ホテルのブライダルの仕事は幸せな気持ちと達成感が味わえる!

結婚式の会場としてホテルの宴会場が利用されることがあります。参列者の多い結婚式の場合は宿泊施設の用意も必要になることも多くあります。結婚式が有名なホテルもあり、個別にブライダル部門が存在することもあります。結婚式には多くの職種が関わりを持っています。ホテルのブライダルの仕事いついてご紹介します。

ホテルのブライダルの仕事

iStock/Sami-Sert1

 

ホテルのブライダルには多くの職種が関わっています。結婚式は、それぞれが持つスキルと知識が融合して創り上げられます。

 

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーの仕事は、結婚式の相談から当日までのサーポートです。

 

式場見学のアテンドや、実際の結婚式の進行について新郎新婦に説明を行います。要望を聞き出し、予算に合わせたプランの作成や準備に携わります。そのため、結婚式や披露宴などに関する幅広い知識が必要とされます。

 

ウエディングプランナーは、結婚式に関わるその他の職種との連携し、当日はスムーズな進行のために指示をだしたり、参列者のアテンドを行ったり、幅広く動きます。

 

新郎新婦と関わる時間が一番長いのがウエディングプランナーです。結婚式を成功に導くためには、信頼関係を築くことも重要であることから、高い接客スキルも必要でしょう。

ドレススタイリスト

ドレススタイリスト、またはドレスコーディネーターと言われます。新婦のドレスのコーディネートをする仕事です。

ドレスに関する知識を元に、希望に合わせたドレスの提案、相談に乗ります。ドレスに合わせた装飾品や、カラードレスの提案行うため、色彩の知識も求められます。

新婦は一番美しく見える状態をイメージして提案する、提案力も必要でしょう。

 

テーブルコーディネーター

テーブルコーディネーターの仕事は、料理がより美味しく見えるように、食器・テーブルクロス・花・キャンドルなどを組み合わせ、会場の雰囲気をより華やかにし、盛り上がるよう演出します。

結婚式の場合は、新郎新婦のドレスの色や、飾られる花の色との調和も考えたコーディネートをする必要があります。

式場内の雰囲気を作るのに、重要な役割を持った仕事です。

 

フラワーコーディネーター

結婚式場に飾られる生花のコーディネートをする仕事です。テーマとなる色、予算や好みに合わせて、会場の装飾の他にブーケやブートニアの製作も行います。

 

お花のコーディネート式場の雰囲気は大きく変化します。花は生き物であるため、花が一番美しい時を考えてデザインし色や香りの調和も意識しなければならず、繊細な仕事とも言えます。

 

フラワーコーディネーターとしてフリーで働くことも可能ですが、ホテルのウエディングの場合は、ホテル内の生花店が担当することもあります。

 

バンケットサービス

バンケットサービスは、参列者に料理を提供する給仕の担当者です。結婚式の進行に合わせて、タイミング良くスピーディーに料理を運びます。

 

スムーズに宴会が進むよう、チームで連携をとって仕事をする必要があります。また、高齢の参列者や小さなお子様に対して、細やかな配慮を行うなどのサービススキルも活かすことができます。

 

ヘアメイク

新郎新婦のヘアスタイリング、メイクを担当します。衣装と希望合わせた、ヘアメイクに仕上げる必要があります。

華やかな式場で、証明や装飾にとのバランスを考えたヘアメイクにする必要があるため、一般的なヘアメイクとは異なる知識が必要です。

また、お色直しの場合は短時間で仕上げる必要があるため、素早く丁寧な仕事が求められます。

介添人

新郎新婦が式場についてから、身の回りのサポートを行います。花嫁のドレスの裾を持ち誘導したり、新郎新婦の緊張を和らげるのも仕事のひとつです。

 

ホテルのブライダルの仕事はチームワークが重要

iStock/rilueda1

 

ウエディングプランナーが聞き出したお客様の希望や要望を叶えるには、チームワークが何よりも重要です。

結婚式の演出には非常に多くの人が関わっていますし、それぞれが協力しながら新郎新婦を主役にした最高の一日を作り上げています。

 

ホテルのブライダルの仕事の良いところ

iStock/Nick-Kontostavlakis1

 

ホテルのブライダルの仕事は、大切な節目を一緒に過ごすお手伝いができる仕事です。

 

幸せな瞬間に立ち会える

ブライダルの仕事では、人生の門出である結婚式に数多く立ち会うことができます。一生の思い出に残るような、感動的な結婚式もあるでしょう。

 

ウェディングプランナーを始めとする、結婚式に関わるスタッフ全員が新郎新婦のの最高の1日のために力を合わせて頑張ります。

 

人の幸せに立ち会えるということが、ブライダルの仕事に携わるうえで大きなやりがいになっていると言えるでしょう。また、さまざまな職種との連携が必要となるため、チームワークが発揮できたときの達成感も格別かもしれません。

 

結婚式以外でのお付き合いができる

ホテルの結婚式の場合、結婚式を行った思い出の場所としてホテルが記憶されることがあります。

 

記念日に宿泊をしたり、レストランを利用したり、結婚式後にウェディングプランナーに会いに来てくれるというようなこともあります。

 

結婚式の一日だけでなく長期間に渡るお付き合いができることも、ホテルのブライダルの仕事の良いところかもしれません。

ホテルのブライダルの仕事の大変なところ

iStock/Rawpixel-Ltd

 

新郎新婦の幸せな一日をつくりあげるためには、大変な思いをしなければならないもの事実です。

 

土日休みが取りづらい

結婚式が行われる日取りは、土日に偏ってしまうことが多くあります。

 

新郎新婦との打ち合せが土日を中心に行われることもあるため、結婚式に関わる職種の場合は土日に休みをとるのが難しいと言われることがあります。

 

体力勝負

ブライダルの仕事は基本的にお客様の都合が優先され、お客様の都合に合わせてスケジュールを組むことになります。結婚式当日は、早朝から長時間の勤務になるため、体力が必要です。

 

代わりが効かない仕事でもあるため、日頃から健康管理は非常に重要です。

 

ホテルのブライダルの仕事は幸せな気分を味わえる

iStock/kyonntra1

 

ホテルのブライダルの仕事では、最高の思い出を作りたいというたくさんの気持ちを感じることができます。

 

新郎新婦の笑顔が見えたり、感謝の言葉が聞くことができれば、非常にやりがいを感じるでしょう。

 

幅広い知識やおもてなしの心、クリエイティブな感性など、求められる能力は多岐に渡ります。また、ホテルの一員として、利益に貢献することも考えなければなりません。

 

ホテルのブライダルに関わる仕事はひとつだけではありません。それぞれの役割のなかで、新郎新婦の記憶に残り、自分自身の記憶にも残る、たくさんの幸せな気分を味わうことができるのではないでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る