新規顧客ゲット!ホテルなどの宿泊施設が広告を出すときのポイントとは?

コロナ危機によって、宿泊業界は大打撃を受けました。キャンセル問題に限らず、客足が遠のいたことで売上が低下したホテルは数多いでしょう。まだまだコロナ対策を意識した経営は続くものと思われます。そうした状況のなかでも効率的に集客を行うには、広告が不可欠です。ホテルなどの宿泊施設が広告を出す場合のポイントをチェックしていきましょう。

「コロナ禍で売上が低迷。どうすれば……?」

taka – stock.adobe.com

 

コロナ禍であっても集客率を伸ばすには、新規顧客の開拓が必要になります。

 

集客を行うために必要なのは、やはり広告を出すことです。広告を出すと新規顧客を獲得するだけでなく、リピートを促すためのツールとなることもあります。

 

集客方法はさまざまですが、ベストな方法はホテルによって異なります。最近では「ネットで広告をうてば大丈夫!」という考えもありますが、それは大きな間違いです。ターゲット層を見極め、そこにうまく集中するような方法をとらなければ効果を上げることはできません。

 

「予算があまり取れそうにない……」という宿泊施設もご安心ください。エージェントなどへの手数料を節約しながら集客する方法もあるので、自社にとって最適な方法で集客できるように工夫していきましょう。

 

ホテルなどの宿泊施設が広告で集客する方法

metamorworks – stock.adobe.com

 

広告をうちだして集客を叶える方法はさまざまです。例として、いくつかの方法を挙げますので、自社の状況と照らし合わせて判断してみてくださいね。

 

広告媒体ごとに専用プランを設ける

 

宿泊施設が広告を出す際は、新聞や折り込みチラシなどをうまく活用しましょう。

 

たとえば、新聞広告や折込チラシの効果をアップさせるには、媒体ごとに専用プランを設けることもおすすめです。

 

新聞限定プランを作るのであれば、『お電話でご予約の際は「〇〇新聞を見た」とお伝えください』という文言を紙面に明記してみてはいかがでしょう?集客率を上げるだけでなく、広告効果も知ることができますよ。

 

SNSのターゲットに団体客も視野に入れる

 

SNSは、どうしても「若者向け」「個人客向け」というイメージを抱いてしまいますが、地元の団体客にも集客の効果が期待できます。

 

最近ではSNSを日常的に利用する中高年の方は増加しており、特にFacebook、Instagramには団体客としてのターゲット層が多い傾向にあります。

 

SNSに広告を出す場合、居住地や性別、年齢でターゲットを絞ることができるので、自社に合った客層の集客に成功しやすいと言えるでしょう。

 

インフルエンサーを活用する

 

インフルエンサーに依頼して施設のプロモーションを行ってもらうことも、一つの方法です。YouTubeやInstagramなどのSNSには、インフルエンサーという世の中に多大な影響力を持った人物がたくさんいます。

 

ホテルなどの宿泊施設はSNSでのプロモーションと非常に相性が良く、施設の魅力を伝えてもらうだけに限らず、ユーザー視点での訴求力も高いのです。

 

パンフレットやリーフレットを制作する

 

パンフレットやリーフレットの制作は、新規顧客を開拓するというよりも、一度来館されたことのあるお客様をリピーターにする効果があります。

 

リピーターを作る目的で制作する場合、当然ですが、次回の来館を見越した情報を記載することが重要です。

 

ホテル・旅館の住所、問い合わせ先、おすすめのサービスなどを明記し、お客様が自由に手に取ってお持ち帰りできるように館内に設置しておくと良いでしょう。または、お客様がお帰りの際に直接お渡しても良いかもしれません。

 

キーワードで見つけてもらう

 

どの宿泊施設でもオンラインからのご予約が増えていますよね。

 

施設に関係するサービス、そしてユーザーの目的などで検索されたときに、自社のホテル・旅館の広告を表示させると良い効果が出るかもしれません。

 

つまり、インターネットで特定のキーワードを検索されることを見越して、検索結果のページ上部に施設の広告を出すのです。

 

ユーザーは、まずは目的や希望を叶えてくれるホテル・旅館をインターネットで検索します。そこに、条件を満たすような宿泊施設の広告を表示させることで、仮に新規顧客とまではいかずとも見込み客を獲得することは可能になります。

 

サイト内広告を出す

 

サイト内ではよく見かけるバナー広告。宿泊施設の情報をまとめたサイトや、ホテル・旅館を実際に利用した方の感想が書かれたブログなどで、バナー広告を見る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ユーザーのなかにはクチコミなどの評判や、施設のホームページなどを使って、情報収集したうえで予約を行う方も多いようです。

 

バナー広告を活用すれば、ユーザーが見るようなブログやまとめサイトに施設の広告を入れ込むことができます。

 

「ブログやまとめサイトのようなページを何度も見る人」「特定のホテル・旅館や企業グループの情報に関心の高い人」などに絞ったうえで、バナー広告を表示させることも可能です。

 

自社ホームページを見た人にだけ広告を表示させる方法も効果的でしょう。

 

宿泊施設が広告を出す注意点はある?

pathdoc – stock.adobe.com

 

広告をうち出す際は、必ずそれぞれのホテル・旅館が抱える課題としっかり向き合うようにしてください。

 

課題がはっきりしていないとターゲットや方向性がブレるので、広告を出したとしてもそれほど効果は上がりません。集客に成功したホテルや旅館の方法をそのまま真似たとしても、すべての宿泊施設で成功するわけではないのです。

 

立地や周辺観光、館内の設備、施設のグレード、スタッフのスキル、施設の資金力などを総合的に分析することも大事です。それらを考えればターゲットとなる顧客層は、簡単に浮かび上がってくるでしょう。

 

広告を出す前には必ずターゲットを絞り込もう

nenetus – stock.adobe.com

 

ホテルなどの宿泊施設が売上を維持していくには、広告による集客が重要な役割を担っています。

 

広告はさまざまな方法がありますが、自社に適した集客方法を利用するためにもターゲット層を決めることは欠かせません。ターゲットを決めることで、物事の判断をスムーズに進めることができるのです。

 

ターゲットさえ決定できれば、ホテル・旅館の方針は統一しやすくなります。集客力を高める広告をつくるためにも、ターゲット層の絞り込みには細心の注意を払いましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る