宿泊業は力仕事が多い?女性が気になるホテル・旅館の力仕事事情を紹介

宿泊業には、さまざまな仕事が分類されています。ホテル業では、お客様のあらゆる要望に応えるコンシェルジュやフロント係。 旅館業においては、お客様のお出迎えからお部屋のご案内、お部屋の清掃やお料理の支度まで、この他にも多くの業務をこなす人々によって成り立っています。 女性の活躍も非常に高い宿泊業ですが、気になってくるのが「力仕事」の割合ではないでしょうか? ホテルや旅館の力仕事事情を、女性目線で探っていきたいと思います。

力仕事は女性より男性が率先すべき?

近年、女性が働きやすい環境づくりが推進されている中、職場環境の見直しに取り組む企業が、わずかながらですが増加しています。とはいえ、まだ女性が働きやすく続けやすい環境が、社会全体に浸透している環境にあるとはいえないでしょう。

 

ですが、女性活躍の推進を促す背景を踏まえると、重労働とされる力仕事は男性が率先してやるべきとは、一概にいえないのかもしれません。

女性が行う力仕事は男性と比べたら効率は劣りますが、女性ならではのアイデアが生まれる場合があります。

 

「一人で持ち運ぶより二人で持ち運んでみよう」「片付けの場所を変えれば、次の持ち運びが楽になる」など、どうしたらより効率よくこなすことができるのか、女性らしい目線で力仕事をこなしていけるでしょう。

 

ホテルや旅館の仕事は体力勝負ともいえるため、女性もこなせる仕事が増えれば業務の円滑化も図れますので、積極的に取り組んでみてもいいかもしれません。

宿泊業界は意外と力仕事が多い!

polack- stock.adobe.com

 

お部屋の清潔を保ち、細やかな気配りが必要な清掃係や、お客様の予約から到着、出発までを管理する予約係、お客様のお出迎え、案内、料理の配膳や手配、お見送りまでを担う接客係など、ホテルや旅館業には多様な職種があります。

 

旅館やホテルの仕事内容はおのおの多少異なりますが、お客様を出迎える前からそれぞれの役割がスタートしていきます。

 

華やかな印象が強いドアパーソンやベルパーソンですが、お客様の荷物を運んだり介助が必要な方にはケアサポートをしたりする場合もあり、力のいる仕事となっています。

 

また、お客様の布団を準備する清掃係や備品の補充などを行うハウスキーピングは、布団の上げ下ろしやベッドメーキングが力仕事です。

 

お料理を運ぶ料飲部門は、お皿に盛られた料理をいくつか運ぶことも。宴会場の配膳では、中腰の状態でお膳を下げたり運んだりするため、力仕事だといえるでしょう。

 

次の項目では、ホテルや旅館で女性が働くにあたって想定できる力仕事を、詳しく解説していきたいと思います。

 

「旅館で働くのは大変?旅館の仕事の負担と魅力を解説!」

ホテルや旅館のここが力仕事!

AntonioDiaz- stock.adobe.com

 

女性がホテルや旅館で業務をこなすとき、どんな力仕事が起こりうるのでしょうか。
お客様の到着時に荷物を預かり客室まで運ぶポーターなど、宿泊業務の中で女性が担うであろう力仕事を解説いたします。

お客様が持つ荷物の持ち運び

ホテル業では、荷物を持ち運ぶ業務はポーターと呼ばれ、ドアマンから荷物を引き継いで客室室まで案内をするベルガールも荷物の運搬を行います。

旅館業では、接客係である仲居さんなどがその役割を担います。

 

遠方からのお客様は、大きなキャリーケースや複数の荷物で来泊することもあるため、一組のお客様を出迎えるだけでも女性にとっては重労働だといえるでしょう。

 

宿泊客が重なる週末や連休になると、荷物運搬だけでも相当な力仕事となります。

 

大きな荷物がいくつもある場合は、荷物専用の台車であるバケッジカートに乗せてお部屋まで運ぶことができます。

 

バケッジカートは、ドレスやスーツなど丈が長いものを運ぶ際にも便利で、荷物の取っ手を持って移動せずに済むため、取っ手の破損防止にも役立ちます。

料理の持ち運び

食事のピークタイム時には多くのテーブルやお部屋を担当し、行き来することとなります。

 

レストランでは、料理が盛り付けられているお皿を3枚持ちしながらお客様にサーブする場合もあり、均等に保つテクニックもさることながら、ある程度の力も必要です。

 

旅館の食事では、仲居さんや食事を担当する係で多くのお客様への配膳を行います。仲居さんは基本的に着物で仕事をするので、起居が多い配膳時は所作にも気を配りながら料理を持ち運ぶため、思った以上の力仕事となります。

部屋の準備

旅館における接客係は、布団の上げ下げからお部屋の清掃やアメニティチェックまで多岐にわたります。布団の上げ下げも力を要する仕事となり、ハウスキーピングも同様にダブルやキングサイズのベッドメイキングは、女性にとっては力を要する仕事となるでしょう。

基本的に立ち仕事のため体力が必要

ホテルや旅館業はいずれも立ち仕事が多く、肉体労働が基本です。重いものを持ち運ぶ仕事やお客様のために動き回る動作も頻繁にあるため、体力に自信がないとこなせないと感じてしまうかもしれません。

ホテルや旅館で女性が力仕事を担うメリットとは

buritora- stock.adobe.com

 

力仕事は、効率面においてもそのほとんどを男性が請け負っているという業務体制を取っているも少なくないでしょう。ですが、力仕事を女性がすることによって得られるメリットとは何かを見ていきましょう。

女性目線の工夫が重宝される

男性が担いがちな力仕事を女性が担うことで、新しい視点が生れます。
女性ならではの細やかな気配りや工夫が力仕事でも重宝されることがあるようです。

周りと協力体制が築きやすい

男性だけに力仕事を任せっきりになってしまうと、勤務体制や仕事配分の偏りが生まれてしまいます。女性も力仕事をこなすことで、他業務との協力体制も築きやすくなるという利点があるでしょう。

筋力がつく

適度な力仕事は、座り続ける業務より健康的であり気分転換にもなります。力仕事は一人で黙々とこなす作業もあるため、忙しい接客業務に疲れてしまったときに、気持ちの切り替えにもなりますよね。

女性の多い職場なので喜ばれやすい

ホテルや旅館業は女性スタッフが多いため、力仕事を引き受けることで同僚や職場から喜ばれやすいといったメリットがあります。

宿泊業では女性も力仕事を必要だと心得ておこう

ホテルや旅館業務では、お客様へのおもてなしを気遣いながら数々の力仕事があることが分かりました。

 

女性が力仕事をすることで生まれるメリットもあることから、女性であっても力仕事を必要だと心得ておけば、どの業務に就いても円滑にこなしていけると思いますので、ぜひ視野にいれておくことをおすすめします。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る