採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

中途採用におけるWEBテストの対策方法とは?

中途採用の選考でも、しばしばWEBテストが採用されるようになってきました。宿泊業界でも選考過程でWEBテストを用いている企業があり、書類選考が通ったとしてもWEBテストの結果によって、合否が左右されることもあるのです。転職活動のWEBテストで失敗しないために、対策方法をみていきましょう。

中途採用でなぜWEBテストが導入されているのか

fizkes – stock.adobe.com

 

採用選考の過程で、WEBテストが重要な役割を担っていることをご存じでしょうか。

 

WEBテストを受ける流れとしては、書類選考に通過した応募者が面接前にWEBテストを受けるというケースが多いようです。面接前にWEBテストを取り入れる目的は、応募者の性格や基礎学力を見極めるため取り入れられています。

 

面接だけで、応募者が仕事内容や自社の雰囲気に合った人材かどうか見極めることは、非常に困難です。そのためWEBテストを応募者に受けてもらうことで、採用担当者は面接だけでは見えにくい応募者の隠れた資質や性格を発見しようとしているのです。

 

WEBテストがあるということは、応募先企業があなたとしっかりと向き合おうとしている証拠かもしれませんね。

 

中途採用におけるWEBテストは増えている?

taa22 – stock.adobe.com

 

選考におけるWEBテストは「適性検査」の意味を持っています。

 

適性検査は、WEBテストだけでなく筆記で実施される場合もありますが、近年ではWEBテストを採用する企業が増加しています。

 

適性検査をWEBで行う目的は、応募者が在職中でも転職活動をしやすくするという意味もあります。また、筆記よりもWEBテストを実施したほうが、企業側の手間やコストを省けるという事情もあるようです。

 

しかし、最近では新型コロナウイルスの影響によって、筆記で適性検査を行っていた企業もWEBテストに移行する動きも見られます。

 

今後、適性検査はWEBテストが主流になると考えておいたほうが良いかもしれません。

 

中途採用のWEBテストで企業が重視するものとは?

svetazi – stock.adobe.com

 

WEBテストには「能力検査」と「性格検査」という、2種類の検査方法があります。

 

まず「能力検査」では、一般常識のレベルや基礎学力が見られます。企業が募集した職種に必要な能力があるのか、また企業が求める能力があるのかを重視しています。

 

「性格検査」では、設問に対して【はい】か【いいえ】で答えるものが多く、応募者の性格が浮かび上がらせることができます。

 

中途採用におけるWEBテストの傾向としては、能力検査のみを実施する企業は少ないでしょう。大半はどんな職種であれ、能力検査と性格検査のどちらも行う場合が多いようです。

 

中途採用では、スキルだけが重要視されるだけでなく、職場の雰囲気や部署内の人間関係など企業の社風にマッチするかどうかも大きなポイントになっています。

 

新卒採用では性格検査のみ、という場合もあるようですが、中途採用となると応募先企業に合った適応能力や特性が求められるので、油断しないようにしましょう。

 

中途採用におけるWEBテストの対策方法

hikastock – stock.adobe.com

 

中途採用において「性格検査」や「能力検査」という目的の違いで、対策方法も異なります。どちらのWEBテストにも対策は必要ですので、ひとつずつチェックしていきましょう。

 

性格検査

 

性格検査では、とにかく嘘はつかないようにしましょう。

 

採用の合否を分ける検査だからといって嘘の回答をしても、その嘘がわかるような仕組みがあるので結局バレることになります。

 

また、WEBテストの性格検査で逆算がうまくいったとしても、面接で受け取った印象とWEBテストでの結果に大きなズレがあると「嘘をついている」と面接官に判断されることになるのです。

 

「企業が求める人物像になるには、この回答にしよう」というような逆算は、かえって応募先企業にマイナスの印象を与えてしまいますので、注意してください。

 

能力検査

 

能力検査は性格検査と異なり、回答の【正解】や【不正解】があります。

 

この検査では【正解】の数だけでなく、制限時間内にどれだけ多くの問題に取り組むことができたかということも注目すべきポイントです。

 

作業スピードも能力の一つとして重要視されているので、能力検査を受ける際には事前準備が欠かせません。

 

適性検査を専門とした参考書や参考サイトなどを有効活用し、どのような問題があるのかなど回答例なども確認しておくと良いでしょう。さらに、応募先企業の過去問を解きながら傾向を知り、対策を練ることが求められます。

 

WEBテストを受検する前の心構え

sharaku1216 – stock.adobe.com

 

新卒採用だけでなく、中途採用でもWEBテストを受ける前に必要な心構えがあります。早速みていきましょう。

 

十分な対策をしておく

 

書類審査が通っても、WEBテストで失敗してしまえば面接選考に進むことはできません。

 

企業の採用担当者は少しでも優秀な人材を採用することや、早期退職者などを出さないよう慎重に応募者を見極めようとしています。

 

第一志望の企業であれば、適性検査の対策をしっかり行ったうえで内定を目指しましょう。

 

面接で油断しない

 

書類審査やWEBテストの対策だけに力を入れることは、とてもリスクが高いと言えるでしょう。たしかに、まず書類審査やWEBテストを通過しなければ、意味がありませんよね。

 

しかし、最終的に採用の合否が分けられるのは、面接でみえる応募者の人柄です。書類やWEBテストの対策ばかりしていると、余裕を持って面接の対策ができなくなってしまいます。

 

採用担当者が書類審査とWEBテストで受けた印象と、面接での印象が異なると、マイナスイメージにつながってしまうのです。

 

WEBテストの対策だけに力を入れるのではなく、同時に面接対策も行うようにしてくださいね。バランスよく対策することが重要です。

 

WEBテストを受ける環境を整える

 

WEBテストは自宅で受けるケースが大半を占めます。

 

自宅で受検する場合、特に注意していただきたいのが「環境」です。

 

インターネット環境を整えること以外にも、自分が集中してテストを受けられる環境を整えることも求められます。静かに、心を落ち着けて、リラックスした状態で受検することが望ましいでしょう。

 

中途採用で実施されるWEBテストの目的をよく理解しておこう

panitan – stock.adobe.com

 

当然ですが、新卒採用と中途採用とでは、企業が求めるものは異なります。

 

宿泊業界でも同じことが言えますが、中途採用で求められるものをよく理解し、応募先企業の選考に進むことが大切です。

 

WEBテストの受検は、企業がWEBテストに求めるものを知るだけでも客観的な視点が得られるので、面接の際にも役に立つことがあります。

 

WEBテストを侮らず対策をしっかり行うことが、転職を成功させる近道になるかもしれませんね。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事