採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

40代の転職のきっかけは何が多い?40代の転職を成功させるコツを紹介!

40代の転職は難航を極めるため、転職をするにはそれなりの覚悟が必要です。しかし、人生100年時代と叫ばれる今、きっかけがあるのであれば転職を志すのは悪いことではありません。実際に40代で転職した方々の転職のきっかけや、40代の転職動向・転職市場を見て、転職を検討するのも良いでしょう。40代の宿泊業従事者の転職成功の鍵とあわせ、40代の転職にまつわる情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

40代の転職のきっかけはどんなものがある?

iStock.com/nullplus

 

転職は、年齢を重ねるごとに難易度が上がっていくものです。

 

しかし、家庭のことを真っ先に考えてがむしゃらに働いていた30代の頃から子供が成長したことで、改めて自身の人生を振り返り、転職という選択肢が上がったという方もいることでしょう。

 

中でも40代以上であれば、相当な覚悟を持って転職に臨まなくてはと考えている方も多いはずですが、転職に成功している方はもちろん存在します。

 

では、40代で転職を決意した方々はどのようなきっかけから、転職の道を選んだのでしょうか。40代の転職のきっかけや、40代の転職動向・転職市場、40代で転職を成功させるために必要なポイントなどをご紹介しますので、ぜひ転職の判断材料にしてください。

 

40代の転職のきっかけ・転職理由

iStock.com/shapecharge

 

40代で転職をした方が、どのようなきっかけから転職を決意したのかをみていきましょう。

 

労働条件が悪かったから

40代であれば、それなりの役職やポジションを与えられているという方も多いはずですが、責任が年々上がる中で、見合った給与がもらえていないと感じる方もいるようです。

 

子供に手がかからなくなってきたということはつまり、高校・大学進学など、子供の教育費が上がることと同義です。そのため、今のうちに労働条件を良くしたいと考え、転職を決意するという方もいました。

 

会社の経営方針や将来に不安を感じたから

40代であれば、会社の経営状況にも敏感になる年代でしょう。中には、「自身が経営者なら」という考えを持ちながら、日々業務をこなしているという方もいるかもしれません。

 

俯瞰して自社の評価ができるようになれば、若いうちには見えなかった会社のボロに目がいったり、経営層が変わったことで方向性にブレを感じ、経営を心配するということもあるはずです。

 

いつまでも不安な気持ちを抱き続けるぐらいならば、いっそ別の企業で働こうという思いから、転職を決心したという話もあるようです。

 

自分や家族の健康を考えた結果

働き盛りの30代で、健康を崩しながらも働いてきたという方であれば、「このままでは身が持たない」という感覚を受け、転職を決意するという方もいるようです。

 

また、親の介護が必要になったことで、Uターンをしなければならなくなったという方も多いようです。

 

働き方に対する考えが変わったから

地元に帰り家業を継ぐことにした、起業しようと思った、安定企業では刺激が足りないなど、自身の「労働」に対する意識の変化により、転職を決意した方もいます。

 

地元に貢献したいと考えることが増えるのも、ミドル世代の特徴でしょう。

 

会社都合の早期退職

企業によっては、40代のうちでも早期退職を促されるということがあるようです。

 

社内の評価が高くとも、事業転換・人員の再構成などのタイミングで通達を受けたり、大手企業の中には40歳以上・45歳以上と対象を定め、早期退職(希望退職)を募集するというケースも増えてきました。

 

いずれにせよ、人手不足が嘆かれる昨今でも、会社都合の早期退職は存在し、それに伴い退職・転職を余儀なくされるということもあるようです。

 

40代の転職動向・転職市場

iStock.com/itakayuki

 

40代は、自身・企業・社会の繋がりなどを考えたうえで転職を決意する方が多いようですが、転職動向・転職市場はどのような動きをみせているのでしょうか。40代の転職動向・転職市場をご紹介します。

 

20代・30代と比較し転職難易度は数段上がる

40代の転職者を受け入れるよりも、ある程度の経験値と柔軟性を持ち合わせている30代を受け入れたいという考えに辿り着くのは自然なことです。自身が企業の経営者の立場で考えれば、その答えは明確でしょう。

 

冒頭でも述べた通り、20代・30代に比べて転職の難易度は数段上がると考えておいて損はありません。

 

ここ5年は求人数が増えている

「40代の転職は難易度が上がる」とご紹介しましたが、昨今の企業の人手不足を背景に、40代の転職市場も活性化しつつあります。

 

大手求人サイトの求人動向を調査している企業の調べによると、40代募集の求人、2015年から右肩上がりで増加しているとのことでした。転職を成功させている方がここ5年で確実に増えていますので、転職を決意するのは今かもしれません。

 

求められているのはマネジメント力と知識

言わずもがなですが、企業が40代の転職者に求めていることは、高いマネジメント力と豊富な知識です。経営層や、部長、マネージャークラスの求人が当たり前ですので、現職である程度のポジションに就いていなければ、ハイクラスへの転職は難しいでしょう。

 

ただし女性であれば、子育てが落ち着き、キャリア復帰を決め再就職を考えているという方もいるでしょうから、一概に全ての方にマネジメント力や知識が求められているとは限りません。

 

ですが、役職などがなければ、同職種での転職や、転職でアルバイトになるということも大いに考えられますので、それなりの覚悟が必要です。

 

40代の転職を成功させるコツ

iStock.com/Sam-Edwards

 

40代の転職を成功させるには、どのようなコツがあるのかをみていきましょう。

 

転職理由を明確にし慎重に判断をする

まずは、転職理由を明確にしてください。40代であれば、20代のように「なんとなく」で転職を決意するというのはリスクが高すぎます。

 

