9月末退職はいつ言うのがベスト?円満退社につなげるコツを徹底解説

9月末退職に向けて転職活動をしているものの、退職の旨をいつ言うべきか悩んでいませんか?円満退職に結びつけるためには、会社の体制が変わる前や閑散期を狙って申し出るなどの配慮が必要です。当記事では、9月末の退職を言うタイミングやスムーズに退職を迎えるポイントなどをご紹介します。伝えるチャンスを逃さないためにも、ぜひこの記事をヒントにしてみてくださいね。

目次

    求人数が多い9月~の秋口は転職のチャンス!

    求人サイト

    iStock.com/takasuu1

     

    夏の賞与の支給も終わり、さまざまな目的を持って9月末退職を目指して転職活動をしている方も多いのではないでしょうか?
    そのなかには、8月に入っても転職先が決まらなくて焦りを感じている方もいるはずです。

     

    実は企業の採用活動は、 下半期に入る秋口に求人数が増加する傾向があるため、8月〜9月の転職活動は最適の時期と言われています。採用に意欲的な企業とやる気に満ち溢れた求職者が上手くマッチングすれば、9月末退職も夢ではありませんよ。

     

    次の項目では、現職に9月末退職を伝えるベストタイミングについてご説明いたします。

     

    9月末退職を目指したい!いつ言うのがベスト?

    いつを表すブロック

    iStock.com/Seiya-Tabuchi

     

    【できれば8月末まで】転職先を決めてから伝える

    まず、転職活動中の収入を維持するためにも、内定を受けたタイミングで退職の旨を伝えましょう。

     

    法律上では、退職する日の2週間前に退職の意向を伝えれば良いとされていますが、会社の就業規則や引継ぎ対応などを加味すると1カ月前の告知が理想のようです。
    そのため、9月末の退職を目指す方は8月末までに転職先を決めて、現職に退職の意向を伝えなければなりませんね。

     

    稀に、会社を退職してから転職活動をする方も見受けられますが、仕事が決まるまで離職中の空白期間が延びたり、貯金が底をついたりするなどのリスクが生じます。

    スムーズな退職につなげるためにも、8月中に転職先が決まるよう行動しましょう。

    【8月下旬~9月初旬】閑散期などの落ち着いている時期

    退職を伝えるタイミングは、忙しい時期を避けることがマナーとされています。
    ただ、業界によって繁忙期・閑散期は異なるので見極めることが大切です。

     

    この時期なら、お盆休みを過ぎた8月下旬・夏から秋へとシフトし始める9月初旬が閑散期と言われています。
    落ち着いている時期なら、直属の上司と退職交渉をしたり、滞りなく引継ぎをおこなえたりなどいいことづくめ。

     

    ただ、9月初旬に伝える場合、9月末の退職まで日数が限られてしまうので、事前に会社の就業規則を確認しておきましょう。

    【9月初旬まで】人事異動など会社の体制が変わる前

    会社の体制が変わる前に退職を申し出るのも、ベストタイミングと言えるでしょう。

     

    人事通達を出すタイミングは業界によって異なりますが、決算月の翌月に内示を出す傾向があります。
    たとえば、3月が決算月なら4月・9月が決算月なら10月に通達するようです。

     

    ちなみに、異動の対象者には1〜2カ月前に伝えることもあれば、内示の内容によっては1週間前に伝えられることもあるようですよ。そのため、早くて8月末・遅くても9月初旬までには退職の意向を伝えましょう。

     

    逆に、人事異動や昇格した後のタイミングで退職を伝えてしまうと、大きなトラブルの原因となるので避けてくださいね。

     

    ▼その他、退職の意思を切り出す・避けるべきタイミングについてはこちら

     

    9月末退職を迎えるためにできること

    疲労が溜まっている女性

    iStock.com/indigo-making-studio

     

    ここでは、9月末退職を迎えるためにできることを解説します。
    円満退職につながるよう、今からできることから取り組んでみましょう。

    退職までのフローを確認する

    転職先が決まる前の段階から、退職までの流れをチェックしておきましょう。

     

    たとえば、就業規則から退職願の提出方法を調べたり、必要とされる引継ぎ期間を確認したりなどさまざま。
    可能であれば、以前退職した方とコンタクトを取り、どのようなやり取りをしたのか聞ければいいですね。

     

    転職先が決まってから慌てないためにも、前もって必要なフローを把握しておいてくださいね。

    引継ぎスケジュールやマニュアルを作成する

    退職に向けた必要なフローを確認できたら、引継ぎスケジュールやマニュアルを作成しましょう。

     

    引継ぎスケジュールを立てる際は、9月末退職日から逆算した残日数を算出したうえ、詰め込み過ぎない内容を意識することが重要です。その内容を踏まえて、業務の注意点などを含めたマニュアルも作っておくと、困ったときの参考にできるので便利ですね。

     

    退職後、周囲に迷惑を掛けないためにも、引き継いでくれる方にとって分かりやすい資料を意識しましょう。

    転職エージェントの活用を検討する

    ここまで、9月末退職を迎えるためにできることをご紹介しました。
    ただ、肝心な転職先が決まらなければ退職自体できませんよね・・・・・・。

    働きながら転職活動をしたり、退職準備を進めたりなどの負担を軽減するためにも、転職エージェントの利用を検討してみませんか?

     

    転職エージェントとは、専任のキャリアアドバイザーが求職者から希望条件を伺い、企業と入社時期などを交渉したうえで最適な求人を紹介してくれるサービスです。もちろん、9月末退職を申し出るときのコツなども教えてくれますよ。

     

    転職先が決まらなくて、どうしたらいいのか分からない・・・・・・など、求職に関するお悩みがある方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

     

    ▼その他転職エージェントの活用法はこちら


    ▼円満退職法についてはこちら

     

    退職を伝えるタイミングに悩んだら転職エージェントに相談しよう!

    面談をする転職エージェント

    iStock.com/Phawat-Topaisan

     

    9月末退職をいつ言うかどうかは、状況によって異なります。
    8月末までに転職先を決めてから伝えたり、8月下旬〜9月初旬の閑散期を迎えた頃に申し出たり伝えるタイミングをしっかり見極めながら、退職に向けて必要な下調べを怠らないようにしてくださいね。

     

    ただ、「退職したい日は決まっているのに仕事が決まらない」というお悩みをお持ちの方の中で宿泊業に興味がある方は当社サービス「おもてなしHR」をご相談ください!

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る