採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

中途採用のミスマッチの防止策をケース別で紹介!

中途採用でミスマッチが起こってしまえば、企業は教育に時間がかかる、転職者は早期退職を検討せざるを得ないなどというデメリットがあるため、可能な限り防ぎたいものですよね。企業はどのような防止策を取れば、中途採用のミスマッチを最小限に留めることができるのでしょうか。宿泊業者のミスマッチ防止策に加え、中途採用のミスマッチのごとの防止策をご紹介します。

中途採用のミスマッチは企業の痛手となる!

iStock.com/PeopleImages

 

企業が中途採用を行う際に直面する最大の悩みは、「なかなか応募が集まらない」ということでしょう。これは、数々の企業が行うアンケート調査で、例年報告がなされています。

 

企業が中途採用の行う理由は、欠員の補充や、事業拡大による増員、あるいは技術や知見の拡大であることが一般的ですが、求める人材の応募が集まらない現状を打破すべく、裾野を広げてしまったこと原因で、採用のミスマッチが生まれてしまったということもあるようです。

 

せっかくの入社した方には、できるだけ長く働いてもらいたいものですよね。企業ができる中途採用のミスマッチ防止策をご紹介しますので、ぜひ採用活動にお役立てください。

 

中途採用のミスマッチの原因

iStock.com/JackF

 

まず、中途採用のミスマッチが起こってしまう原因を把握しておきましょう。原因が企業にある場合、転職者にある場合のそれぞれについて解説します。

 

原因が企業にある場合

  • ・誤った情報を求人に掲載している
  • ・求人情報が最新ではない
  • ・求めるスキルが高すぎる
  • ・とにかくスピードのみを重視し採用をした

 

このような場合は、ミスマッチの原因を企業が生み出してしまったと言うことができます。企業はしなければなりませんので、

 

原因が転職者にある場合

  • ・求人情報をしっかりと理解せずに応募をした
  • ・雇用条件を自分の良いように解釈してしまった
  • ・選考で誇張したPRを行った
  • ・人間関係を築くのが苦手
  •  

    このような場合は、ミスマッチの原因は転職者にあると言っても良いでしょう。

     

    しかし、応募者を採用前にある程度見極めることは可能です。見極めがしっかりと行えていれば、大きなミスマッチとはなりませんので、企業の採用担当者は書類・面接などから応募者を見極める力を養う、雇用条件を双方で確認を取るなどするように努めましょう。

     

    中途採用のミスマッチ事例:スキル不足

    iStock.com/tuaindeed

     

    ここからは、実際にあった中途採用のミスマッチ事例をご紹介します。応募者の「スキル不足」に関するミスマッチ事例をみていきましょう。

     

    ミスマッチ事例

    書類・面接などの選考時には、応募者のスキルは充分であると判断し、採用をした。しかし、入社後に現場から「能力が足りない」という声が上がってしまい、結果的にミスマッチとなってしまった。

     

    防止策

    採用担当の考えている必要なスキルと、現場が必要と考えているスキルに差があり、採用のミスマッチとなってしまった事例は多く見受けられました。

     

    このような場合、選考前の行動に原因があることが多いでしょう。早期の採用を焦るばかりに、求人情報に掲載した必要なスキルや経験を少なくすること、採用基準を決定する際に、現場責任者との打合せが甘かったことなどがその一例です。

     

    これらは、現場責任者との擦り合わせを徹底したうえで、採用基準を決定することや、求人情報に色を付けすぎないようにすることで防ぐことができます。

     

    また、そもそもの応募者の能力が低い場合でも、面接で見極めは可能です。採用担当は、選考前には正しい情報を開示する意識を、そして選考時には正しく見極める意識をすることが重要です。現場責任者を含めて面接を実施するのも良いかもしれません。

     

    中途採用のミスマッチ事例:雇用条件の認識のズレ

    iStock.com/Cecilie_Arcurs

     

    転職者側がミスマッチを感じやすいのが、「雇用条件の認識のズレ」から生じるミスマッチです。実際のミスマッチ事例をみていきましょう。

     

    ミスマッチ事例

    前職の経験から、転職者が「残業代は全額別途支給される」と雇用条件を甘く見積もり入社を決定、しかし実際は企業でみなし残業(固定残業制度)が採用されており、月30時間は残業代が支払われずに、ミスマッチを感じてしまった。

     

    防止策

    雇用条件の認識のズレが原因となって起こるミスマッチは、一概に企業のみに原因があるとは言えません。労働者自身も、しっかりと確認を取らなければならない事項だからです。

     

    特に、若年層の転職者であれば、社会人経験が少ないことから、「思っていたものと違った」ということに繋がりやすい傾向があります。しかし、これはどの年代でも起こり得ることです。

     

    応募者の年齢に問わず入社前には雇用条件の読み合わせを行うなどを行えば、ミスマッチを最小限に留めることができるはずです。

     

    「聞かれなければ答えない」、「そこまで情報を開示したくない」というスタンスを取ってしまえば、転職者の早期退職に繋がりかねませんので、企業は求人情報として明確に記載されているということだけで安心はせず、説明することも意識するようにしてくださいね。

     

    中途採用のミスマッチ事例:労働環境に不適応

    iStock.com/Fertnig

     

    どの年代であっても、「職場の人間関係」に悩みを抱え、転職を決意するという方は一定数います。それほど、職場の人間関係を良好に保つことは難しいものです。人間関係・風土が合わないと感じてしまった「労働環境」のミスマッチ事例をみていきましょう。

     

