三度朝を迎えると元気になると謳われる三朝温泉。効能や歴史、暮らしについて

鳥取県の中部に位置する三朝温泉は、高濃度のラドンを含む世界屈指のラジウム温泉です。効能の豊かさから、三度朝を迎えると元気になると謳われ、湯治や観光に多くの人が訪れます。2017年の調査では、皆生温泉に次いで第2位の入湯客数を誇りました。今回の記事では、三朝温泉の概要や暮らしについてご紹介します。

三朝温泉とは

雪が積もった田舎道

iStock/zencreation

 

三朝温泉は同じ町内にある三徳山と共に、2015年に日本遺産第一号に認定された温泉地です。日本遺産とは、国内外や海外からの観光客を誘致促進するために、文化財をツールにストーリーでつながるエリアやポイントを日本遺産として認定し、地域の振興を図ろうという国の制度です。ここでは、三朝温泉の概要や歴史、現在の状況についてご紹介します。

三朝温泉の概要とアクセス

三朝温泉は、鳥取県東伯郡三朝町に位置する温泉地です。最寄り駅は山陰本線倉吉駅で、駅から温泉までは約17分ほどの距離になります。

三朝温泉の歴史と現状

三朝温泉の由来は、白いきつねの伝説に始まります。今から約850年以上前のこと、年老いた白い狼を弓で射ようとした武士が、思いとどまり見逃したその夜、夢に菩薩が現れて、白い狼を助けたお礼に温泉の場所を教えてくれたという話です。

 

温泉名の由来は「三つ目の朝を迎えるころには病が消える」ことから、三朝と呼ばれるようになったという説もあります。明治以降は、歴史に名を連ねる多くの文人にも親しまれる温泉地となりました。

 

現在、三徳川の川沿いには24軒の温泉宿が建ち並び、昔懐かしい湯治場の風情が漂います。源泉は楠の古木の根元から湧き、公衆浴場になっています。近くに設置された飲泉場には、ペットボトルを持った人たちが列をつくって並ぶそうです。

 

2017年度の年間入湯客数は、同じ鳥取県内の皆生温泉に次いで第2位にランクインするなど、人気の温泉地となっています。

出典:2017年鳥取県入湯客数 鳥取県公式HPより

三朝温泉の泉質と周辺の観光スポットについて

温泉に入る女性

iStock/piola666

 

効能の豊かさで知られる三朝温泉の泉質や周辺の観光スポットについてご紹介します。

三朝温泉の泉質について

三朝温泉の泉質は、含放射能/ナトリウム・塩化物泉、含放射能/単純泉です。効能は気管支炎、肺気腫、慢性気管支炎、関節リュウマチ、変形性関節症、肩凝り、腰痛、神経痛、高血圧、糖尿病、痛風、慢性消化器病、肝臓疾患、胆道疾患、冷え性、婦人病、アトピー性皮膚炎、美肌効果などさまざまな症状によいとされています。

 

三朝温泉の湯は世界有数のラドン含有量を誇り、観光だけでなく療養を目的とする湯治客も多く訪れます。ラドンを呼吸により体内に取り込むことにより、新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力を高め、森林浴と同じリフレッシュ効果を得られるのだとか。

 

また、ラドンを吸うと、老化や生活習慣病の原因といわれる活性酸素を消去する、抗酸化機能が高まることも分かっているそうです。さらに、飲泉することでミネラルを豊富に取り込むことができます。

参照:三朝温泉の泉質・効能/三朝温泉ポータルサイト

三朝温泉の温泉街や周辺観光スポットについて

三朝温泉は、山深く緑豊かな温泉地です。温泉街を流れる三朝川には、例年6月になるとホタルが乱舞し、ホタル観賞のイベントを行っています。

 

また、5月~7月にはカジカガエルの美しい鳴き声を聞くことができます。近くには日本遺産第一号に選定された国の名勝、史跡でもある三徳山があり、断崖絶壁に建つお堂は国宝に指定されています。

 

また、三朝温泉伝統の祭り行事、大綱を引き合う三朝のジンショは、国の重要無形民俗文化財にも指定されており、毎年大勢の観光客でにぎわいます。

三朝温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らしについて

旅館

iStock/iconogenic

 

三朝温泉の旅館やホテルで働く

三朝温泉には23軒の宿があり、全9室の大正ロマンを感じさせる旅館から、明治時代に創業し、国指定の登録有形文化財に認定されている旅館、皇室や文人墨客も多く訪れた伝統と格式ある宿など、さまざまなタイプの温泉宿が建ち並びます。

 

募集の多い職種としてフロント係や客室係などが挙げられますが、未経験からの採用も多く、ビジネスの場で必要とされる言葉づかいや電話マナー、PCスキルや接客など、実践を通して学ぶことができるでしょう。

 

また、希望すれば経理業務にも就くことも可能な宿もあり、さまざまなスキルを身につけられる環境が整っています。勤務時間の希望に応じるなど柔軟なシフト制を取り入れている宿もあり、従業員が働きやすい職場環境の整備に取り組んでいるようです。

三朝温泉の暮らし

三朝温泉のある三朝町は、自然豊かな環境であることから、良質の温泉と共にのびのびと子どもを育てられる環境です。近隣には、鳥取県中部の行政・経済・文化の中心都市として発展する倉吉市があります。三朝温泉からは車で17分ほどの距離にあるので、通勤にも便利な立地です。

 

鳥取市や米子市などの、都市部へのアクセスも良好で、近年では倉吉駅の改装など環境整備も積極的に行っています。城下町として栄えた風情ある街並みが残されており、移住定住支援にも力を入れています。

豊かな自然環境の中で真の贅沢を味わえる暮らし

夜空に星が光っています

iStock/Adventure_Photo

 

三朝温泉は世界屈指のラジウム温泉、日本遺産や国宝など、優れた観光資源を有する魅力あふれる温泉地です。四季折々に移り変わる自然の中で、美しい星空やホタルを観賞し、一日の疲れを良質の温泉で癒すことができるでしょう。

三朝温泉でなら、素朴でゆったりとした時の流れの中で、真の贅沢を味わいながら穏やかに暮らすことができそうですね。

 

鳥取県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る