採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む

深刻な旅館の人手不足を解消するにはどうするべきか?

日本全国で数多くの旅館が人手不足に悩んでいますよね。人手が足りずに、本来提供できるはずのサービスが提供できなくなったり、人手不足が原因で廃業になることもあり得ます。一刻も早くこの問題を解決するためには、何をするべきなのか考えていきましょう。

深刻な旅館の人手不足

低い満足度

Tierney- stock.adobe.com

 

宿泊業界は全体的に人手不足ですが、ホテルよりも旅館はさらに深刻な状況です。人手不足で業務を回すことができないため、空きがあっても客室を売り止めする・館内カフェを休業にしなければならないなどの機会損失が、あちこちの旅館で実際に起こっています。

 

また、部屋食の対応ができない・食事の提供が遅れて料理が冷めるといったことで顧客満足度が下がり、事業の存続に極めて重要なリピーターの確保が困難になっている旅館も少なくありません。

旅館の人手不足を解消するには

求人

Satoshi – stock.adobe.com

 

上記のような状況が続けば、人手不足が原因で廃業に追い込まれることもあり得ます。そうなる前に手を打たなければなりませんが、人手不足の解決には何が必要なのでしょうか。

求人情報を充実させる

人材を集めるには、旅館の仕事に興味を持ってもらうことです。ホームページの求人情報や、求人広告は働くイメージがわくように作成しましょう。一日の業務の流れや、セクションごとの業務内容を具体的に掲載すると良いですね。

 

また、寮や賄いがある・温泉入り放題といった旅館ならではのメリットがあれば、ぜひアピールしてください。まずは応募者を増やすことが第一歩です。

効率的な採用活動

旅館は都市部よりも地方に位置する所が多く、中には少子高齢化や過疎化が進んで従業員の確保がさらに困難なこともありますよね。そうした地域では、特に効率の良い採用活動を考えなければなりません。遠方からでも容易に応募できるようにウェブ面接を取り入れる・ミスマッチによる即退職を防ぐため職場見学の実施などを検討しましょう。

 

また、求人広告は掲載するメディアをよく選ぶことが重要です。例えば「おもてなしHR」は宿泊業界に特化した求人支援サービスです。このサービスのサイトに求人広告を掲載すれば、宿泊業界に関心の高い求職者の目に入るため、高い効果が期待できます。

旅館業務の効率化

旅館業務を効率化することで、人手不足よって起きる問題を回避するという方法もあります。ICT化や従業員のマルチタスク化、配置の見直しによって、少人数で職場が回るように工夫するのです。

 

業務効率化の具体的な方法については、以下の記事で解説しています。ぜひ、ご一読ください。

 

ホテルの業務効率化する方法とは?

 

中小企業が業務の効率化を進める方法や考え方とは?

 

RPAがホテル業界を救う?RPAを導入してホテルの業務を効率化!

 

ホテル・旅館のマニュアル作成とメリット・デメリット

離職を防ぐ

新たな人材を確保すると同時に、離職者を減らすことにも注力しましょう。宿泊業界は離職率が非常に高い業界ですよね。仕事量が多く、激務な割には給料が少ないことが多く、よほど仕事が好きな人でないと長続きしにくいのです。

 

離職を防ぐためには、少しずつでも労働環境や待遇を改善していく必要があります。特に、長時間労働や中抜け・通しといった不規則なシフトに耐えられずに辞める人が多いので、そこを重点的に考えましょう。

 

現状がきつくても、徐々に良くなっていく希望が見えれば「頑張ってみるか!」と思えるものです。労働環境改善への取り組みはぜひ、実行する前の段階でも従業員に周知してくださいね。

 

 

旅館の人手不足の解消は人数を揃えるだけでは不十分

高い品質

supachai- stock.adobe.com

 

人手不足は、人数を揃えただけでは根本的な解決にはなりません。大量に採用しても大量に辞めていったり、モチベーションの低い人材が多い。そんな状況では、コストを掛けて採用活動を行う意味がないのです。

 

人手不足解消の最終的な目的は「旅館の業務を円滑にまわす」ということですよね。そのためには、質の高い人材を揃える必要があります。過去に短期間での転職を繰り返していないか、旅館の仕事に将来のビジョンを持っているか、志望動機に説得力があるかをしっかり見極め、気がかりな点があれば面接で確認してクリアにしましょう。

 

また、人手不足で育成に十分な時間を掛けられない場合は経験者の採用を目指しましょう。

宿泊業界に特化した採用支援サービスを活用しよう

そうは言ってもモチベーションの高い求職者や経験者は、早々集まるものではありませんよね。応募者数そのものが少なく、いつまで経っても新たな採用ができない旅館もあるはずです。

 

採用活動が進まず困った時は、採用支援サービスの利用が効率的です。採用支援サービスとは、人材を探す企業と仕事を探す人との縁を結ぶサービスです。それぞれの希望をヒアリングし、適材適所となる人材を紹介してくれます。

 

旅館の採用には前の項目でも紹介した「おもてなしHR」が適しています。宿泊業界に興味のある人を狙った求人広告を掲載するだけでなく、専任スタッフが求職者との間に立ち、採用をサポートします。また、日本全国の地域をカバーするサービスなので、地方の旅館の採用活動にもご活用いただけます。

 

新卒や第二新卒といった若い世代から、ベテラン経験者まで、幅広い層の求職者が登録しています。旅館にマッチする人材が見つかるのでは無いでしょうか。

旅館の人手不足解消をおもてなしHRがサポートします

サポート

New-Africa- stock.adobe.com

 

旅館の人手不足を解消するには、効果の高い求人広告や業務効率化、採用者の質を高めるなど、さまざまな角度からのアプローチが必要なのですね。現状、人手不足に苦心している旅館の内部だけで全てやるのはとても大変なことでしょう。

 

そこで活用していただきたいのがおもてなしHRの採用支援サービスです。何と言っても宿泊業界に特化していることが、おもてなしHRをおすすめしたい理由です。ぜひ、導入をご検討ください。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事