採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

会社を辞めるきっかけはどんなこと?退職を決意した際に取るべき行動を解説

ある程度社会人生活が長くなれば、誰でも1度や2度くらいは退職を考えたことがありますよね。考えるだけに留まらず、実際に退職の決意を固めた人にはどのようなきっかけがあったのでしょうか。また、会社を辞めると決めたらどのように動くべきなのでしょうか。路頭に迷うことなく、円満に退職する為のポイントを解説します。

退職を決意したら何から始めればいいか?

計画

Vitalii-Vodolazskyi- stock.adobe.com

 

不景気が続いている最中、無暗やたらに退職するのは危険です。しかし、この状況で危険を冒してでも退職に踏み切るきる人はもちろん居ます。どのようなきっかけがあって、勤めている会社を辞める決意を固めるのでしょうか。

 

また、退職の決意が固まったら計画的に行動し、円満に辞めることがの望まれます。退職予定日から逆算し、何をいつ頃やるべきなのか見ていきましょう。

会社を辞める・退職を決意するきっかけで多いものは?

陰口

Monet- stock.adobe.com

 

誰でも多少は不満を抱えているとはいえ、会社勤めの良いところは毎月決まった収入が約束されているというところです。特に今は不安定な時代で、収入口があるだけありがたいと言える世の中ですよね。それでも退職の決意に至るのはなぜでしょうか。

 

会社を辞めるきっかけとして、多い理由を解説します。

入社後のギャップ

自分が思い描いていたイメージと業務の内容が違っていたり、配属の希望が通らず不本意な仕事を担当することになったなど、入社前と入社後のギャップは退職の理由としてよく挙げられます。

 

気持ちを切り替えて続ける人も居ますが、退職を選択する人も少なくありません。

ブラックな労働環境

ブラック労働は日本の企業が抱える深刻な問題です。

 

  • ・過労ラインを超える長時間勤務
  • ・極端に少ない年間休日数
  • ・有給の取得が認められない
  • ・管理職になったら僅かな役職手当が付くだけで負担が激増
  • ・基本給が少なく残業しなければ生活できないレベル
  • ・残業するのに定時でタイムカードを切らされる

 

このように、利益だけを追求して労働者を大事にしているとは思えない企業が少なからず存在しています。働き方改革によって徐々に改善されつつある問題ですが、耐えきれずに退職する人が多いのですね。

人間関係のこじれ

職場の悩みで最も多いと言われているのが、人間関係のこじれです。

 

セクハラ・パワハラなどの目立ちやすいものだけでなく、特定の人にだけお土産のお菓子を配らない・その場に居ない人の陰口を言うといった、直接関与している人でないと分かりにくい問題もあります。

 

表面からは誰とでもそつなく付き合っているように見える人が、突然人間関係を理由に辞めたりするのはそのためでしょう。自分が被害に遭っていなくても「こんなことをする職場は嫌だ!」と思って辞めるパターンもあります。

本人・家族のケガや病気

本人・家族の闘病や介護など、やむを得ない事情で退職せざるを得ないこともあるでしょう。

 

すぐさま退職の道を選ぶ人も居れば法律で定められている介護休業や、就業規則で定められた求職期間を過ぎても状況が変わらずに辞める人も居ます。

やりたいことにチャレンジする

独立や希望の業界への転職・キャリアアップ転職といったきっかけでの退職もあります。ポジティブな理由での退職は強引な引き止めに遭うリスクが少なく、気持ちよく会社を去ることができるでしょう。

 

現状、業務内容や人間関係に何かしらの不満を抱えている人は、ポジティブな退職を目指して視野を広げることから始めてみてはいかがでしょうか。

会社を辞めると決意したらやるべきこと

このご時世、会社を辞めると決意したら当てずっぽうに動いてはいけません。計画を立て、自分にも会社にも不利益が無いように行動しましょう。

 

いつ頃からどのように動けば良いのかは状況によりけりですが、以下の流れを参考にしてください。

転職先を決める

専業主婦/主夫になる・独立するといった理由での退職でなければ、在職中の企業を辞める前に、転職先を見つけるのがベストです。

 

エントリー先を選んだり、応募書類を送ったりとやるべきことが多くライバルも大勢居ると予想されるため順調にいっても3ヵ月程度は掛かると見た方が良いでしょう。

 

まずは求人情報をチェックするなど、簡単にできることから素早く動き始めてください。

辞意を表明する

できれば転職先が決まってから、直属の上司に辞意を表明しましょう。転職先を探している最中、他の企業の労働条件を見て「今の会社に居た方が良いかも」と思う場合があるので、早まって退職宣言をすることはNGです。

 

就業規則で定められた期日を守って伝えましょう。一般的には退職希望日の1~2ヵ月前までに申し出が必要とされています。

引継ぎ・身辺整理を行う

辞意を表明し、退職することが決定したら、引継ぎや身辺整理を行いましょう。引継ぎの内容や抱えている顧客の人数にもよりますが、引継ぎの期間は大体2週間前後が一般的です。

 

「立つ鳥跡を濁さず」と昔から言われるように、引き継ぐべきことは引継ぎ、処分するべきものは処分してきれいに辞めることを心がけて動いてくださいね。

 

晴れて退職日を迎えたら、お世話になった人に挨拶をしてお別れをしましょう。

状況によっては段階を踏まない退職も致し方なし

メンタルヘルス

sewcream- stock.adobe.com

 

円満に退職をするためには計画を立て、就業規則を守って動く必要があります。しかし、労働環境が悪すぎて耐えられない、ケガや病気などで出社ができないといった場合は、段階を踏まずに退職することも致し方ないでしょう。

 

就業規則は可能な限り守りたいものですが、法律では退職希望日の2週間前までに辞意を表明すればOK、やむを得ない事情がある場合は即日退職も可能です。

 

会社に迷惑を掛けずに辞めることも大切ですが、自分の心身を守ることを最優先に考えてくださいね。退職で揉めるようなことがあれば、公的機関に助けを求めましょう。

転職・再就職の相談はおもてなしHRへ

考え中

taka – stock.adobe.com

 

おもてなしHRでは、宿泊業界への就職・転職を希望する人を応援しています。サイトに登録すれば、全国各世にある宿泊施設の非公開求人の閲覧や、応募先の紹介を受けることができます。

 

専任スタッフがしっかりとサポートしますので、就業中の転職先探しにもぴったりなサービスです。接客だけでなく、事務や管理など幅広いセクションの求人を扱っていますので、転職を考え始めたら、まずはおもてなしHRに登録しましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事