採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職を考える時期はいつ頃がベスト?状況別の転職ベストタイミングをご紹介!

すぐに転職をしたいという方、戦略的に転職を検討している方など、転職には人それぞれの考えがあります。そのため、転職にベストな時期は人それぞれです。ただし、状況によりおすすめな転職時期は存在します。転職目的・転職市場・年代別で見た転職のベストタイミングをご紹介しますので、ご自身の状況と照らし合わせながら転職の参考にしてみてください。ホテル・旅館の転職のベストタイミングもあわせてご紹介します。

転職を考える時期は人それぞれ

iStock.com/Rawpixel

 

転職経験が少ない方であれば、転職はいつ頃から考え出せば良いのか、またいつ頃から動き出すのがベストなのかがわからないということもあるはずです。

 

転職理由や転職時期は人によってそれぞれなので、一概にこれが正解と結論づけることはできませんが、しっかりと計画を立てたうえで転職を行えば、きっと転職は成功確率は上がるでしょう。

 

転職活動にかかる期間をはじめ、転職にベストな時期を「転職目的別」、「転職市場別」、「年代別」の3つのパターンでご紹介します。

 

ぜひご自身の状況と組み合わせながら、転職のベストタイミングを掴んでください。

 

転職を決意した人は入社時期から逆計算で考えよう!

iStock.com/howtogoto

 

転職を決心した方が転職時期を考えるにあたって重要なのは、現職を退職するタイミングと、転職活動にかかる期間、居住地が変わる転職であれば、引っ越しの時期などでしょう。

 

ゴールから逆算をすれば、自ずと転職にベストな時期が見えてきます。転職時期を考えるにあたって、押さえておくポイントをご紹介します。

 

一般的な退職スケジュール

  • ・退職の意思表示
  • ・退職願の提出
  • ・退職日の決定
  • ・業務の引き継ぎ
  • ・社内外への挨拶
  • ・貸与物の整理・返却
  • ・最終出社
  • ・(残有給休暇の利用)
  • ・退職後の書類受理

 

上記は、一般的な退職スケジュールです。

 

多くの企業で、最低1カ月前に退職の申し出を行わなければならないという規定が設けられているはずですので、退職は最低でも1カ月の期間を見ておくのが良いでしょう。中には、3カ月前に退職の意思表示が必要という企業もありますので、注意してくださいね。

 

また、業務の引き継ぎに時間がかかるという方や、消化していない有給休暇が多くあるという方もいることでしょう。このような場合は、ご自身の状況にあわせ、退職日から最終出社日を逆算をするようにしてください。

 

転職活動の目安は3~6カ月

転職活動にかかる期間の目安は、3~6カ月とされています。

 

多くの方が、転職活動を在職中に行おうと考えているはずです。在職中であれば、内定が出た後に退職の意思表示を行うのか、新たな生活を開始する時期を確定させ、逆算的に退職の意思表示をするのかを考える必要があります。

 

また、雇用保険を支払っていたのであれば、失業手当の需給期間も考慮し、転職活動期間を設定しても良いでしょう。

 

転職活動は、在職中に行う場合・退職後に行う場合のそれぞれにメリット・デメリットがあります。自身の貯蓄や、再就職目標時期などを鑑み、転職の計画を立ててくださいね。

 

1年の中でのベストタイミングは?

1年の中で、転職市場が最も活発になる月は、3月・9月となっています。これは期の変わり目であることが大きな要因でしょう。

 

ただし、中途採用と新卒採用の性質には大きな違いがあります。中途採用の場合、企業はこの時期に合わせ大々的に採用活動を行っているという訳では無く、あくまで「欠員の補充」のために採用活動せざるを得ない状況に立たされているということを忘れてはなりません。

 

企業が中途の採用活動を行うタイミングは、欠員補充のほか、事業拡大のための人材確保が主たるものです。そのため、採用活動は通年で行われます。市場の動きを見ることも大切ですが、「転職をしたい」と思ったその時が、転職にベストなタイミングとも言えるでしょう。

 

転職を考える時期:転職目的別

iStock.com/peshkov

 

前項まででは、「必ず転職をする!」と決意した方がベストな転職時期を検討するために考慮すべき点をご紹介しましたが、近い未来ではないものの「いつかは転職しようかな」という形で転職を検討しているという方も中にはいることでしょう。

 

ここからは、少し遠い未来で転職を検討している方に向けて、転職を考える時期を状況別にご紹介します。まずは「転職目的別」の転職のベストタイミングをみていきましょう。

 

スキルアップが目的の場合

今の職場ではスキルアップに時間がかかる、もっと他のスキルも身に付けたい、というような意向から転職を検討している方であれば、転職は早いタイミングで行った方が良いと言えます。

 

