面接官にふさわしい服装とは?面接官の服装を考えてみよう!

初めて面接官を務めることを任されたという方や、普段面接を行う機会は無いが、上司から同席を依頼された、などという方であれば、どのような服装で面接を行えばよいのかと戸惑われることでしょう。服装規定がある企業、そうでない企業、どちらにも共通する面接官の服装のポイントと、ホテル・旅館の面接官の服装のポイントをまとめました。

面接官も求職者から服装を見られている

fizkes – stock.adobe.com

 

求職者にとって、身だしなみが重要というのは言わずもがなですが、面接官にも同じことが言えます。なぜなら、面接官が求職者の服装を確認しているのと同様に、求職者も面接官の服装を見ているからです。

 

求職者にとって、面接官の印象は会社の印象に直結します。たとえ優秀な人材が面接に訪れたとしても、求職者が面接官から受けた印象によっては、「この企業は自分とは合わないな」という判断をされ兼ねません。

 

売り手市場が続く今、貴重な人財を逃さないためにも、面接官も兜の緒を締め、面接に臨むという心意気が大切です。

 

面接官の重要性を再度確認しておきたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

 

面接官の反応が悪いだけで採用活動ではデメリットになる!

 

面接官の服装は企業のカラーに合わせたものを選ぶべし

farsouthtommy – stock.adobe.com

 

面接官の服装選びにとって大切なのは、企業のカラーに合わせた服装を選ぶことです。

 

求職者が面接官の服装を見て抱くのは、企業のイメージです。カジュアルな服装の面接官であった場合は「自由な社風の企業なのかな」などと感じ、逆にフォーマルな服装の面接官であれば「礼式を重んじる企業なのかな」などという印象を受けることでしょう。

 

業歴の長い企業とベンチャー企業とでは考え方も異なるように、服装への考え方も企業により様々ですので、面接官の服装選びで迷った際には、自社のカラーに合った服装を選ぶように心がけましょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

面接官の服装:私服勤務・服装自由の場合

metamorworks – stock.adobe.com

 

滅多なことがない限りスーツを着ないという私服勤務・服装自由の企業で務める方が面接官を行うことになった場合は、服装を選ぶのも一苦労でしょう。

 

男性・女性、それぞれ選んでおいて間違いのない服装をご紹介します。

 

男性の場合

男性の場合、全身をシック、もしくは淡い色で固め、シャツにジャケットを着用しておけば問題ないでしょう。夏場であれば、ジャケットのを着用しなくても問題がないという企業もあるはずです。

 

普段からカジュアルな服装でお勤めの方であれば、ベルトや靴などの小物、髪型や髭などを多少ビジネススタイルに寄せるということに意識するよう気を付けてくださいね。

 

女性の場合

女性の場合は、オフィスカジュアルを意識していれば問題は無いでしょう。

 

スカート・パンツスタイル、どちらでも問題はありませんが、靴はスニーカー以外を着用するように注意してください。

 

また、メイクや髪型、ネイルがあまりに派手すぎれば求職者に良い印象を与えません。あくまでビジネススタイルであることを意識した外見となるようにしましょう。

 

注意点

男女ともに共通して注意していただきたいのが、「そんな服は持ってないから、新卒の時に買ったスーツでも着ておこう。」という考えです。

 

求職者からすれば、面接官の社歴を知る由はないうえ、企業の中では必ず先輩という立ち位置になることは揺るぎの無い事実なのです男女ともに、新卒時のスーツを着ることは避けるようにしましょう。

 

不安があるという方は、自社の採用担当や上長などに相談することをおすすめします。

 

また、服装規定の無い企業へ応募する求職者自身も、服装選びに頭を抱えるものです。求人情報には、面接時の服装は自由な旨を記載したり、必要であれば面接の日程連絡の際に、通知をしてあげるのがよいでしょう。

 

先だって「自社が私服・服装規定が無い」ことを知らせることにより、お互い違和感無く面接に臨めるはずです。

 

面接官の服装:スーツ着用・服装規定がある場合

Monet – stock.adobe.com

 

服装規定がある企業で務めている方であれば、そこまで気負う必要はありません。再確認の意味を込めて、男女ともに、気を付けておくべき事項を確認していきましょう。

 

男性の場合

普段からスーツを着用している方は、普段通りの服装で問題はありません。ただし、気を付けていただきたいのが、スーツのカラーと靴です。

 

特に若い年齢や、童顔の方が面接官を任された場合、ブラックのスーツを着用してしまえば新卒のようなフレッシュな印象を与えてしまいます。

 

フレッシュな印象を与えることは決して悪いことではありませんが、新卒と見間違うような方が面接官であるだけで不安を覚えてしまう求職者もいないとは言い切れませんので、多少のこなれ感を演出するためにも、ブラックのスーツは避ける方が無難です。

 

普段営業の外回りのため、スーツスタイルだという方であれば、靴に剥げがないか、底がすり減りすぎていないかなど、今一度足元を確認するようにしましょう。

 

また、普段作業着や制服を着用しているという方であれば、スーツスタイルの方が良いのか、普段通りの服装で良いのかを、上長に確認するようにしましょう。

 

女性の場合

普段スーツを着用している女性は、男性と同様に、普段通りのスーツで問題はありません。スーツのカラーと靴に気を遣うようにしましょう。

 

普段作業着や制服を着用している方は、上長に確認をとるということも男性同様です。

 

