なぜ「雇用のミスマッチ」が起きる?原因や対策法を解説!

採用活動に携わっている方は、よく「雇用のミスマッチ」という言葉を耳にする機会が多くなっているのではないでしょうか。一過性のものだ、と雇用のミスマッチを放っておくと、後々苦しむことになるのは企業側です。今のうちに原因を突き止め、早めに対策を立てていきましょう。

「雇用のミスマッチ」とは?

beeboys – stock.adobe.com

 

「雇用のミスマッチ」と聞いて、なんとなく理解できる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、改めて意味を確認していきましょう。

 

詳しく意味をみてみると雇用のミスマッチとは、企業側と採用される人材との間で、双方のニーズや利害関係にズレがあることを指します。

 

企業側の視点では、採用した人材に対して、企業が事前にイメージしていたスキルやポテンシャルに違いがあるとミスマッチと判断できます。企業から採用された側から考えると、入社後の仕事内容や社内環境に対して、自分が思っていた内容と異れば、ミスマッチになってしまうのです。

 

雇用のミスマッチは、企業側からしてみれば、求める人材が見つからないことと同じ意味かもしれませんね。

 

雇用のミスマッチが起きる背景は?

taa22 – stock.adobe.com

 

雇用のミスマッチは、単に企業側と採用される側の条件が合わなかったということだけでなく、少子高齢化による人手不足も起因しています。

 

人手不足によって、企業が本当に求める人材が集まらないのにも関わらず、どの企業も多くの優秀な人材を確保したいと考えています。そのため、少ない応募者のなかから、なるべく優秀な人材を採用しなければならないのです。

 

また、さまざまな事業を展開する企業が増加するに伴い、企業が求める人材へ要求する内容も昔よりも複雑になってきています。

 

そのため、求める人材のレベルが自ずと高くなってしまい、結果として必要な人材を確保しづらい背景ができあがっているようです。

 

雇用のミスマッチが引き起こす事態とは?

dziubek1125 – stock.adobe.com

 

雇用のミスマッチが起きてしまうと、時間や労力をかけて採用した人材をフル活用できなくなってしまいます。

 

また、採用された側がミスマッチを実感してしまうと、労働意欲が低下してしまい、業務の生産性が上がりづらくなってしまうケースもあるようです。最悪の場合は、候補者が入社後すぐに雇用のミスマッチを感じてしまうと、早期退職につながることもあるのです。

 

それが続いてしまうと、企業にもマイナスイメージがついてしまい、今後の採用活動にも影響を及ぼすことも。雇用のミスマッチを軽視していると、会社自体の存続が危ぶまれることもあるかもしれません。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

雇用のミスマッチを防ぐための対策法

Gajus – stock.adobe.com

 

雇用のミスマッチの背景や、それによって引き起こされる事態をみてきましたが、次は実際に行うべき対策をチェックしていきましょう。

 

会社の情報をきちんと発信する

 

まず、採用活動において、自社の情報を明確に発信することが重要です。候補者には、良い面だけをアピールするのではなく、事前に悪い面も伝えておくと入社後のミスマッチも少なく済むかもしれません。

 

そのためには、自社が求める人材を具体化しておくことも不可欠です。部署内でどのような人材が必要なのか、人材のスキルをどう活用するのかなどを、企業の戦略を考慮しながら検討すると良いでしょう。

 

面接の事前準備を怠らない

 

基本的なことですが、雇用のミスマッチを防ぐためには面接に事前準備を怠らないことが前提条件となります。

 

面接を行う前に企業が求める人材像を、採用担当者だけでなく部署の担当者も把握しておくようにしてください。

 

人材像の共有ができたら、候補者の応募書類などは前もってよく目を通し、履歴書と職務経歴書のなかで矛盾点があれば、そこは必ず面接で追究するようにしましょう。

 

さらに、面接の冒頭では、候補者に企業の採用ニーズや将来的な戦略などを説明し、候補者の認識と誤解がないか確認したほうがよいかもしれません。

 

「仮採用期間」を活用する

 

いまでは新しく入社した人材に試用期間を設ける企業も増えましたが、「仮採用期間」という形を用いることもおすすめです。

 

企業側の雇用にかかるリスクを避けるために、ある程度の期間を設ける企業も少なくありません。このような期間を有効活用することで、採用された人材にとっても自分が企業にマッチするかどうかを判断することもできるのです。

 

雇用のミスマッチを未然に防ぐには、なるべく取り入れたほうが良い制度ですね。

 

ホテル・旅館が採用活動に抱えるお悩みは「おもてなしHR」で解決!

Have a nice day – stock.adobe.com

 

よく考えてみれば雇用のミスマッチが多発していた、と感じる採用担当の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、少子高齢化による人手不足が背景にあることで、雇用のミスマッチが起きてしまうのは、ある程度仕方のないところもあります。

 

ですが、雇用のミスマッチを最小限に抑えることは可能です。ホテル・旅館業界の採用を担当している方は、自社の人材紹介サービス「おもてなしHR」を一度活用してみてはいかがでしょう。

 

宿泊業界に特化したアドバイザーが、雇用のミスマッチが起きないよう、採用ニーズに合う人材をご紹介しています。

 

そのためには、まず採用活動にまつわるご希望やお悩みなどをお聞かせください。お力添えできますよう、丁寧にサポートさせていただきます。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る