「神の湯」と呼ばれる隠れた名湯、紫尾温泉。概要と暮らしについて

紫尾温泉は、鹿児島県薩摩郡さつま町にあり、標高1067mの紫尾山麓に湧出する温泉地です。神社境内に源泉を持つことから「神の湯」と呼ばれ、縁起の良い温泉として親しまれています。自然を満喫できるスポットや美味しいグルメが豊富にあるのも紫尾温泉の魅力です。今回の記事では、紫尾温泉の概要と暮らしについてご紹介します。

紫尾温泉とは

旅館

iStock/amaliacoyle

 

紫尾温泉は、紫尾山麓に小さな宿がひっそりと佇む温泉地です。
ここでは、紫尾温泉の概要と歴史についてご紹介します。

 

紫尾温泉の概要とアクセス

紫尾山麓の丘陵に囲まれた盆地に開かれた紫尾温泉。その静かな環境は保養や静養に適しており、古くから湯治場として親しまれてきました。紫尾温泉は上之湯と下之湯に分かれ、中でも上之湯の源泉が紫尾神社の拝殿下にあることから、「神の湯」と呼ばれています。

 

温泉地は、最寄りのJR川内駅から約40分、横川ICからは約50分と、少々不便な場所にあるため、レンタカーや自家用車などの車移動がおすすめです。

 

紫尾温泉の歴史と現状

紫尾温泉が発見された年代は定かではではありませんが、紫尾神社の設立時期、南北朝時代(1330年~1394年)頃には存在があったと言われています。

浴用として使われ始めたのは貞永年間(1684年~1687年)で、紫尾神社の前身である神興寺の僧侶だけが使用していたそうです。一般の人が浴槽を造り、自由に使えるようになったのは百数十年前からと言われています。

 

紫尾神社の拝殿下に源泉があることから「神の湯」と呼ばれ、訪れる人が絶えない温泉地となりました。

 

紫尾温泉の泉質と観光資源について

露天風呂

iStock/NattaneeP

 

鹿児島屈指の名湯といわれるほどの泉質をもつ、紫尾温泉。
ここでは、紫尾温泉の泉質や効能、周辺観光についてご紹介します。

 

紫尾温泉の湯量と泉質について

紫尾温泉の泉質は、アルカリ性単純硫黄泉で、温度は約55度と高く、湧出量は毎分約200リットルと湯量が豊富です。
紫尾温泉の湯は自然に湧き出た温泉のため、掘削した温泉のように撹拌されたり、空気に触れたりすることがありません。そのため、皮膚病、婦人病、糖尿病、リウマチなどに高い効果が期待できると言われています。

 

ほのかな硫黄臭が漂う湯は、湯船に入ると潤いのベールが体を包み、湯上り後はしっとりとした肌触りに変わり、美肌効果を実感できます。

 

紫尾温泉の周辺観光について

紫尾温泉は小さな温泉地ですが、その周辺には観光スポットや美味しいグルメが揃っています。紫尾温泉に来たならば、必ず訪れたいのが紫尾神社。紫尾温泉が「神の湯」と呼ばれる由来の神社で、お参りしてから浸かる温泉は格別です。

 

その他にも、美しい滝をはじめ、春は花見、夏はバーベキュー、秋は紅葉など、四季折々の自然を楽しめる公園があります。また、温泉の湯に一晩漬けて渋抜きする「柿」は紫尾温泉の名物です。浴槽に柿が浮かぶ姿が10月~11月頃まで見られ、その光景は秋の風物詩となっています。湯の力で甘くなった柿は定番のお土産としても人気です。

 

紫尾温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

浴衣

iStock/istock-tonko

 

紫尾温泉の旅館やホテルで働く

紫尾温泉には、公衆浴場を含む5軒の宿泊宿が並びます。小規模な宿が多いため、お客様との距離が近く、おもてなしを通して双方の心が豊かになるのが魅力です。

 

求人を出している宿では、受付、清掃、調理など職種は様々で、アルバイトから正社員まで幅広く募集をしています。また、未経験者でも挑戦できる環境が整っているので、スキルや経験に関わらず選択できるのも嬉しいポイントです。

 

紫尾温泉の暮らし

紫尾温泉は鹿児島県のさつま町にあります。さつま町は鹿児島県北西部に位置し、北部に紫尾山がある自然豊かなまちです。町のほぼ中心を川が流れ、初夏には数多くのホタルを目にすることができます。

 

また、竹林面積日本一の鹿児島県の中でも、さつま町は特に竹林が多く、筍の産地であるほか、竹を利用した工芸品や商品も豊富です。

 

さつま町の東には高速道路や空港、西には新幹線の駅があり、交通アクセスにも恵まれた位置にあります。鹿児島市内からも車で1時間程度のため、買い物や医療などにも便利です。

 

知る人ぞ知る名湯、紫尾温泉。

鹿児島

iStock/gomao

 

紫尾温泉は美しい自然の中にあり、昔ながらの雰囲気が残る温泉地です。神社の下から湧き出る神秘的な温泉を求め、県内外から多くの人が訪れます。

 

硫黄の香りがほんのり漂うまろやかな湯は、体をやさしく包み込み、湯上り後は肌がしっとりと滑らかなります。紫尾温泉は、疲れた心と体を癒す旅にぴったりです。

 

また、さつま町では、移住や定住者向けの相談やツアーを行っています。自然豊かなさつま町なら、理想の田舎暮らしが見つかるかもしれません。

 

鹿児島県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る