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

子供のために転職したい!子供との生活に合わせた職場選びのコツ

仕事をしていると、子供と触れ合う時間が十分に確保できないというお悩みが生まれてしまうことも。その際、転職を考える方もいらっしゃるようですが、「収入が落ちるかもしれないのに転職に踏み切っても良いものか」と二の足を踏んでしまうこともあるようです。家庭を優先させることが目的の転職をする際、どのような心構えをしておくべきなのでしょうか。

「子供のために転職したい」と感じるきっかけ:産休や育休の制度が整っていない

妊娠が発覚したばかりの方や、将来的に子供が欲しいと考えている方に多い理由ではないでしょうか。

 

社内の福利厚生が整っていないことで「このまま出産したら仕事との両立ができないのでは」と不安に感じ、それならば転職をしようという考えに至るようです。

 

また、一見制度があるように見えて、産休や育休を取得した前例が無いというパターンもあるのだそう。この場合も、同様に転職が頭をよぎるのではないでしょうか。

「子供のために転職したい」と感じるきっかけ:仕事に追われ子供と過ごす時間がない

幼児

K.M.S.P.1031-stock.adobe.com

 

早朝から夜遅くまで働き、気づけば最後に子供とゆっくり過ごしたのがいつだったか思い出せない……なんて事態になってしまうことも。

 

子供はあっという間に成長してしまいますが、その過程を一緒の家に住んでいながらなかなか見守ることができない現状に、本当にこのままでいいのかと悩んでしまうようです。

 

労働は日々の生活を送るために必要不可欠ですが、かと言って日常のすべてを犠牲にするべきということでもありません。

 

現状よりも少し収入が落ちたとしても十分に生活できることが分かったら、転職への気持ちがより強くなるのではないでしょうか。

「子供のために転職したい」と感じるきっかけ:学校行事に参加できない

運動会や学芸会、授業参観などは、仕事が忙しい親御さんにとって参加のハードルがかなり高いイベントではないでしょうか。

 

たくさんの親が参加する中、自分の子供だけが寂しい状況に立たされているという状況に、胸を痛めてしまう方も多いのでは?

 

「普段の生活だけではなく、学校行事の思い出も満足に作ることができていない」と気がついたことにより、転職を決意することもあるようですよ。

「子供のために転職したい」と感じるきっかけ:家事・育児の負担が偏り過ぎている

いちご狩りをする子供

beeboys-stock.adobe.com

 

仕事が忙しいあまり家庭への関わりが希薄になり、家事や育児の負担が一方にのみ偏ってしまっている状況に、このままではいけないと転職を考えることも。

 

共働きをしている場合はさらに負担が大きくなってしまうため、対子供だけでなく、夫婦間の仲にまで亀裂が入ってしまうことも珍しくないのではないでしょうか。

 

そのため、家庭を健全に回していくためにも、転職をした方がいいのではという判断に至るのではないでしょうか。

子供との生活に合わせた職場を探すポイントは?

子供のために転職をするなら、子供との生活に合わせた職場を探すのが必須ですよね。転職先を探す際、どのような点に注目をすべきなのでしょうか。

福利厚生をチェック

無理のない労働環境の会社を選んだとしても、産休や育休などの福利厚生が整っていない環境では、せっかく転職した意味がなくなってしまいます。

 

そのため、情報を収集する際は子供にかかわる部分の福利厚生について十分に調べ、少々聞きづらいかもしれませんが、疑問な点などがあれば面接時に確認するようにしましょう。

職場へのアクセスを重視

子供のために転職するなら、自宅と職場間のアクセスも重要です。

 

出退勤の時間がなるべく短い職場を選んだり、通勤圏内に保育園があるような会社がないか調べたりすることで、タイムロスを極力減らすことができますよ。

時短勤務が可能か確認を

子供が小さいうちは、時短勤務の利用が必要になるかもしれません。

 

会社によっては「入社から〇ヶ月経過後使用可」という規定が設けられている場合もありますので、入社直後から時短勤務が選べるような職場を探すとより安心ではないでしょうか。

ある程度の犠牲を覚悟する必要はある

幼いきょうだい

yamasan-stock.adobe.com

 

子供を優先した転職をすることで、ある程度の犠牲が発生する場合もあります。

 

例えば収入がガクンと落ちる場合もありますし、長年積み上げてきたキャリアが途絶えてしまうことだって考えられます。

 

子供を大切に思う気持ちは尊重されて然るべきですが、かと言って自分を犠牲にすればいいという話でもありません。

 

そういったリスクも踏まえた上で、転職について判断しなければなりませんよ。

「家庭を大切にしたい」という思いから転職をするのは間違っていない

眠る子ども

polkadot-stock.adobe.com

 

子供を、ひいては家庭を大切にしたいという思いから転職に踏み切るという判断は、決して間違ったことではありません。

 

ただし、生活そのものに関わる大きな出来事であることに間違いはありませんので、パートナーの理解を得ることは必須です。

 

家族が納得できるような決断を下せるよう、十分に考える必要がありますよ。

有名宿泊施設で働きませんか?

採用ご担当者さまへ
宿泊業専門の求人サイトに 求人を載せませんか?
おもてなしHRの特徴
1
意欲の高い求職者にアプローチ可能
2
ご要望に応じて最適なプランをご提案
3
何名採用しても追加料金はかかりません

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事