採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

面接でブランクの理由や空白期間がある場合の答え方とは?

就職・転職活動で空白期間などのブランクがあった場合、面接官からその期間を詳しく質問されることがあります。ブランクの理由によっては、面接がとても不安に感じてしまいますよね。特に宿泊業界への転職となると、接客などのスキルや経験が重視される分、結果に影響が出てしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。しかし、面接を乗り切るコツを知ってしまえば怖いものはありません。質問への答え方など、具体的なコツをチェックしていきましょう。

ブランクにマイナスな理由があると面接は不利?

taka – stock.adobe.com

 

就職・転職活動においての空白期間やブランクとは、職歴のない期間のことです。アルバイトの面接では必ず聞かれるとは限りませんが、正社員を採用する面接であればその期間についての質問は逃れられません。

 

面接官から空白期間について質問されるとしたら「空白期間は何をして過ごしていたのですか?」と聞かれるでしょう。

 

このような質問については、答え方によって内定をつかむか否かが決まるといっても過言ではありません。

 

特に半年から一年以上の空白期間がある方は、対策をきちんと練ってうまく回答しなければ、面接官に与える印象が悪いものになってしまいます。

 

しかし、裏を返せば、この手の質問にしっかりと対応できれば、空白期間があるからといって不利に働くわけではないのです。実際に空白期間があっても、希望する企業の内定をとった方も多くいます。

 

事前の準備を怠らず、空白期間への答え方をチェックしていきましょう。

 

なぜ面接官は「空白期間は何をしていたのか」について聞くのか

Atstock Productions – stock.adobe.com

 

企業によっては1~3ヵ月のブランクであれば気にしないところも多いようです。しかし、半年以上になってしまうと、空白期間の理由次第では選考に不利に働いてしまうことがあります。

 

半年以上のブランクがあると、面接官の気持ちとしては不安が大きくなってしまいます。「仕事をせずに遊んでばかりいたのか」「仕事をすぐ辞めてしまうのではないか」といった心配があるため、選考では空白期間の理由を尋ねているのです。

 

面接官はブランクの理由を質問することで、応募者に働く意欲があるのか、長期的に働けるのか、などを確認しようとしていると言ってもいいでしょう。

 

とりわけ、中途向けの選考では即戦力が求められています。スキルや経験、応募者を取り巻く環境などの現状を把握しようとしていることもあります。

 

ブランクがあっても採用につながる面接での答え方

paylessimages – stock.adobe.com

 

最初にご説明した通り、ブランクのある方でもコツさえつかめば、面接も難なく進めることができます。早速確認していきましょう。

 

ポジティブな理由は積極的にアピールする

 

長い空白期間のある方のなかには、資格取得や勉強などのために仕事をしていなかったという理由もありますよね。

 

宿泊業界であれば、語学などの勉強でスキルアップのためブランクを作った方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういった前向きな理由がある場合は、全くマイナス要素にはなりませんので、面接では積極的にアピールしましょう。その際は「なんのために」「どんなことをしていたのか」などを明確に伝えるようにしてください。

 

応募職種に関連した資格取得や勉強を行ってきたことは、選考では即戦力として見なされるのです。

 

ブランクを肯定的に説明する

 

特に、就職・転職活動がうまくいかず長引いてしまったため、ブランクができてしまったという方は、その空白期間を肯定的に説明しましょう。

 

ブランクの間に考えたことや自分が大切にしていたこと、仕事を探すために努力したことなど、積極的に行動していた姿勢を伝えるようにしてください。

 

面接官を安心させる

 

病気などの体調不良でやむを得ず退職し、治療のために仕事ができなかった方もいるはずです。

 

ブランクの理由が体調不良だという方は、まずは現在は回復している旨を伝えましょう。通院など、働いていくうえで企業側の配慮が必要な場合は、面接の段階でしっかりと知らせるようにしてください。

 

また、空白期間に趣味や旅行など、自分の好きなことをしていた場合は、その期間を仕事内容と結びつけて理由を述べると良いでしょう。

 

面接官は応募者が「仕事への意欲を持っている」と判断できれば、どんな理由でブランクがあろうとも安心することができます。

 

ただ退職理由やブランクの理由だけを伝えるのではなく、その経験からどのようなことを学んだのかを伝えることが大切です。

 

ニートの空白期間があるときの答え方のポイントとは?

hikastock – stock.adobe.com

 

今まで働く意欲のなかった方が一念発起し就職しようと考えたとき、まずは「面接がうまくいくのか」と心配してしまいますよね。しかし、ポイントを知っていれば、面接もきっとうまくいきます。まずは、ポイントをチェックしていきましょう。

 

嘘をつかない

 

面接で空白期間を問われたら、絶対に嘘はつかないようにしましょう。面接ではニートになった理由を正直に話すべきです。

 

「働きたくなかった」「やりたい仕事がわからなかった」「遊びたかった」「ブラック企業を退職後、働く気が起きなかった」など理由はざまざまでしょう。

 

どんなに理由がネガティブでも、理由を話した後は「正社員としてしっかり働きたい」など前向きな言葉を話すようにしてくださいね。

 

採用後すぐに辞めないことをアピールする

 

面接官が一番懸念していることは、採用後すぐに退職されてしまうことです。企業側は、従業員にすぐに辞められてしまうと、それまでにかかった採用コストが無駄になってしまうことは避けたいと考えています。

 

コストの問題だけでなく、応募者が早期退職をしてしまうと、せっかく応募者を信じて採用した面接官の社内での評価も下がってしまうのです。

 

ですので、ニート期間があるがすぐに退職することはないと面接官に判断してもらえるよう、働く意欲が高いということをアピールすることが必要です。

 

今後の展望を話す

 

面接では必ず今後の展望について話すようにしましょう。

 

ニートの空白期間をどのように反省したのか、今後はどうしていくのかなどを、なるべく具体的に伝えるようにしてください。

 

特に、なぜ応募企業で働きたいのかという熱意を伝えることは非常に重要です。面接官には「この応募者は変わろうと努力しているのだ」と判断してもらうことが重要なのです。

 

面接官に空白期間を聞かれたら自信をもって答えよう

peshkov – stock.adobe.com

 

面接官に空白期間の理由を質問された場合、ポジティブな言葉を使っていても、自信のなさから無意識のうちに声のトーンが落ちてしまうことがあります。

 

面接官に伝えている言葉は良いのに、声のトーンが落ちてしまっては逆効果です。面接官にはマイナスの印象となってしまい、内定が遠のいてしまいます。

 

空白期間は決して人生においてマイナスのポイントではないのです。どんな理由であれ、空白期間でしか発見できなかったものが多くあるはずですし、その間にしかできなかった経験はあなた自身をより強くさせるものに違いありません。

 

ですので、空白期間を面接官に伝えるときは、自信をたっぷりと持ってハツラツとした声で語るようにしましょう。

 

空白期間があっても前向きな姿勢で面接に臨めばOK!

naka – stock.adobe.com

 

ブランクがあると、誰でも面接の場が怖くなることがあります。しかし、どんな理由で空白期間を設けたとしても「この会社でしっかりと働きたい」という意欲を伝えられれば、内定も勝ち取ることができるのです。

 

宿泊業界への就職・転職をご希望の方は、自社サービス「おもてなしHR」のご利用をご検討ください。面接などのご不安な点もアドバイザーがしっかりとサポートいたしますので、安心して就職・転職活動に臨むことができます。まずはお気軽にご相談くださいね。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事