採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職で失敗しない会社の選び方!転職先を選ぶポイントを理解しよう

転職は、今よりも良い条件や環境で働きたい・もっと自分に合った仕事をしたいと思ってするものですよね。しかし、希望を抱いて転職しても、転職先の選び方が間違っているとさらに状況が悪くなる恐れがあります。失敗を避け、満足できる転職をするためにはどのような会社の選び方をすれば良いのでしょうか。転職先を選ぶポイントについて解説します。

転職先の会社はどう選ぶ?

ビジョン

tamayura39- stock.adobe.com

 

転職を考えている人は、今の会社に不満があったり、今の環境ではできないことをやりたいと考えているはずですよね。不満を解消し、希望を叶えるようと思って転職しても、転職先の選び方を間違えると返って状況が悪くなる恐れがあります。

 

どのような転職先の選び方をすれば失敗を避けることができるのでしょうか。転職先の企業を選ぶ際のポイントをチェックしていきましょう。

なぜ転職したいのか明確にすることが会社選びの第一歩

転職先の選び方には「これが正解」というものはありません。大切なのは、本人が転職したい!と思った原因に適した選び方をすることです。

 

転職を検討する理由は人それぞれです、一般的に多いのは以下のような理由です。

 

  • ・事業内容や担当業務
  • ・人間関係の悩み
  • ・待遇面の不満
  • ・会社環境の不満

 

自分にとって何が重要のかを把握し、突き詰めて原因を考えましょう。

転職先の会社を選ぶポイントとは?

面接

Molostock – stock.adobe.com

 

自分が転職先選びで重視するべきことが分かったら、応募先候補の企業ではそれが具体的にどうなっているのかを調べましょう。転職に満足するか・後悔するかは集めた情報の量によって決まると言っても過言ではありません。

 

転職理由別の情報の集め方を見ていきましょう。

事業内容や担当業務

現在の勤務先の業務内容や、自分の担当業務にやりがいを感じなくて転職を考えているという場合は、転職先での仕事に本当にやりがいを持って取り組めるかどうか、という点が重要です。

 

求人票や会社の採用ページに書かれている内容が「自分にピッタリだ!」と感じても、実際の業務内容は思い描いたイメージと違うことは多々あるでしょう。

 

想像だけで選ばずに、誰に何を売って利益を出しているのか・担当業務の具体的なフローはどうなっているのか、KPI(重要経営指標・重要業績指標)の詳細などを面接で聞いて判断しましょう。

 

また、経営者の考え方に共感できるかどうかも重要ポイントです。最終面接などで経営者と直接話をする機会があれば、経営者の人物像を注意深く観察しましょう。

人間関係の悩み

人間関係の悩みで転職を考える人は多いですよね。しかし、転職したからといって悩みが解消されるとは限りません。

 

例えば「同僚のAさんとの連携が取れない」といった悩みは、Aさんが居ない環境に行けば解消するかのように見えますが、転職先にも連携が取れない人が居るかもしれません。

 

また、Aさんの人格の問題ではなく、会社の体制に問題があったり、自分の性質とやり方が合わなかったということが原因の可能性もありますよね。

 

人間関係は企業の業績や収入などと違って、明確に計れるものではないのが難しいところです。やはり、なるべく多くの情報を集めることが得策と言えます。

 

口コミサイトで人間関係に関する投稿を調べたり、会社見学や転職イベントで社風を肌で感じてみましょう。社員同士の連携の取り方を、面接で質問するのも良いですね。

待遇面の不満

待遇面に不満を持っている人は、年収が現在よりも高い企業に惹きつけられますよね。また、きちんと評価されていないと感じていれば、評価による昇給制度の整った企業が良いと思うでしょう。

 

しかし、残業が異常に多かったり、昇給があると言ってもわずかな金額であることが考えられます。

 

求人票は、人材を集めるための広告であり、企業の良いところをアピールする内容になっています。書いていることに嘘・偽りは無くても、働き始めてから期待外れということはあり得ます。

 

求人票を読んだだけでは、分からないことの方が多いのです。入社後にがっかりすることが無いように、実際の残業時間や昇給の条件・金額を面接などで確認しましょう。

会社環境の不満

駅から遠い、建物が古いなどのちょっとした不満も、毎日のことだと大きな負担になりますよね。今よりも良い環境の会社で働きたい!という人は応募する前に最寄り駅から歩いて行ってみたり、建物の外観をチェックしましょう。

 

できれば雨の日を選んで道路が泥だらけになっていないか、行く手を塞ぐほどの水たまりが無いかといったことも見ておくと良いですね。

 

また、面接や会社説明会で訪問する際は、トイレや食堂などが清潔かどうかを可能な範囲で確認しましょう。

転職先選びの情報収集には転職エージェントを活用しよう

ホテル

Prostock-studio – stock.adobe.com

 

転職先を選ぶ時はより多くの情報を集めることが重要であると解説しましたが、実際にはそう簡単なことではありません。特に残業時間や昇給の条件といったことを、採用担当者に直接質問するのはハードルが高いですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントは、多くの企業の情報を持っています。

 

企業の採用担当者には聞きにくいことでも、転職エージェントを通して確認することができるので、疑問をクリアにして応募先を選ぶことができるでしょう。

 

転職エージェントに登録したからといって、必ずしも転職しなければならないというわけでは無いので、情報収集のひとつの手段だと思って気軽に登録してみましょう。

 

ホテル・旅館への転職であれば、転職エージェントはおもてなしHRがぴったりです。宿泊業界は各企業ごとに独自の文化や評価制度があることが多いので、情報収集は特に重要です。

 

おもてなしHRは宿泊業界に特化した転職エージェント。宿泊業界に精通した専任スタッフが、応募から入社まで全力でサポートしますので、ぜひご活用ください!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事