現職での成長速度に疑問を感じるのであれば、ただ居続けるのは最適な判断とは言えません。まだまだプレイヤーとして成長を続けたいというのであればポテンシャル採用も積極的に行われている今、ぜひ転職を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

 

転職を本格的に検討するのであれば、プレイヤーとしてある程度実績を残した後が転職のベストタイミングと言えます。資格の挑戦中、ということであれば資格を取得した後の方が、転職活動も有利に運ぶことでしょう。

 

キャリアアップが目的の場合

管理職につくなど、キャリアアップを目的に転職を検討しているという方であれば、すぐの転職はおすすめしません。現職での経験を積んだうえで転職を行う方がスムーズでしょう。

 

それなりのスキルがあれば、転職活動でも認められることもありますが、経験のある転職者と無い転職者では、前者が有利となるのは目に見えています。ですので、まずは自社でのキャリアアップを目指すことをおすすめします。

 

プロジェクトを任されている、というような方であれば、成し遂げた後の方がキャリアアップをしやすくなるはずです。

 

キャリアチェンジが目的の場合

他の仕事をしてみたい、という理由から転職を検討しているという方の転職のベストタイミングは、意思が揺らがない状態になった段階からなるべく早く転職活動を行うということです。

 

キャリアチェンジは、年齢を重ねるごとに難しくなります。20代・30代などであれば未経験者歓迎の求人を多く見つけることができますので、売り手市場であるタイミングですぐに行動に移すのが良いでしょう。

 

40代・50代であれば、現職でこれまでの経験を活かすことができる部署に異動することで、キャリアチェンジの夢が叶う場合もあります。異動が難しいようであれば他企業へ転職をするのも良いですが、険しい道であることは覚悟しておきましょう。

 

転職活動を進め、市場価値や転職難易度を見極めてみるのも良いかもしれません。

 

ライフステージの変化を考えた場合

結婚・出産・住宅購入・養育費増などのライフステージの変化を見越し、転職を検討しているという方であれば、3年後・5年後・10年後までを考え転職を検討すべきです。

 

育児休暇は、入社1年未満は取得不可能という企業も多くあります。中には、形だけの育児休暇制度が設けられているという企業もあるようです。また、住宅ローンであれば、勤続年数を申し込み条件としている金融機関も多く存在します。

 

現職の労働条件や制度、将来発生する支出にかかる各機関の加入条件などを考慮したうえでライフプランを立て、ご自身の転職にベストなタイミングを見つけてから動き出すようにしてくださいね。

 

転職を考える時期:転職市場別

iStock.com/Petar-Chernaev

 

転職の目的別に、転職にベストな時期をご紹介しましたが、転職市場にあわせて動きを考えることも重要です。「転職市場別」に見た、転職のベストタイミングをみていきましょう。

 

現職の経験が短い場合

現職の経験が短いという方は、その期間・年齢・転職先によって転職のベストタイミングが異なってきます。

 

新卒で入社後、1年に満たないまま転職を検討しているという方がいれば、まずは1年間働くことをおすすめします。1年未満での退職は、企業よりも本人に問題があると応募先企業に捉えられてしまう可能性が高いためです。

 

また、年齢が上がるにつれ、親の介護など、致し方が無い問題から転職をせざるを得ない状況に立たされるという方もいるはずです。そのような理由があれば、早期退職も妥当と捉えられるはずですので、現職の経験歴をそこまで深く考える必要はないでしょう。

 

勤務年数が短くとも、退職理由に筋が通っているのであればあまり気にする必要はありません。ただし、転職回数が多い方であれば、早期退職は悪印象に繋がるということを把握したうえで、転職を検討してください。

 

同業種転職の場合

同業種の転職の場合、スキルに自信があればぜひ積極的に転職活動を行ってください。現職のプロジェクトをやり切ったら、1年間目標達成率100%を維持できたら、など現職で何かしら達成ができた後に、区切りとして転職するのが良いでしょう。

 

スキルに自信が無いという方であれば、自身の市場価値を見直したうえで転職をすべきかの判断をする方が無難です。自分自身がスキルが無いと思い込んでいるだけなのか、逆に本当に外に出てスキルが無いと判断されるのかは、周りと比較しなければわかりません。

 

他企業の同職の方の意見を聞いてみたり、転職アドバイザーに意見を求めてみる、などを行えば、自身のスキルがどれほどかを把握することもできますので、確認したうえで本格的な転職を検討するのが良いかもしれません。

 

異業種転職の場合

前項「キャリアチェンジ」は全く別の職に就くという意味合いでご紹介しましたが、ここでの「異業種転職」は、職種自体は同じで業界は別というものとしてご紹介を進めていきますね。

 

