大湯川沿いの温泉地。大湯温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

大湯温泉は秋田県の鹿角市にある温泉地。800年前に大湯川から自然湧出し、国立公園である十和田湖に近い位置にあります。十和田湖の最大深度は327メートル、面積は61.1平方メートルと日本でも有数の大きな湖。また、十和田湖が属する山岳は活火山として扱われています。 そして、十和田湖の近くに位置する鹿角市は、年間180万人以上の人々が訪れる街。大湯温泉の歴史や概要、観光の魅力とホテル・旅館での働き方について焦点をあてていきましょう。

大湯温泉とは

十和田湖

HIROSHI-FUJITA- stock.adobe.com

 

大湯温泉は、秋田県鹿角市にある温泉街。他の大湯温泉と区別するために、十和田大湯温泉とも呼ばれています。加えて、「いで湯の里」「ゆけむりの里」とも呼ばれており、おおくの人々が大湯温泉に愛着を持っていたことがうかがえます。

また、二階堂南竹が記した略記では「世のめずらしき名湯も奥国の果てなれば、世の人これを知ることなし」と謳われました。

 

では、更に大湯温泉の概要やアクセス、歴史などについて詳しく見ていきます。

 

大湯温泉の概要とアクセス

大湯温泉は、鹿角市にある温泉郷。新しい建物というよりは、レトロな雰囲気の建物が多く、焦点や旅館が立ち並ぶ様子からレトロな気分を味わうことができるでしょう。開湯は800年前に大湯川からに湧き出たことがきっかけ。現在は数件の温泉施設と上の湯・下の湯・などの4つの共同浴場が存在しています。

 

大湯温泉へのアクセスは、近くの駅からであれば20分程度。

 

大湯温泉の歴史と現状

大湯温泉の開湯は、800年ほど前。自然湧出であるため、特定の人物にはかかわりがないものの、多くの人々から愛されてきました。江戸時代には、盛岡と鹿角を結ぶ宿駅として認識され、更に近代になる鉱山で働く人々の保養地として多くの人を迎えてきました。

 

現在は、十和田湖に観光に訪れる人々が宿泊・日帰りを楽しむ温泉地として認識されています。また、環状列石などの観光名所、果樹園など周辺観光も楽しめるでしょう。

 

大湯温泉の泉質と温泉街・観光資源について

HIROSHI FUJITA- stock.adobe.com

 

ここでは、大湯温泉の泉質や周辺の観光地について焦点をあてていきます。

 

大湯温泉の湯量と泉質について

湯量は源泉かけ流しの施設が多いため豊富だといえるでしょう。源泉の温度は70℃のところもあるため、事前によく確認して入湯することをおすすめします。主な泉質はナトリウム塩化物泉、切り傷ややけど、虚弱体質に効果的です。

 

参照:大湯温泉観光協会

 

大湯温泉の温泉街や周辺観光地について

大湯温泉の温泉街は、大津川に沿うように建てられています。温泉街らしく入り組んだ街並みとレトロな街並みを楽しむことができるでしょう。

 

周辺の観光地を見ると、日本の滝100選に数えられる滝、鉱山事務所、秋田犬に関する会館など温泉以外の観光も多くあります。特に犬が好きな方には、楽しめる施設が非常に多いといえるでしょう。自分の趣味や意向に合わせて観光地を選択することが可能です。

 

大湯温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

働く人

jomkwan7- stock.adobe.com

 

大湯温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて焦点をあてていきます。

 

大湯温泉の旅館やホテルで働く

大湯温泉では、ホテルよりも旅館が多く存在しています。求人内容には、接客スタッフ、ホテル支配人、フロント、キッチン補助、調理担当、売店担当などを選択することが可能です。

 

ホテルマネージャーは、ホテルに関する業務の責任者としての役割を果たします。予約受付やチェックイン・チェックアウト、売上の集計など非常に幅広い業務内容といえるでしょう。また、売店担当などは、フロントと業務を兼務していることもあり、フロントと売店の運営に必要な知識を身に着けることが可能です。

 

未経験者から挑戦する場合でも、他の人との協力やお客様と接することによって業務ができるようになっていきます。

 

大湯温泉の暮らし

大湯温泉は秋田県の鹿角市にあります。北杜市の人口は約32000人、岩手県の北東にあることに加え、青森・岩手県と接している街です。また、きりたんぽや牛や豚などの特産品が多いことから、農業が基幹産業となっています。

 

鹿角市の暮らしやすさを見てみると、自然に溢れており、人と人のつながりが良く見える街といえるでしょう。公共機関の本数も少なすぎることはないものの、冬はどうしても雪のせいで遅れることがあるため、車が必要です。

 

街づくりに対しては、鹿角市は「鹿角市まちづくりビジョン」を策定し、今後10年における方針を示しています。

 

移住の施策について見てみると、引っ越し補助金に90000円、データバンクに登録した建物を改修した場合は、最大で100万円の補助なども行っています。そのため、引っ越しの資金に悩むことはないといえるでしょう。

 

子育てでは、18才までの子供であれば医療費は無料。3人目が生まれた家庭の一時預かり費用の一部を支援、教育費の支援などにも力を入れています。子育てに関しても移住の施策は整っているといえるものです。

 

 

再生から未来へ進む大湯温泉

家族

Monet- stock.adobe.com

 

大湯温泉は、秋田県の鹿角市にある温泉地。十和田湖に訪れる観光客だけでなく、時代の変化に合わせながら、多くの人に愛されてきました。

 

市政では、移住・子育てに関しても力を入れており、住みやすい街を作ろうとしている状態だといえます。求人内容は非常に幅広い人々が対象となるため、ゼロからでもキャリアをスタートできるでしょう。そのため、大津温泉で自分の理想のライフスタイルを実現してみるのもいいでしょう。

 

 

秋田県の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る