    ミスマッチ事例

    営業職として入社、入社すぐに、具体的な業務指示などが無く、自席に座りパソコンの設定を行った後は何をすれば良いのかがわからない状態となった。

     

    周りの従業員に、次に何をすれば良いのかを聞いてみても「わからない」と言う返答で、上司となる従業員は外回り中、帰社後には「営業をして」、「周りの人に聞いて」というアドバイスのみで、以後も具体的な進め方は教えてもらえずに、早期退職を決意した。

     

    防止策

    受け入れ体制が整っていなかったことで起こってしまったミスマッチです。これは、古い体質を持つ企業や、ベンチャー企業など、マンパワーに頼り切りな企業で耳にすることが多いミスマッチとなっています。

     

    中途採用であれば、現場責任者は「即戦力」として扱うことも多いでしょう。しかし、何も教えないのであれば、それは教育とは呼べません。

     

    最低でも、1週間ほどは新入社員のOJT計画を立て、わからないことがあれば指示を仰ぐ人間を定めておけば、対応が悪い会社という印象には繋がることは少ないはずです。

     

    早期離職は、入社前に行えるミスマッチ防止策が取られていないこと、入社後のフォローが少ないことによって生まれることが多いものです。早期離職に悩む企業は、企業にとって「人材」が「人”財”」であることを忘れず、採用・教育体制を整えておくようにしてくださいね。。
     
    宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR
     

    中途採用のミスマッチを最小限に留めるには?

    iStock.com/gerenme

     

    中途採用のミスマッチ事例と防止策をご紹介しましたが、ミスマッチが起こってから振り返るのでは対応が遅すぎます。企業が先だって行うことができる、ミスマッチ防止策をご紹介しますので、ぜひミスマッチを最小限に留めるように努めてみてください。

     

    複数の媒体で求人募集を行う

    中途採用でのなかなか応募が集まらないとなると、募集ハードルを下げてしまいたくもなるものです。しかし、この行為は採用のミスマッチを自ら作ることに繋がりかねません。

     

    よって、中途採用の応募を増やしたいという場合には、複数の求人媒体を用いて募集を増やすということが、ミスマッチを防ぐうえでの得策と言えるでしょう。

     

    とは言え、採用コストが多くかけられないという企業もあるはずです。そのような企業は、掲載求人媒体の見直しを行う、リファラル採用を取り入れる、無料の求人検索エンジンに登録を行うなどを行い、採用活動の幅を広げるのがおすすめです。下記もぜひ参考にしてみてください。

     

    求人方法で人材の募集に効果的なのは?有償・無償での求人募集方法を解説

     

    採用活動を丁寧に行う

    企業規模が小さくなるほど、中途採用にかける時間の捻出は難しくなりますよね。ただ、中途採用にかける時間が少ないからと言って、採用担当者間で採用基準の共有をしないなどの準備不足や、吟味もせずに即採用をするというのはNGです。

     

    中途採用活動が疎かになってしまっては、おのずとミスマッチに繋がりやすくなります。採用のミスマッチが起こってしまえば、教育の時間が無駄になったり、退職にかかる手続きに時間を要する、採用活動を繰り返さなければいけないなど、デメリットは大きくなるでしょう。

     

    長い目で見た時、採用活動を丁寧に行っておいた方がメリットは大きいはずですので、しっかりと時間を作る努力、上司に理解を促す努力をするようにしてくださいね。

     

    転職支援サービスを利用する

    「思うように採用活動を進められない!」、「何をしてもミスマッチが多い!」と感じる採用担当者がいるのであれば、転職支援サービスを用いてみるのも一つの手です。

     

    第三者視点でアドバイスをもらうことで、自社では当たり前が、当たり前ではなかったと気付くこともあるでしょう。加えて、採用担当の一部の業務を代行してくれるため、適宜メンテナンスを行わなければならない求人広告よりも、スピード感のある採用ができるはずです。

     

    時間の捻出が難しい中途採用こそ、エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

     

    ホテル・旅館が中途採用のミスマッチを防ぐには?

    iStock.com/TAGSTOCK1

     

    ホテル・旅館などの宿泊業者が中途採用のミスマッチを防ぐのにおすすめなのは、転職支援サービスを利用することです。

     

    お客様第一で動くことも多い宿泊業者こそ、採用活動になかなか時間を割くことが難しいのではないでしょうか。仮に時間を設けられたとしても、求職者の転職活動が活発化する夕方以降は、夕食の準備やチェックインと重なることもあり、転職者への連絡も難しいことでしょう。

     

    企業・転職者、双方の効率的な採用活動ができるように提供されているのが転職支援サービスですので、気になる採用担当者は、ぜひ有効活動してみてはいかがでしょうか。当サイト「おもてなしHR」でも、お力添えが可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

     

    中途採用のミスマッチを防ぐには応募者理解が重要!

    iStock.com/fizkes

     

    採用は人間あってのことですから、完全にゼロにすることは難しいとも言えます。しかし、中途採用のミスマッチは新卒採用のそれよりも、企業側でコントロールすることが可能です。

     

    正しく鮮度のある求人情報の公開、適切な選考、内定後の受け入れ体制を整えるなど、転職者の立場を考えて採用活動を行うことができれば、「ミスマッチだった」と感じる転職者は少なくなるはずです。

     

    応募者理解・応募者への思いやりを忘れず、ミスマッチを最小限に留めることを目指した採用活動を行ってくださいね。

     

    宿泊業界であれば、「おもてなしHR」の転職支援サービスを用いれば、効率的で効果的な採用活動の実現に近づくことができます。興味が沸いたという採用担当者は、ぜひお問い合わせください。

     

ページ上部へ戻る

関連記事