ホテルコンサルタントの力を借りる。ホテルコンサルタントはホテルにどんな効果をもたらす?

たびたび耳にすることのあるコンサルタントという存在。国内でその存在が認知されたのは、比較的最近の話の様ですが、欧米諸国では長い歴史があります。他社に相談する、他社から指示を仰ぐというのは、少し気が重いように感じることもあるかもしれません。ホテルコンサルタントはホテルにとってどのような存在なのか、どのような効果をもたらすのか、考えてみましょう。

ホテルコンサルタントとは

iStock/metamorworks

 

ホテルコンサルタントは、ホテル業界に特化してコンサルティングを行います。昨今のホテル業界の競争激化の中で重宝されている存在です。ここではコンサルタントの役割についてご紹介します。

 

コンサルタントの役割

 

コンサルタントの役割は、助言や指導を行うことです。ある分野に特化した専門知識を持ちながら、事業や商売に対して提案をし解決策を見出す専門家なのです。

 

企業からの相談に応じて、新たな戦略や改善策を見つけ出し、助言することをコンサルティングと言います。コンサルティングを実施する人の総称がコンサルタントです。

 

コンサルティングはもともと欧米で発展してきたもので、日本国内に浸透してきたのは比較的最近の話のようです。コンサルティングを中心に事業展開する企業はグローバル化と共に増加し、多くの企業が競争激化にいることを背景に、コンサルタントの数も増加しています。

 

コンサルタントは「○○コンサルタント」というように名乗られることが多く、対象になるテーマまたは業種や業界に対してコンサルティングを行います。

経営コンサルタント、ITコンサルタントのように企業の悩みや相談関わるテーマや、医療やホテルなどの業界全体に対してコンサルティングを行うものまで様々です。

 

ホテルコンサルタントの業務内容

iStock/recep-bg

 

ホテルコンサルタントと呼ばれる、ホテルに特化したコンサルタントには、ホテル従業員出身という人もいます。ホテルコンサルタントは、ホテルの外にいるホテルのプロなのです。ホテル経営者が経営のプロであることは当然ですが、長年ホテル経営に携わっていると、視点や思考が凝り固まってしまうこともあるかもしれません。柔軟で斬新な一手を取り入れるために、コンサルタントに頼ってみるというのは効率の良い選択肢ではないでしょうか。

 

事業再生

 

ホテル業界は特に競争が激しい業界です。近隣に同クラスのホテルだ立ち並ぶということは、珍しいことではありません。

 

ライバルが増加すれは、事業を安定させることが困難な状況に陥るホテルは必ず出てきます。さらには、昨今の社会情勢の劇的な変化によって苦境に立たされているホテルも増加しています。

 

生き残りをかけて、大きな決断を迫られることもあるはずです。そういった場合に、コンサルタントからの適格で適切な助言が背中を押してくれるかも知れません。

 

集客促進

 

新規顧客を獲得することはもちろん、お客様が利用しやすい環境を整えることも重要です。集客促進の中には、自社サイトの開発や顧客管理システムの導入なども含まれることがあります。

 

ターゲット層のライフスタイルに寄り添い、ホテルがお客様に合わせて変化していくことも必要です。ホテルコンサルタントからの外部の視点を取り入れることで、より効率よく、さらには斬新な手法を導入することもできるでしょう。

 

組織活性

 

コンサルタントが助言するのは、経営そのものに対してだけではありません。ホテル従業員同士、ホテルの内部組織に対してもテコ入れをします。

 

人間関係が良好でなければ、いくら資金と投入しても、最新のシステムを導入しても、安定した経営は生まれません。

 

ホテルの内情を外部に知られることは、デリケートな点もあるかもしれませんか、ホテルのプロだからこそ見える問題点が浮き彫りになることもあるでしょう。

 

ホテルのコンサルタントにかかる費用と期間

iStock/utah778

 

コンサルティングを依頼するためには、当然ながら費用が発生します。相談内容や改善点、導入物によっては数カ月に渡ってコンサルタントの力を借りることになります。

 

コンサルティング費用はコンサルタント会社によってさまざまで、関わり方によっても差が出てくるようです。簡単な助言で済むものから、細かな指摘までして欲しいなど、コンサルティングを求めるホテルの事情はそれぞれです。

 

コンサルタントにかかる費用の相場は、一カ月で数万円~、三カ月で数十万円~と、複数のプランが用意されていることがほとんどのようです。

 

事業再生を目的としている場合は特に、予算との相談にもなりますし、費用対効果の部分も気になるところです。コンサルティングをを依頼する場合には、どんな課題があって、どの程度の期間で改善したいのかを明確にする必要がありそうです。

 

ホテルのコンサルタントは強い味方になる

iStock/Hispanolistic

 

ホテルのコンサルタントは、ホテルの外にいるホテルのプロです。

 

コンサルタントに相談するということに、少し敷居の高いイメージを持つこともあるかもしれません。自力で全での改善、解決を試みることは当然ながら大切です。しかしながら、内部にいると見えてこない問題点や課題、目をつぶってしまいがちな事情もでできます。

 

ホテルのコンサルタントは、他業種でありながら同じ業界のプロなのです。

 

コンサルタントに助けを求めることは、視点を増やすことです。ホテルを良くする、経営を安定させるために必要な仲間、強い味方を増やすというイメージを持つと、良いのではないでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る