もう困らない!女性の転職面接でふさわしい服装とは?

転職面接の際、どのような服装で臨めばよいのか悩んでしまう女性は多いのではないでしょうか。新卒であればリクルートスーツを着用すれば間違いありませんが、転職における面接となると話は別です。女性の転職面接でふさわしい服装を解説します。

転職面接には何を着ていくのが正解?

beeboys – stock.adobe.com

 

面接の場ではスーツを着るのが基本です。

 

最近では「服装自由」「私服でOK」など、服装に指定がない場合もあります。ですが、指定がない場合もスーツで行くか、ジャケットとスカートまたはパンツを組み合わせて行くことがベターです。

 

スーツは特別なものを用意する必要はありません。落ち着いた色でシワがなく清潔感があるもの、サイズが体型に合っているものであれば大丈夫です。

 

女性だとスカートを着るか、パンツを着るか迷ってしまうこともあるかもしれませんね。スーツであればスカートでもパンツでも問題はありませんが、転職を希望している業界に合わせてスタイルを変えてみても良いでしょう。

 

たとえば、受付・事務を希望しているのであれば落ち着いた印象を与えるためにスカートをチョイスし、営業職であればアグレッシブさをアピールするためにパンツを選んでみてください。

 

靴は、ヒールの高さが3~5㎝のパンプスが一般的です。色はスーツやバッグの色に合わせて選ぶと、全体的な統一感が出やすくなるので、黒やベージュやネイビー、グレーなどでも良いでしょう。

 

また、ビジネスの場面では、女性はストッキングを着用するのがマナーとなっています。細部にも気を遣い、きっちりとした雰囲気を与えられるようにしてくださいね。

 

面接官のなかには、服装のだらしなさ・マナーの欠如は、仕事のいい加減さにも直結していると考える人もいるので、服装でもあなたの魅力をしっかりとアピールするようにしましょう。

 

女性の転職面接でのスーツの選び方

maru54 – stock.adobe.com

 

女性の転職面接におけるスーツの幅はとても広いですよね。どのようなことに気を付けてスーツを選べばよいか解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スーツの色は、自身の顔映りの良いものを選ぶようにしてください。いくつかおすすめの色がありますので、それぞれ特徴を見ていきましょう。

 

【ネイビー】

ネイビーはスーツの定番カラーです。

黒より重たくなくならず、清潔で知的な印象を与えることができます。

ただし、シルエットやインナーに気を付けなけないと、リクルートスーツに似た印象になってしまうので注意しましょう。

 

【黒】

黒はネイビーよりフォーマルで、かっちりした印象にしたいときにはピッタリです。

こちらもリクルートスーツのようにならないために、シルエットに気を配る必要があります。

インナーや靴を工夫することで、大人っぽい雰囲気を出してみてはいかがでしょう。

 

【グレー】

一般的に、グレーは「信頼を与える色」と言われています。

特に、チャコールグレーなどの暗めのグレーは、落ち着いた印象を与えやすくなるでしょう。

ライトグレーなどの明るめのグレーは、柔らかい印象を与えることができます。

しかし、顔映りを事前に確認しないと、色によってグレーは地味な印象になりがちなので気をつけてくださいね。

 

【ベージュ】

ベージュは明るい色味なので、雰囲気が華やぎます。

ですが、華美になりすぎないようにコーディネートには注意が必要です。

スーツにベージュを選んだとしたら、靴は暗い色を合わせましょう。

そうすれば華やぐ雰囲気のなかに、落ちついた印象も与えることができますよ。

 

デザイン

 

スーツのデザイン選びで気を付けていただきたいことは、以下の3点です。

 

【ジャケットの丈の長さ】

女性の場合、インナーの袖が見えず手首がかくれる程度がちょうどいいとされています。

夏場に関しては、七分袖でも構いません。

 

【今のスーツの定番は何か】

スーツにもトレンドがあるので、店頭でチェックしてみることをおすすめします。

最もフォーマルな印象になる形はテーラードデザインですが、その種類はさまざまです。

襟なしのノーカラーであっても、襟があるタイプと同様に上品さと優雅さを演出できるので、企業の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

【体型に合っているか】

スーツが体型に合っていないと、だらしない印象を与えてしまいます。

まずは手持ちのジャケットを着てみて、面接前にスーツ売り場をチェックして比べてみましょう。

 

柄・素材

 

スーツの柄は、どんな色・デザインだとしても、無地を選んだほうが良いでしょう。

 

太いストライプやチェックのスーツを着てしまうと、転職面接の場にはふさわしくないと判断されてしまう可能性もあります。もし柄ありが良ければ、ピンストライプなどの控えめなものか、細かいチェック柄を選んでください。

 

素材はウールやポリエステルなどのものが、ちょうど良いでしょう。平織りで凹凸がないもので、さらにストレッチ素材であれば自分の体にフィットしてくれるので、清潔感だけでなく動きやすさも兼ね備えることができます。

 

スカート

 

スカートの定番はタイトや、セミタイトです。やわらかい雰囲気を出したい方は、Aラインのスカートを選ぶと良いでしょう。

 

特に注意していただきたい点は、スカート丈です。丈が短くても、反対に長くしてもだらしない印象になってしまいます。

 

ちょうど良いスカート丈は、立っているときにヒザが隠れる程度の長さです。事前に鏡を見て確認しておいてくださいね。

 

パンツ

 

パンツにはストレートやテーパード、スリム、ワイドなど、さまざまな形がありますよね。

 

転職面接で一般的なのは、ヒザから足首にかけて細くなっていくテーパード型のものです。営業職など外を歩き回りそうな職種を希望する方は、活発さをアピールすると良いかもしれません。

 

