採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

30代の転職の悩みとは?30代の転職に対する悩みの解決策を紹介!

30代であれば、転職経験があるという方も多いことでしょう。そのため、転職活動自体に不安を覚える方は少ないようですが、仕事盛りということもあり転職活動の時間を作ることに対しての悩みが大きくなるようです。その他の30代の転職の悩みはどのようなものがあるのでしょうか。30代宿泊業転職志願者の悩みとあわせ、悩みの解決策をご紹介します。

30代の転職の悩みは現実的なものが大多数

iStock.com/metamorworks

 

30代は、自身の健康、家庭を考えた時のライフワークバランス、これからのキャリアビジョンなど様々な悩みが増える年代です。

 

そんな悩みを解消するために転職を決意した30代は、仕事選びや転職活動の内容よりも、転職活動の進め方に対する悩みを抱える方が多いようです。

 

30代が転職する際に抱えることの多い悩みや、その解決策をご紹介しますので、ぜひ転職活動を進めるヒントにしてみてくださいね。

 

30代の転職の悩みとは?

iStock.com/Asia-Pacific-Images-Studio

 

働き盛りと称される30代の転職者は、どのようなことに悩むことが多いのでしょうか。30代の転職者に多い悩みをご紹介します。

 

スキルの棚卸しに時間がかかる

30代ともなれば、仕事でそれなりの経験を積んできたことでしょう。人によっては、転職や配置変えを何度か経験し、多方面でスキルを磨いてきたという方もいるかもしれません。

 

経験が豊富であればあるだけ、これまでのキャリアの振り返りや、スキルの棚卸しに時間がかかります。スキルの棚卸しは、30代の転職者であれば誰しもが抱える悩みと言っても過言では無いでしょう。

 

面接のスケジュール調整が難しい

スキルが磨かれたことによって、役職がつく、多くの部下を任される、複数のプロジェクトの担当になるなど、業務量が増える傾向にあるのが30代の特徴です。

 

休職期間を設けず、在職中に転職活動を行うという方が大半を占めるなか、現職の仕事が忙しすぎることで面接のスケジュール調整を思うように組むことができないことにフラストレーションを感じる方も多いようです。

 

転職先の人間関係に不安がある

転職は、これまで慣れ親しんだ職場を離れ、新天地で働くことを強いられます。

 

新しい職場では上司が自分より年下という可能性も大いに考えられますし、逆に入社後すぐ部下を抱える立場になるということもあるでしょう。実際に働いてみなければわからないものの、人間関係をゼロからスタートすることに不安を覚える方も多いようです。

 

また、両親の体調が優れないことが原因で地元へ戻ることにしたなど、居住地が変わる転職を検討している方であれば、悩みはより深まることでしょう。

 

30代の転職の悩みの解決策:スキマ時間を有効活用する

iStock.com/bernie_photo

 

具体的・現実的な悩みを抱えることが多い30代の転職者ですが、それぞれの悩みに対策を打つことは可能です。30代の転職者に多い悩みの解決策をご紹介しますね。

 

まず1つ目の悩みである「スキルの棚卸しに時間がかかること」は、「スキマ時間を使うこと」で解消することができます。

 

本格的に転職活動を始めるまでに、休憩時間や終業後など、スキマ時間が作れるタイミングを見つけておきましょう。スキマ時間を活用し、こまめにスキルの洗い出しを行っておくことで、後の自分の負担を削減することができます。

 

さらに、洗い出したスキルの整理に通勤時間を活用することで、転職活動に充てるプライベートな時間を減らすことができるでしょう。

 

少し先の転職を検討している30代の方であれば、普段からスキルをまとめる癖をつけておくことで、転職活動開始前にわざわざスキマ時間を見つける必要すら無くなるはずです。

 

30代の転職の悩みの解決策:半休や終業後を上手く活用する

iStock.com/ijeab

 

30代の転職の悩みとして2つ目にご紹介した「面接のスケジュール調整」は、「半休や終業後を上手く活用すること」で解消に近づくことでしょう。

 

ただし、半休を立て続けに取ってしまえば現職場に迷惑がかかる、転職の噂が囁かれるなどというリスクも孕んでいますので、有給休暇は計画的に利用するようにしてくださいね。

 

20代・30代の若手即戦力を求める企業は、終業後や休日の面接を受け付けている場合もあります。より効率的に転職活動を行いたい場合には、企業の採用担当者へ相談してみてください。

 

また、近年ではWEB面接を導入する企業も増えています。面接にWEBを活用している企業は、採用にも力を入れているはずでしょうから、会社選びの1つの指標としても良いかもしれません。

 

求人情報に、面接についての詳しい記載が無いという企業であれば、こちらからWEB面接を打診してみるのも手です。

 

30代の転職の悩みの解決策:企業の情報収集を徹底する

iStock.com/kokouu

 

最後にご紹介した、30代の転職の悩みである「転職先の人間関係に不安」は、根本的に解決することは難しい事柄とも言えます。理由は、入社まで実態がわからないためです。しかし、「企業の情報収集を徹底すること」で、ある程度不安を軽減することはできるでしょう。

 

インターネットの利用が欠かせなくなった現代では、以前よりも情報収集が容易になりました。さらには、情報を発信する人間が増えたことで、求人のみでは見えない企業の細やかな情報をも掴むことができるようになってきています。

 

情報発信が容易になったこと、また転職市場が活発化したことを受け、会社の口コミや評判を集めるWEBサイトが続々と立ち上げられたため、実際にWEB上で目にしたことがあるという方も多いはずです。

 

ですので、人間関係に不安を覚える方は口コミを参考にしてみるのも良いでしょう。ただし、従業員の少ない企業の場合、口コミが掲載されていない場合もありますので注意してください。また、あくまで参考程度にするというスタンスは忘れないようにしてくださいね。

 

宿泊業界に転職をしたい30代の悩みとは?

iStock.com/PeopleImages

 

同業界内の転職であれば大きな悩みは無いはずですが、異業種からの転職をするのであれば転職先がどこであったとしても不安や悩みはつきものです。

 

ホテル・旅館などの宿泊業界への異業種転職を検討している30代であれば、「体力面」や「金銭面」での悩みが多いのではないでしょうか。

 

宿泊するお客様をもてなすのですから、労働時間が長くなることは避けられません。しかし、昨今の働き方改革の波を受け、労働環境の見直しを行うホテル・旅館も徐々に増えてきています。

 

ITを活用し省人化の実現を図っている、休館日を設けた、インセンティブ制度を導入したなど、労働環境の改善を積極的に行っているホテル・旅館もありますので、不安に思われる方は求人情報やWEBサイトでぜひ企業を探してみてくださいね。

 

30代転職の悩み解消には「効率化」が鍵!

iStock.com/Pavle-Bugarski

 

30代は、転職活動そのものへの悩みは大きくないものの、転職活動の進め方に対する悩みが増えるという特徴があります。

 

現在の仕事や、家族の行事などにより、自分の時間を確保することは難しくなりますが、転職活動の効率化を図ることで、スムーズな転職は可能です。

 

30代で転職を検討している方の多くが、スキルアップ・年収アップなど、自身の成長や自己実現に繋げることを目標にしているはずですので、転職活動を通じ「さらに自分を成長させる」という意気込みで臨んでみるのはいかがでしょうか。

 

また、転職活動を効率化するために、転職エージェントを利用するというのも良いでしょう。ホテル・旅館業界であれば当サイト「おもてなしHR」もお役に立てます。スムーズな転職を検討している方はぜひ利用してみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事