面接官の服装で気を付けるポイントとは?

metamorworks – stock.adobe.com

 

前項までで、服装規定がある場合・ない場合、それぞれの気を付けるポイントをご紹介しましたが、どちらの企業であっても共通して押さえておいていただきたいポイントが3つあります。

 

1つずつ詳しくみていきましょう。

 

清潔感

面接官を行う際に最も気を使っていただきたいのが、清潔感です。求職者に求める人物像でもよく聞かれるように、清潔感は人間の第一印象を決定するうえでとても重要な要素です。

 

清潔感が無いというだけで、どことなく「仕事ができなさそう」という印象を抱かれてしまいます。また、「こちらには求めるくせに、自分たちは気を遣う必要はないと思っているのか」と感じ、企業そのものに不信感を抱いてしまう求職者も少なからずいることでしょう。

 

清潔な印象のある面接官であれば、第一印象で企業のイメージダウンに繋がる可能性は低いはずです。面接時には、サイズ感があっていない服装や、シミやシワのある服装ではないかを今一度確認するようにしましょう。

 

季節感

ウォームビズ・クールビズの時期や、季節の変わり目は、服装選びへの悩みが増えるものですよね。

 

求職者の服装であれば、こんな服装であればOK、こんな服装はNGという情報がインターネット上には溢れていますが、面接官の服装についてはあまり言及されていないため、どのような服装をすれば良いのかと悩み、正解を探しているという方も多いことでしょう。

 

ただ、季節感ばかりは企業の規模や地域により差が生じやすいため、一概にこれが正解と名言するのがご紹介するのが難しいものなのです。

 

何を良いのかと迷われた際には、自社で面接を普段から行っている方や、上長・人事などの意見を聞くようにしましょう。

 

髪型・化粧・匂い

服装はもちろんですが、求職者の見つめる時間が長いのは面接官の顔です。全体の印象を捉える印象として服装が見られ、よりパーソナルな部分を見られるのが顔周りになります。

 

男女ともに、社会人としてのマナーを逸脱していなければ問題はありませんが、服装に気をまわしすぎて、髪型・化粧・匂いを意識していなかったということでは、せっかくの服装も台無しになってしまいます。

 

企業の顔として見られていることを意識し、個性を主張しすぎないように意識をしましょう。

 

求職者の印象に残りやすいワンランク上の面接官の服装

Dennis – stock.adobe.com

 

どのような服装であれば、求職者の印象に残りやすい面接官になれるのでしょうか。デキる面接官としてみられるための、ワンランク上のポイントをご紹介します。

 

配色

普段からスーツを着用している方に向けの前項でご紹介したように、カラーは相手の印象に大きな影響を与えます。

 

真っ白なシャツであれば清潔感、寒色系であればクール、暖色系であれば情熱的のようにな印象を与えることができますので、自身の髪型や肌色に合わせ、印象付けられたいカラーを取り入れるようにしましょう。

 

装飾品

ファッションのアクセントとして取り入れるのが、装飾品です。ビジネスシーンで見られる装飾品は下記のようなものがあります。

 

  • ・男性:ネクタイピン・ポケットチーフ・カフスボタン・腕時計
  • ・女性:イヤリング・ピアス・ネックレス・ネイル・腕時計

 

現代では廃れつつある文化ですが、一昔前であれば男性の価値は身に着ける腕時計で決まるというような風習もあったように、装飾品はその人自身を表すのに打ってつけのアイテムです。

 

面接官の服装は、派手すぎない方が良しとされているため、他企業や同席の後輩面接官との差を付けたいという場合には、アクセントとして装飾品を取り入れるのもよいでしょう。

 

ホテル・旅館の面接官の服装のポイントは?

one – stock.adobe.com

 

専任の採用担当を置いているホテル・旅館、現場責任者が面接を行うホテル・旅館ともに、前述の「面接官の服装:スーツ着用・服装規定がある場合」を参考にしていただければ差し支えありません。

 

ホテル・旅館業界で面接を任されるほどの方であれば、普段から服装には人一倍気を付けていると思いますが、求職者も同様、他業界よりも服装に気を払い面接に臨むことでしょう。

 

特に、通常業務の合間に面接を行わなくてはならないスケジュールの場合には、服装・髪・ネームプレートなどが乱れてしまうということもあるでしょうから、面接前に一度、鏡で自身の服装を再確認するように心がけましょう。

 

面接官は服装を含め求職者を考える気持ちが大切

fizkes – stock.adobe.com

 

「求職者の面接を実施してあげる立場」と捉え方をしてしまうと、服装選びもおざなりになってしまうものですが、面接での質疑をするだけが面接官の役目ではありません。面接官は企業の顔とも言える存在なのです。

 

面接官の様子を見て、こちらの気持ちを考えられていないな、と求職者が感じてしまえば、せっかくの人材も入社の意思が削がれてしまいます。

 

人の第一印象は、服装を含めた見た目で決まりますので、企業の顔であることを意識し、求職者に好印象を残してもらえるような服装選びをして、面接日を迎えましょう。

 

「面接官の服装の心得はあるけれど、なかなか応募者が集まず面接の機会が少ない…」とお悩みのホテル・旅館があれば、当サイト「おもてなしHR」を活用してみてはいかがでしょうか。専属のアドバイザーが貴社にぴったりの人材をご紹介いたします。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る