パンツは流行り廃りのない形のものを選べば、今後も使える可能性がありますよ。

 

転職面接で好ましいインナーの選び方

naka – stock.adobe.com

 

女性の転職面接における服装選びで、悩む声が意外と多いのが「インナー選び」です。どのような基準をもとに選べば良いのかチェックしていきましょう。

 

色・素材

 

インナーは柄なしの無地が基本です。たとえストライプやドットなどの柄が入っていても、遠目には分からない程度のものであれば問題ありません。

 

色は白のブラウスやシャツが定番で、清潔感や爽やかさを表現できるだけでなく、顔色を明るくすることもできます。また、どんなスーツや肌色にも合わせることができるので、迷った場合は白を選ぶと良いかもしれませんね。

 

白のほかには、クリーム色や淡い水色、ピンクベージュなどを合わせても良いでしょう。

 

素材はレーヨンやポリエステルなどの、光沢感のあるものがおすすめです。綿であっても、カジュアルに見えないようなツヤ感のあるものならOKです。夏場は、汗をかいてもべたつかない素材を選んでくださいね。

 

形・袖の長さ

 

インナーは、襟付きのものか、もしくはラウンドネックやVネックが良いでしょう。

 

襟付きであれば第一ボタンを外して大人っぽい雰囲気を出せますし、襟なしを選べば柔らかいイメージを与えることができます。どちらを選ぶかは、応募先企業の雰囲気に見て決めてください。

 

いずれにせよ、胸元が空きすぎていないか、下を向いたときに下着が見えないかを確認することは忘れないようにしましょう。

 

袖の長さに関しては半袖~長袖など、スーツの袖から見えないようにすれば大丈夫です。夏場の転職面接では、たまにジャケットを脱ぐことを勧められることもあるので、ノースリーブは避けたほうが良いかもしれません。

 

20代・30代・40代別!スーツの着こなしポイント

aijiro – stock.adobe.com

 

転職面接でのスーツの着こなしは、年代別によって面接官の印象を左右することがあります。年代に合った着こなしができるようポイントを押さえておきましょう。

 

20代

 

25歳までの第二新卒と見なされる場合は、リクルートスーツでもOKです。リクルートスーツで面接を受ける方はインナーを襟なしにしたり、靴やアクセサリーを組み合わせてみてはいかがでしょう。

 

20代後半となると、ある程度の社会人経験があると判断されるので、リクルートスーツを着てしまうと違和感が出てしまう可能性もあります。

 

自分に合ったビジネススーツを選ぶことも、社会人として大切な要素だということを覚えておいてください。

 

30代

 

30代でのリクルートスーツの着用は避けたほうが良いでしょう。また、20代で着用していたスーツは同じように見えても、微妙にスタイルやデザインが異なる恐れがあります。

 

ビジネススーツはネイビーやチャコールグレーといった落ち着いた印象のものを選ぶと、面接官には好印象です。

 

業種や企業によってはライトベージュやライトグレーといった、社会人経験のある印象を与えるスーツでも良いでしょう。

 

シンプルなネックレスやピアス・イヤリングなどのアクセサリーなどの他にも、ベルトなどで華やかさを加えても良いかもしれませんね。

 

40代

 

40代女性の場合は、まずは自分の体型に合ったスーツがあるかどうか確認してみましょう。問題がなければ、清潔感・信頼感を持つことができ、年齢に合った落ち着きのある雰囲気のものを選んでください。

 

ずいぶん前に着ていたような流行色の強いスーツは、古めかしい印象を与えることがあるので避けたほうが良いでしょう。

 

顔色が明るく見えるようなネイビーやライトグレー、ベージュといったカラーもおすすめです。体型を隠そうと、暗い色や大きめのサイズを選ばないように注意が必要です。

 

結婚指輪は、つけたまま面接を受けたとしても問題ありませんのでご安心くださいね。

 

50代

 

転職面接において、50代で若く見せようとすると、必ずと言っていいほど面接官には無理が伝わります。年齢相応の落ち着いたスーツを着こなし、清潔感を第一にアピールしてください。

 

だからといって、明るいアイテムのものを避けて暗い色ばかり選んでしまうと、自分の印象が暗くなってしまいます。そうならないためにも、インナーや靴などに明るい色を取り入れ、上品で華やかな雰囲気も意識してみてみましょう。

 

転職面接で女性が注意すべき服装のマナーとは?

naka – stock.adobe.com

 

20代前半は話が別ですが、リクルートスーツはなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

20代後半以降の方がリクルートスーツを着ると若々しい印象にはなるかもしれませんが、幼い印象のほうが強く出てしまいます。

 

ビジネススーツとリクルートスーツに明確な違いがあるわけではないのですが、ビジネススーツのほうが質の高い材質やデザインのものが多いので、ハイグレードな印象を与えられる場合もあるのです。

 

また、子どもの入学式や卒業式で着たスーツは着用しないようにしてください。ビジネスの場にそぐわないものが多いので、転職面接では場面に合ったスーツを着るのが望ましいでしょう。

 

転職面接の服装選びはTPOを意識しよう!

Atstock Productions – stock.adobe.com

 

女性のファッションスタイルは多様なので、選ぶのが難しいですよね。面接官の目にどう映るのか気になってしまい、迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

 

転職面接に適切な服装について触れてきましたが、業界などによって違いはあるにしても、すべてに共通するのは「清潔感があるかどうか」という点です。

 

清潔感を問われているということは、仕事を一緒に行う仲間としてふさわしいかどうかを見られているということです。

 

服装は、自分の第一印象を決める、とても重要なポイントです。面接時の服装について「服装自由」「自分らしい服装」「私服」など明記されているケースでも、判断に迷ったらその業界や企業の特色に合わせて考えてみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る