負を抱いているのであれば、現職でその負を解消できないのかを真っ先に考えるべきです。考え抜いたうえで、転職しなければ叶えることができないということがわかってはじめて、転職を考えるようにしてください。

 

転職をすることを決意したら、転職先に求めることを整理しておきましょう。転職先に求めることと、応募企業の要件が合うかを照らし合わせながら、転職活動は慎重に行ってくださいね。

 

複数の転職サービスを利用する

現代の40代は、以前の40代と比べても考え方が柔軟な方が増えた印象がありますが、間違っても転職活動を「ハローワークのみ」、「1つの転職サイトのみ」などというように限定しないようにしてください。

 

再三述べているように、40代の転職は難しいものです。どこか1カ所に頼り切った転職活動では、思ったような成果が上げられません。

 

最低でも2~3つの転職支援サービスを利用し、気になる求人に目を通したり、転職支援のアドバイザーから客観的なアドバイスをもらうことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

 

謙虚さを持ち面接に臨む

40代は、これまでに20年近くのキャリアがあるため、仕事面においては「これが正解」のように決めつけてしまう部分も少なからずあるはずです。

 

しかし、転職活動にこの考えはご法度です。企業によって文化は大きく異なるため、転職活動時、その企業文化に馴染むことができないであろうと捉えられた方が内定は遠くなるのは言うまでもないでしょう。

 

面談の際は、自身のキャリアを自慢げに話すのではなく、あくまでも「ゼロからのスタート」という気持ちが伝わるよう、謙虚な姿勢で面接に臨んでくださいね。

 

40代での転職の注意点

iStock.com/kuppa_rock

 

40代で転職をする際には、どのようなことに気を付ければならないのでしょうか。40代での転職の注意点を3つご紹介します。

 

年収や肩書を上げたいという志望動機はNG

特に、労働条件に不満のある方であれば、年収や肩書を上げたいという思いから転職を決意するという方もいることでしょう。しかし、志望動機として年収・肩書アップを話すのはNGです。

 

企業が求めるのは、「企業に貢献してくれる人材」です。企業が提示している給与よりも、貢献をしてくれそうな人材だと企業が判断すれば、自然と給与交渉がなされるはずです。

 

もちろん、自身のスキルに自信があるというのであれば交渉の余地はありますが、志望動機として伝えることは避け、あくまでビジネスキャリアを完成させるための転職という位置づけを忘れずに転職活動を行うようにしましょう。

 

転職が決まるまで退職をしない

「現職に就きながらではまともな転職活動はできない」と先走り、先に退職をしてしまおうかと検討する方も少なからずいるはずですが、これはリスクが大きすぎます。

 

40代の転職は、そう簡単には運びません。転職・再就職ができず、今よりも悪い労働条件のもとで働かなくてはならないという事態も起こりうるのです。

 

40代であれば経験も豊富でしょうから、現職で上手く立ち回りながら転職活動を進めるということもできるはずです。ですので、自身の身を守るためにも、先走って退職をするという考えは持たないようにしてくださいね。

 

転職活動の期間は1年以上を覚悟する

いくら40代の転職が活性化してきたと言えども、難しいことに変わりはありません。

 

ハイクラスの転職であれば、1カ月ほどのトントン拍子で内定が決まるという方もいるようですが、そうでない場合は転職活動が長期化する傾向にあります。

 

20代・30代であれば3カ月以内に転職活動を終えることができたのに、40代では一向に書類選考が受からない・面談で芳しい結果が出ないということもざらにありますので、半年~1年程度の転職活動期間を覚悟しておくのが良いでしょう。

 

器用に転職活動を進めることができない、現職が多忙極まりなく転職活動を進めている暇が無いという方であれば、スカウトサービスでオファーを待つ、転職支援サービスを利用するという手があるということも覚えておいてくださいね。

 

ホテル・旅館の40代従業員の転職成功の鍵は?

iStock.com/Hispanolistic

 

ホテル・旅館などの宿泊業に従事している40代が転職を成功させるには、自身の市場価値を見直すことが重要です。

 

ホテル・旅館一筋で働いてきた方であれば、フロント・ドア・ベル・予約などの様々な経験を積んでいることでしょう。もしかすると、営業や経理を任された経験があるという方もいるかもしれません。

 

同業界の転職では、多くの経験を積んでいるということは強みになります。特にマネージャークラスであれば、より転職を有利に進めることができるでしょう。

 

また、接客と離れた業務を行った経験があるという方は、別業界への転職も夢ではありません。社会的に「宿泊業は過酷な労働環境である」と考えを持つ方も多いでしょうから、宿泊業に従事していたという経験だけでも強みになります。

 

しかし、役職や飛びぬけたスキルが無ければ観光業外での転職は難しいと考えておくのが良いかもしれません。他業界を検討しているという方は、気になる業界へ応募をしたり、転職アドバイザーの話を聞きながら、慎重に転職活動を進めるようにしてくださいね。

 

転職のきっかけがあるなら恐れず40代でも転職活動を!

iStock.com/simonapilolla

 

高齢化が進み、「人生100年時代」を考える方が増えたはずです。人生100年のうちで見れば、40代はちょうど人生の折り返し地点となりますので、きっかけがあるのであれば恐れず転職を志してみるのはいかがでしょうか。

 

ただし、転職の難易度は上がりますので、転職の理由を明確にしたうえで、対企業のアプローチを考え抜いた転職活動を行うようにしてくださいね。

 

ホテル・旅館などの宿泊業であれば、当サイト「おもてなしHR」の転職アドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。第三者に話すことで、自身の考えが整理されるということはよくあることです。

 

求人検索・転職支援サービスは無料ですので、気になる方はぜひご登録をしてみてくださいね。40代の皆さんが素敵な仕事に巡り合えることを、心から応援しています。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事