ベルスタッフの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

「ベルスタッフ(ベルボーイ・ベルガール)」は、別名「ポーター」とも呼ばれ、ホテルへ到着したお客様のお迎えや客室への案内、出発時のお見送りなどを担当するスタッフです。ドアマンやフロントなどと並び、ホテルの印象を左右する大切なポジションであり、お客様とのやりとりの中で広い視野と判断力を身につけることができるお仕事です。

仕事内容

iStock.com/andresr

 

ベルスタッフは、お客様がホテルへ到着し、ドアマンから荷物を引き継いだ後からお見送りのときまで、さまざまな場面でお客様と接することになります。仕事内容は主に4つにわけられます。

荷物の運搬や保管

ドアマンからお客様の荷物を引き継ぎ、チェックインをすませた後、客室まで荷物を運びます。また、チェックインの際にも客室からロビーへ荷物を運び、出発まで荷物を保管することもあります。荷物の紛失や取り間違えがないよう細心の注意を払う必要があり、ドアマンとのコミュニケーションが重要になります。

客室への案内

チェックインを済ませたお客様を客室へと案内します。客室まで案内する際にはレストランや非常口など、ホテル内の施設を案内することも必要となります。お客様に安心感を与えられる高いコミュニケーション能力や、接客マナーなどが求められます。

客室の説明

お客様を客室へ案内した後、室内の説明を担当するのもベルスタッフのお仕事です。客室の鍵の開け方や、空調や照明の使い方など室内の設備についてお客様にわかりやすく説明する必要があります。あらゆる質問に答えられるよう、ホテル内の設備や機能について熟知しておくことが大切です。

各種案内

ベルスタッフは荷物を運んだりお客様を客室へ案内するだけでなく、タクシーなどの手配や郵便物、宅配便の管理、観光スポットの案内など、業務の内容は多岐にわたります。また、ロビー周辺の管理やお客様対応など、ロビー全体の流れを把握して臨機応変に対応できる広い視野と判断力も必要となります。

 

 

このようにベルスタッフは多くのお客様と接する中で、おもてなしの心やホテル業務の基本を学ぶことができるので、ホテルマンの第一歩として必ず経験しておきたい職種です。ホテルの規模によっては、ドアマンやフロントの業務も行うこともあるので、フロントサービスの業務について幅広く把握しておくことが大切です。

やりがい・面白さ

iStock.com/sarymsakov

「ホテルの顔」としての誇り

ベルスタッフはお客様の最初のお出迎えと案内、最後のお見送りなど「フロントサービス」を担当する、いわば「ホテルの顔」と言うことができます。ベルスタッフの印象がホテルの印象につながると言っても過言ではありません。たくさんのお客様と接する機会が多いため、大変な業務でもありますが、経験ややりがいを得ることができます。

お客様の満足を間近で感じられる喜び

ベルスタッフはお客様に一番近い立場でおもてなしができるので,ホスピタリティをもって接客をすればお客様の満足度もあがり、直接感謝の言葉を聞く機会もあります。お客様の満足を間近で感じられるのは、ベルスタッフならではの喜びです。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/Massimo Merlini

お客様のさまざまな要求に対応できる臨機応変さ

フロントサービスのさまざまな業務を幅広く担っているベルスタッフは、お客様と直接やりとりすることも多いため、さまざまな要求や問い合わせに臨機応変に対応しなければなりません。また、お客様の一番近くでサービスを提供する業務でもあるため、お客様から直接お叱りの言葉などを受けることもあるかもしれません。そのようなときでもおもてなしの心と笑顔を忘れずに対応することで、ホテルへの信頼を取り戻し、リピートにつなげることもできます。

荷物の運び込みなどで求められる体力

ベルスタッフは立っている時間も長く、お客様の荷物を持ち運ぶ業務が中心となるため、体力的にとても大変なこともあります。特にパッケージツアーなどで大勢のお客様が一度にチェックイン、チェックアウトするときは、短い時間で荷物の取り間違えなどがないように荷物を運び入れる必要があるため、体力に加え集中力も求められます。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/andresr

 

ベルスタッフになるために必要な資格はありません。しかし、業務の内容は幅広く、求められるスキルも少なくありません。

 

・マナー(礼儀作法)
・ホスピタリティ
・語学力
・コミュニケーション能力

 

必要なスキルのレベル感はホテルによって異なりますが、マナーやコミュニケーション能力など接客の基本となる部分は、どのホテルでも共通して求められます。必要な資格はないため、ホテル業界で働きたいと思ったときには未経験からでもチャレンジすることができます。お客様とのやりとりはもちろん、ドアマンやフロントとの連携でもコミュニケーション能力が大切になってくるため、営業や接客業などの職業をしていた方は、これまでの経験を活かして働くこともできます。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/XiXinXing

 

ホテルマンとしてのキャリアを積む第一歩として、必ず経験したほうがよいとされるベルスタッフ。ベルスタッフとして働くことで、次のようなことが身につきます。

 

・多様な知識と教養
・質の高い接客スキル
・協調性
・広い視野

 

ベルスタッフとしてさまざまなお客様に接し、他業務のスタッフと連携をとる中で、今まで以上に知識や教養の幅が広がり、接客スキルや協調性なども高まります。フロントサービスの現場を担うことで、ホテル全体の動きやお客様が求めるものなども瞬時に把握でき、視野も広がることでしょう。ベルスタッフの次のステップとしては、フロントサービスの責任者であるベルキャプテンへの昇格や、他の部署への異動など、新しいキャリアステップとなることもあります。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る