自転車の旅を快適に!自転車持ち込みができるホテルの対応事例を解説

自転車で旅をするお客様は、自転車持ち込み可能のホテルを求めています。サイクリストが喜ぶのは、雨風が防げる室内に駐輪できるだけでなく、自転車の旅をより快適にしてくれるサービスでしょう。多くのサイクリストが集まるホテルの取り組み事例や、一般的なホテルで自転車の持ち込みを受け入れる方法についてまとめました。

自転車の持ち込み可能なホテルは多い

自転車旅行

Samo-Trebizan – stock.adobe.com

 

サイクリングを趣味としている人はよく自転車で旅をしますが、ホテル滞在中に自転車をどこに止めるかで悩むことが多いそうです。

 

雨や風で痛むことや盗難の恐れがあり、一晩中外の駐輪場に置いておくことが不安なのでしょう。特に高価な自転車に乗っている人は、心配でせっかくのホテル滞在が楽しめないかもしれません。

 

自転車は外に置いておくもの、というイメージが強いですが、実はホテルに自転車を持ち込みたいという需要は高いのです。

 

そんな需要に応え、自転車の旅をする人にターゲットを絞っホテルや、自転車の持ち込みを可能としているホテルがあります。そうしたホテルの具体的なサービスや、持ち込みの方法について見ていきましょう。

自転車愛好家のためのホテルの取り組み事例

自転車メンテナンス

rh2010 – stock.adobe.com

 

サイクリングに適した自然豊かなエリアには、自転車愛好家のためのホテルがあります。自転車の持ち込みに関しても、自転車愛好家が満足するだけのレベルの高いサービスが提供されていることが特長。サービスの事例を紹介します。

客室に持ち込みOK

もっとも安心してホテル滞在を楽しめる自転車の保管方法は、客室への持ち込みではないでしょうか。自転車旅人をターゲットにしたホテルには、客室まで自転車の持ち込みを可能としているところが多いようです。

 

客室内に駐輪スペースを作ったり、自転車スタンドのレンタルで対応。なんと自転車とベッドで添い寝できるというホテルもあります。

 

また、チェックイン時に自転車の泥を丁寧に落とすサービスも行われています。館内の汚れを防ぎ、愛車と共にホテルでリフレッシュする気分も盛り上げるのではないでしょうか。

自転車専用保管場所がある

客室までは持ち込めなくても、館内に自転車専用の保管場所を設けているホテルも存在します。

 

ロビーに自転車スタンドがある、ロッカー付きの駐輪所など、雨風に晒されることなく安全に自転車の保管ができます。

整備場所・メンテナンスグッズの提供

自転車を整備するための場所やメンテナンスグッズを備えたホテルであれば、自転車の旅はより安心・快適になるでしょう。

 

自転車旅人のためのホテルでは、洗車に使用できる水道蛇口やレンチ・空気入れなどのメンテナンスグッズを提供しています。

レスキューサービスを提供

山梨県のあるホテルでは、サイクリング中にパンクや豪雨に見舞われたお客様を、ホテルのバスでレスキューするサービスを提供しています。

 

山道でタイヤがパンクしたり、急な天候不良で途方に暮れる心配が無くサイクリングを楽しめるのは、自転車旅人にとって大きなメリットですね。

サイクルウェアで利用可能

多くの自転車旅人が「ホテルにサイクルウェアのままで出入りするのは気が引ける」と感じています。だらしない格好ではないものの、多くの人が集まる場所では確かに目立ってしまいますよね。

 

そんな悩みに応えて公式に「サイクルウェアのままで利用可能です」とアナウンスしているホテルがあります。

 

ロビーはもちろん、ホテル内レストランもサイクルウェアでOK。腹ごしらえをしてからそのまま出発できることはとても便利でしょう。

レンタルサイクルサービス

快適に自転車を持ち込めるだけでなく、ロードバイクやマウンテンバイクなど本格的な自転車のレンタルサービスを行っているホテルもあります。

 

愛車とは別タイプの自転車を試してみたいというお客様に人気のサービスです。

一般的なホテルの自転車持ち込み対応

フロントクラーク

rilueda – stock.adobe.com

 

一般的なホテル・旅館でも、自転車の持ち込み可としていることがあります。他のお客様の邪魔にならないように、自転車を持ち込んでもらうための対応事例を紹介します。

輪行袋に入れてもらう

輪行袋とは、自転車を収納して持ち運ぶための袋で、バスや電車といった公共交通機関に、自転車を持ち込む際に使用します。

 

一般的なホテルでは、この輪行袋に自転車を入れれば普通の荷物と同様に客室持ち込みを可能としてることが多いようです。

フロントクラークで預かる

客室が狭いビジネスホテルなどでは、フロントクラークで自転車を預かる場合もあります。現金や宝石などの貴重品同様、しっかりと管理・保管するので高価な自転車の持ち込みにも安心でしょう。

 

また、自転車によって客室が汚れたり、壁が痛むことが無く、ホテルにとってもメリットのある方法です。

自転車持ち込みの受け入れで多様化する旅行に対応しよう

エコ活動や健康維持への関心が高まる中、自転車での旅がは注目されています。手軽にどこにでも行ける自転車は、最近流行のニューツーリズムにマッチし、公共交通機関での3密を避けることにも有効。自転車旅人はこれからさらに増えるのではないでしょうか。

 

自転車持ち込みに関するサービスには、新たな客層を獲得できる可能性があります。今回紹介した事例を参考に、サービスの充実を検討してみてはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る