採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む
温泉地紹介

450年の歴史を誇る温泉郷。鶯宿温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

鶯宿(おうしゅく)温泉は岩手県の雫石町にある温泉街。30ほどの宿泊・温泉施設を擁しており、多くのホテル・旅館から自分の好みにあったものを選択できるでしょう。また、雫石町は年間の観光客が200万人を越える町でもあります。今回は、温泉の歴史や概要、観光の魅力・旅館での働き方についてご紹介します。

鶯宿温泉とは

雪の牧場

iStockyankane

 

鶯宿温泉は鶯宿川の両岸に立ち並ぶ温泉郷。近くには、スキー場や農場など自然を活かした施設が数多く存在しています。

 

そして、鶯宿温泉の開湯は1573年。開湯から450年ほどの歴史を誇ります。数百年の歴史を誇ることに加え、数十のも登る温泉施設があることから、多くの人々が鶯宿温泉を利用してきたことが伺えます。ここでは、鶯宿温泉の概要やアクセス、歴史などについて詳しくみていきましょう。

 

鶯宿温泉の概要とアクセス

鶯宿温泉は、雫石町にある多くの宿泊施設を擁する温泉郷。年間で数百万人の人々が訪れる雫石町の中でも多くの観光客が訪れる場所でもあります。鶯宿温泉のある雫石町も歴史上の有名人の名前が町の資料にいくつも残されているほど、古くからその名前が使用されていました。現在の形になったのは1955年の市町村合併によるものです。

 

鶯宿温泉へのアクセスは、岩手県の県庁所在地から車で40分ほど。バスでも訪れることができます。

 

鶯宿温泉の歴史と現状

鶯宿温泉の歴史の始まりは天正時代。開湯は、石川県の山賊だった加賀助が傷ついた足を癒している鶯(うぐいす)を見つけたことから。地名である鶯宿の由来も、鶯が湯治を行ったという開湯の記録に基づいたものです。

 

また、本格的な温泉地としての開拓は享保時代に行われました。明治初期の段階では4件ほどの施設しかなかったもの、戦後の道路拡張などによって現在の形に至っています。現在でも、数十万人の人々が鶯宿温泉に立ち寄っていることから、雫石に根付いた温泉地として愛されているといえるでしょう。

 

鶯宿温泉の泉質と温泉街・観光資源について

一本桜

iStock/nattya3714

 

ここでは、鶯宿温泉の泉質や周辺の観光地についてみていきます。

 

鶯宿温泉の湯量と泉質について

湯量は多く、源泉かけ流しで毎分3,000リットル以上の湯が湧き出ている場所も。温泉の温度は50℃前後~60℃前後のものが多いといえます。泉質はアルカリ性単純泉があり、筋肉や関節の痛み、軽度の高コレステロール症、冷え性などに効果的です。

 

参照:【公式】岩手鶯宿温泉源泉かけ流しの宿川長公式サイト

 

鶯宿温泉の温泉街や周辺観光地について

鶯宿温泉は、近くに名門ゴルフコースや乗馬体験ができる日本最大級の農場、スキー場など温泉以外の観光地にも気軽に出かけられる場所にあります。とくに農場では、明治に植えられた一本桜、桜並木、まきば園など日本最大級の広さだけではない見どころが満載。

 

また、雫石町には、山岳や庭園、渓谷などもあるため、遊びに行く場所に困ることはないでしょう。鶯宿温泉と雫石町を行き来する場合、自然やレジャーを楽しめる観光地が非常に多いといえます。都会の喧騒から離れて、静かな場所で癒しを享受しましょう。

 

鶯宿温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

膳

iStock/ablokhin

 

ここでは、鶯宿温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて触れていきます。

 

鶯宿温泉の旅館やホテルで働く

鶯宿温泉の施設には、旅館・ホテルどちらも存在しています。そのため、フロントスタッフ、レストランのホール、キッチン補助などの職種から自分の意向に合わせた業務を選択することが可能です。

 

フロントスタッフは、宿泊手続きの案内、管理、客室の清掃、電話対応、伝票の整理などが業務内容として含まれています。電話対応なども含め、お客様に接する時間が長い業務だといえます。そのため、人と接しながら着実に自分のスキルアップを図っていくことができるでしょう。

 

レストランのホールは、コースやバイキングなどの料理の提供、接客、配膳などがメインの仕事となります。接客やホール経験者を優遇する場合もあるものの、未経験者であっても業務に慣れることによってスムーズにこなせるようになるでしょう。

 

鶯宿温泉では、フロントスタッフやレストランのホールなど未経験者でも活躍できる業種を求めている施設が多いといえます。そして、業務に慣れることによって自分のスキルアップを図っていくことが可能です。

 

鶯宿温泉の暮らし

鶯宿温泉は雫石町にあります。大子町の人口は約17000人、岩手県の中部に位置しています。雫石の観光名所は、日本最大級の農場、スキー場、山岳など大自然を堪能できる場所が非常に多い状況です。

 

暮らしやすさに関しては、スーパーやコンビニなどは場所によっては少ないため、車があった方が移動しやすいといえるでしょう。県庁所在地と隣接しているものの、バスや電車よりも車の方が活躍の場があります。

 

そして、雫石町は「みんながいきいきと活躍し、 雫石に暮らす幸せを実感できるまちづくりを」を目指し、4つの目標を設定しています。特に人口の減少に歯止めをかけるための施策を市として考えていく方針です。

 

移住の施策を見てみると、移住が目的であれば旅費の一部を支援する、空き家の改修を行う場合、最大で100万円を支援するなどの援助を行っています。また、医療費に関しては高校生までは無料、就学援助制度など町として人が住みやすい環境を整えているといえるでしょう。

 

多くのレジャー施設を擁する雫石に根付く鶯宿温泉

笑顔の母親

iStock/polkadot

 

鶯宿温泉は450年ほどの歴史をもつ温泉郷です。地名も開湯の記録に合わせてつけられたことから、地域に根付いた温泉であることが伺えます。

 

鶯宿温泉は、岩手県の県庁所在からは車で40分ほどの場所にあります。町としての移住制度や医療制度なども整えてあることに加えて、温泉地での求人も多いといえる状況です。そのため、雫石で自分のキャリアプランを探して行くのも良い選択肢の1つになるかもしれませんね。

 

岩手県の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事