採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職の悩み相談は誰にすべき?転職の悩み相談で注意するポイントを解説!

転職には「悩み」が付き物です。宿泊業界のみならず、転職活動への不安や心配から、誰かに相談したいという転職希望者は多いはず。しかし、転職の悩み相談は注意しなければ、大きな落とし穴に落ちてしまうことになります。転職の悩みを相談する際、気を付けるべき点をご紹介します。

転職の悩みは相談する相手を見極めるべき?

polkadot – stock.adobe.com

 

転職の悩みを抱えているのは、あなただけではありません。

 

給料や労働時間、仕事のやりがい、職場の人間関係に対するものなど、悩みは人それぞれです。転職に関する悩みや不安を抱えきれなくなったときは、すぐ人に相談をするほうが賢明でしょう。

 

しかし、転職の悩みを相談する相手はよく見極める必要があります。特に、会社の同僚や上司への相談は注意したほうが良いかもしれません。

 

同僚に相談すると、たしかに自分の気持ちをよく理解してくれる点が大きなメリットになりやすいでしょう。信頼できる同僚や上司であれば、有益なアドバイスも期待できますね。

 

ですが、相談相手を選ばなければ、職場内での自分の評価が下がってしまうことも考えられるのです。同僚が転職しようとしていることを他の人に漏らしてしまうと、あっという間に拡散されます。

 

一度、転職の話が漏れてしまうと、仕事がやりにくくなることもあるようです。残業時間を増やして転職活動を邪魔されたり、退職しづらい環境にされてしまうなどの嫌がらせをされるケースも生じています。

 

だからこそ、相談する相手はよく見極めることが重要なのです。

 

転職の悩みは一人で抱えないほうが吉!

kues1 – stock.adobe.com

 

転職活動への悩みを気軽に話さないほうがいい、となると、一人で抱え込んでしまいがちですが、決してそうはならないようにしましょう。

 

人に悩みを相談すると、転職への情報を集めることもできます。また、客観的な意見をもらえるので、冷静に「転職」というものを考えることもできるのです。

 

実際に自分に役立つ情報を得るには、あなたが気負わずに自分自身のことを話せる人に相談することが前提条件となります。

 

あなたの将来のことを考えて発言したり、古い習慣にとらわれず幅広い知見で柔軟にものを考えられる人は、転職の相談相手にはピッタリです。

 

よりよい転職活動につなげられるよう、相談相手はしっかりと選びましょう。

 

転職の悩みを相談する前に準備しておくポイント

takasu – stock.adobe.com

 

転職の悩みを相談するにも、ある程度の準備が必要です。転職に対して自分の思っていることを整理すれば、相談に乗る側も時間を無駄にせずに済みますよね。ポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「やりたくないこと」を明確にする

 

転職するとなると、いまの会社にどこか不満を持って退職をすることが多いのではないでしょうか。

 

転職に対する気持ちや現状を整理することはとても重要です。特に「やりたくないこと」を明確にしておくと、その後の求人探しに役立ちます。

 

たとえば、「ノルマがある仕事はNG」「女性/男性だけの職場はNG」など、具体的にしておくと良いでしょう。

 

優先順位を決める

 

転職の悩み相談をする前に、仕事内容や収入面などの優先順位を決めましょう。

 

たとえば、持っているスキルと経験が求人に伴わなければ、転職は次々と失敗してしまう確率が高まります。また、収入が下がってでも、仕事内容や職場環境が充実しているほうを優先するのかによって、転職希望先も異なるのです。

 

優先順位を決められないと、転職の悩み相談をしても、結局は会社への文句で終わってしまうので注意してください。

 

できるだけ興味のある企業を見つけておく

 

転職の悩み相談をする時点では、興味のある企業に目星を付けておいたほうが良いでしょう。

 

そうは言われても、いきなり希望に合った求人が見つかるわけではありませんよね。まずは「なんとなく良さそう」という直感で良いのです。

 

運が良ければ、その企業や転職活動に対してアドバイスをもらえるかもしれません。

 

転職の悩みを相談しやすい相手とは?

taka – stock.adobe.com

 

転職の悩みを相談する相手はきちんと見極めなければなりません。転職の悩み相談に特化した相手がおりますので、いくつかご紹介します。

 

ハローワーク

 

ハローワークは公共職業安定所という行政機関です。

 

無料で求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接の対策など、転職に関わる相談も広く受け付けています。

 

しかし、ビジネスではないので、担当者の質に大きなムラが生じてしまうリスクもあります。

 

公的な転職相談サービス

 

公的な転職相談サービスといえば、厚生労働省や全国職業相談センターなどが挙げられます。

 

求人の紹介はなく、転職相談のみとなっています。

 

有料の転職支援サービス

 

有料の転職支援サービスでは、求人を紹介せず、有料で転職希望者から悩みを聞きアドバイスしています。

 

「どんな自分でありたいか」「将来的にどんなことを成し遂げたいのか」など、自己分析に協力してくれるのです。

 

また、「そもそも転職は必要なのか」というところまで掘り下げてもらえます。転職のプロから客観的なアドバイスが聞けることも魅力かもしれませんね。

 

会社に関りのない友人

 

社外の友人に相談すると、比較的にフラットな目線でアドバイスをくれることもあります。

 

さらに、別の会社や業績の事情が聞けるので、転職に関しても視野が広がるでしょう。

 

転職エージェント

 

思い切って転職エージェントに悩みを相談することもおすすめです。

 

転職エージェントは人材紹介会社のような民間企業に所属しており、無料で転職相談をすることができます。

 

それぞれの業界や分野に特化しているだけでなく、転職市場を十分に心得ているので、有益なアドバイスをもらえることにもつながります。

 

転職の悩み相談も転職エージェントを利用したほうがいい!

naka – stock.adobe.com

 

転職の悩み相談をする際には、転職エージェントのご活用を推奨します。

 

転職への悩みを相談できるだけでなく、自分に合ったアドバイスももらえますし、面接対策をしてもらうことができます。

 

さらにエージェントが自分のことを、転職希望先にアピールしてくれるので、転職活動も有利に進めることが可能です。

 

宿泊業界への転職をご希望の方は、自社サービス「おもてなしHR」もぜひご活用ください。宿泊業界の転職事情を熟知したアドバイザーがあなたの悩みを丁寧に聞いたうえで、内定されるまでを徹底サポートいたします。

 

まずは、あなたのご相談をお待ちしております。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事