異業種転職を検討している方の転職にベストな時期は、目指す業界の繁忙期を避けたタイミングであればいつでも構いません。キャリアチェンジよりも異業種転職の方が、転職の難易度は低い傾向にあります。

 

どの業界でも、多くの企業が優秀な人材を求めており、スキルが携わっているのであれば業界内の経験はそこまで重要視しないというのが、現在の転職市場です。

 

ただし、一部の業界では業界の経験歴がものを言うこともあるようですので、ご自身で見極めながらぜひ前向きに転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

転職を考える時期:年代別

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

 

最後に、転職の最適な時期を「年代別」にご紹介します。「転職目的」、「転職市場」と組み合わせて考えれば、よりご自身にベストな転職タイミングを見極めることができるはずです。

 

20代

20代前半が企業から求められるのは、ビジネスマナーなどの基礎力、20代後半であれば即戦力としてのプレイヤースキルであるということは多いはずです。自身にその力が携わっているかどうかで転職のベストタイミングは変わってきます。

 

ただ、経験が浅くとも上昇志向を持つ方であれば転職は成功することも多いため、やりたいことや目指したいものが明確であれば、早めに転職を決断しても良いかもしれません。

 

30代

企業が30代前半に求めているのは、プレイヤースキルに加え、リーダーシップなどです。管理職経験があれば転職はいくらか容易になることでしょう。

 

30代後半であれば、企業からそれなりのスキルやマネジメント力が求められます。また、キャリアチェンジが難しくなり出すのもこの年齢からです。

 

経験値が浅ければ転職は難航しますので、自身が他企業でも即戦力として受け入れてもらえるほどの市場価値があるかどうかを考え、転職のタイミングを見計らって動くことをおすすめします。

 

40代

40代の転職に最適な時期は、ご自身のライフプランと照らし合わせながら考えるのが得策です。「思い立ったらすぐに転職を!」と言う話が通るのは、30代前半までと考えた方が良いでしょう。

 

20代・30代と比較し、転職がさらに難しくなるのが40代です。それは、考えが凝り固まってきた40代よりも、スキルと柔軟性を併せ持つ30代の方が、転職市場で価値があるためです。

 

仕事と家庭、経済状況、体力や健康状態などを考慮したうえで、優先順位を付けながら、転職は慎重に検討をするようにしてくださいね。

 

また、一念発起し転職を決断するのは悪いことではありませんが、すぐの転職ができない、現在よりも労働条件が下がるというリスクもありますので、転職活動は在職中に行うようにしましょう。

 

50代以上

50代以上の転職は、役員クラスなどで他企業に知見を広めるというようなスキルが無い限り、転職は難しいでしょう。50代以上・正社員ともなると、企業は採用するメリットよりもリスクの方が高まるためです。

 

仮に転職を強く願うのであれば、家庭を鑑みたうえで、すぐにでも動き出した方が良いでしょう。年齢を重ねるほど転職は難しくなります。ただし、40代同様、退職してから転職するというのは危険すぎますので、同時並行で行うようにしてください。

 

また、起業をする、個人事業主となるなど、新たな道を築き上げるのも一つの手です。

 

ホテル・旅館への転職を考えるベストな時期は?

iStock.com/ekash

 

ホテル・旅館は、インバウンド需要の高まりや、早期離職者が多いということも相まって、どの時期でも人材を求めている傾向が強い業界です。

 

活躍できる年代も幅広いため、一流の接客技術を身に付けたいという方にとってはこれ以上にない業界と言っても過言では無いでしょう。

 

通年、積極採用を行う企業が多い宿泊業界の転職のベストタイミングは、繁忙期以外です。

 

長期休暇や年末年始などのタイミングは、どのホテル・旅館も予約が増えるため、採用活動を進めるのはなかなか難しいようです。よって、閑散期とされるゴールデンウィーク後の5月中旬~夏休み前の7月前半、お正月後の1月中旬から2月が、転職のベストタイミングと言えます。

 

転職時期を入念に考えることはスムーズな転職を可能にする!

iStock.com/Eva-Katalin

 

転職は、その方の年齢やポジション、ライフステージ、抱えている業務などにより最適な時期が異なります。そのため、全ての方に共通したベストタイミングというのは存在しません。

 

ご自身が何のために転職を行うのかという軸を中心に、ライフプランを設計することができれば、自然と転職の時期は定まるはずです。転職市場や自身の市場価値と相談しながら、ぜひご自身に最適な転職のタイミングを見つけ、スムーズな転職を目指してくださいね。

 

ホテル・旅館などの宿泊業界への転職であれば、当サイト「おもてなしHR」の求人情報を眺めるのも良いでしょう。アドバイザーへの相談もできますので、ご自身の市場価値を確かめたいというような場合でも、ぜひ気軽に利用をしてみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事