8月末退職はまだ間に合う!伝えるタイミングとスムーズに辞めるためにできること

さまざまな想いを持って8月末退職を目指しているけど、仕事が決まらずお悩みではありませんか?8月に突入し、月末までのタイムリミットが近づいてきて気持ちに余裕がなくなることも。また、業界によっては繁忙期に入る時期なので、退職を伝えるタイミングも重要です。当記事では、スムーズに8月末退職を迎えるポイントなどを解説します。

目次

    8月末に退職したい!もう間に合わない?

    砂時計で時間をはかる男性

    iStock.com/Ralf-Geithe

     

    人の人生における転機の一つである「退職」。
    退職を意識するきっかけは、スキルアップやあこがれの職種に挑戦したいなど人によってさまざま。

     

    そんななか、夏のボーナス支給後などから、8月末の退職に向けて転職活動をする方もいるはずです。現職に退職の旨を伝えるのは収入の維持などを考慮して、転職先が決まってからにするのが一般的とされています。

     

    しかし、8月に差し掛かっても一向に転職先が決まらず、もう間に合わないと感じる方もいるでしょう。
    まずは、8月末から逆算した転職スケジュールを改めて見直すなど、転職・退職に向けた自身の行動を改善できればまだ間に合います!

     

    次の項目では、8月末の退職を現職に伝えるタイミングについてご説明いたします。

     

    8月末退職を切り出すタイミングとポイント

    退職願

    iStock.com/takasuu

     

    閑散期など忙しくない時期

    退職を伝える際は、繁忙期を避けるのがマナーとされているようです。
    一般的に、8月の繁忙期は11日~15日位と言われています。お盆期間を終えたら、全体的な業務も落ち着き、少しずつ閑散期に向かっていくようですね。

     

    ただ、閑散期まで待っていると8月末まで約2週間の猶予しかないため、退職を切り出しにくい方もいるはずです。そんな限られた状況で退職の意向を伝えられたら、周囲の反感を買いやすく、円満退職につながらないことも。

     

    「仕事が決まらない」「閑散期まで待っていたら退職の意向を伝えにくい」
    このようなお悩みを解決するためには、転職エージェントの力を借りるとスムーズに解決しやすいです。転職エージェントについては、別項目で詳しく解説します。

    賞与を受け取り、転職先が決まってから

    月給制など賞与支給がある給与形態で働いている方の多くは、賞与を受け取ってから転職活動をしているはずです。

     

    たとえば夏の賞与の場合、一般的に6月下旬~7月上旬に支給されることが多いでしょう。そのため、7月中旬から遅くても8月上旬には退職の意向を伝えておけると理想的ですね。

     

    ただ、業界によっては繁忙期があり、閑散期を狙って報告したい方もいるはずです。

    転職活動をすでに終えている方であればスムーズかと思いますが、まだ転職先が決まっていない場合は先述でお伝えした転職エージェントなど、転職のプロに相談するのもひとつの手。
    退職交渉についてアドバイスをもらえるので活用してみてくださいね。

     

    なお、以下の関連記事ではボーナス支給後に退職するポイントを解説しています。
    あわせてお読みください。

     

    8月末退職をスムーズにさせる方法4選

    円満退職をする男性

    iStock.com/Prostock-Studio

     

    ここでは、8月末にスムーズに退職するための方法を4つご紹介します。
    限られた日数だからこそ、前もって細かい部分も意識して進めましょう。

    就業規則や有給休暇の日数などを確認する

    まず、職場の就業規則や自分の有給休暇の残日数を確認しましょう。

     

    民法上では、退職日の2週間前に申し出れば辞められるとされていますが、多くの企業では、就業規則に「退職までに必要な告知時期」という項目を設けているようです。
    また、事前に自身の有給休暇の日数を把握しておかないと、消化しきれずに退職することになる可能性も。

     

    転職先が決まってから慌てて確認するのではなく、前もって必要な情報を理解しておくと早めに交渉などをおこなえるでしょう。

    退職する強い意志を持って直属の上司に伝える

    次に、直属の上司にアポイントメントを取り、退職する強い意志を伝えましょう。

     

    ここでのポイントは、退職の意向を伝えた際、好待遇に改善するなどと言われても揺らがない気持ちを持つこと。この条件を鵜呑みにして退職を諦めてしまっては、今までの転職活動の時間が水の泡です。
    上司から引き止めにあったとしても、絶対に退職するという意志を持つことが大切でしょう。

     

    また、直属の上司に伝えるより先に、さらに上の立場の上司や同僚に話してしまうと、のちのちトラブルの原因になりかねないので、伝える順番にも注意してくださいね。

     

    ▼退職を引き止められて困ったときはこちら

    引継ぎスケジュールの作成や雑務整理をする

    直属の上司との話し合いを終えたら、自分が担当していた業務の引継ぎ準備に取り掛かりましょう。

     

    8月末の退職日から逆算した出勤日数でスケジュールを組み立てると、伝え漏れ防止につながります。
    また、誰が対応しても分かるよう業務の進行状況や顧客の特徴・連絡先などを明記しておくと良いですね。

    他にも、8月末の退職を迎える前に書類整理や備品の返却などをおこないましょう。

    転職エージェントに相談する

    8月末の退職を目指しているものの、内定をもらえる兆候がなく不安と焦りで感情が入り乱れているでしょう。
    8月末まで残り少ない日数だけど、何としても転職活動を成功させたい!という方は、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

     

    転職エージェントとは、専任のキャリアアドバイザーが求職者さんの希望条件を伺い、企業と交渉したうえで最適な求人を紹介してくれるサービスです。
    さらに、退職の伝え方などもサポートしてくれるので、あなたの転職活動を二人三脚で進めてくれますよ。

     

    8月末に退職したいけど仕事が決まらない・・・・・・という方は、転職のプロである転職エージェントの力を借りて円滑な転職活動を再スタートしてみてはいかがでしょうか。

     

    ▼その他転職エージェントの活用法はこちら


    ▼円満退職法についてはこちら

     

    8月末退職を目指すなら転職エージェントの力を借りよう!

    転職エージェントと面接をする男性

    iStock.com/Wasan-Tita

     

    8月末に退職するときは、繁忙期を避けたり、賞与を受け取った後にしたりなどタイミングを考慮する必要があります。また、退職に必要な情報を事前に把握し、退職するまでのスケジュールを組み立てることで円満退職につながるでしょう。

     

    ただ、肝心な転職先が決まらなければ何も始まりませんよね・・・・・・。
    当社サービス「おもてなしHR」には、短期間で転職できる宿泊業界の正社員求人を多数掲載しています。
    未経験者であっても研修制度を完備し、風通しの良い職場環境を提供している施設があなたの入社を待っています。
    次の転職に対して不安要素がある方は、専任のアドバイザーに相談してみませんか?

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る