温泉観光地として魅力あふれる野沢温泉。温泉地での働き方や暮らし

野沢温泉は、長野県北部に位置する野沢温泉村にあり、日本最大級のスキー場を誇り、人気のある温泉地です。野沢温泉は江戸時代から湯治場として知られ、今もなお地元住民をはじめ多くの観光客で賑わいを見せています。今回は、野沢温泉の概要やアクセス、ホテルや旅館での働き方や暮らしについてご紹介します。

野沢温泉とは

野沢温泉

iStock/olli0815

 

全国でも有数の温泉王国とされる長野県の一つに野沢温泉があります。温泉スキー場としても人気が高く、国内外から多くの観光客が訪れます。野沢温泉の概要やアクセス、歴史についてご紹介します。

 

野沢温泉の概要とアクセス

野沢温泉村は長野県の北部に位置し、日本有数の規模を誇るスキー場を持つ人気の観光温泉地です。村の総面積は57.96㎢、東西9.1km、南北11.5km、周囲38.2kmとなっており、景観の良さから国立公園に指定されています。全国屈指の豪雪地帯とされ、冬のスキー場は国内外から多くの観光客が訪れます。

 

東京から新幹線に乗り飯山駅で下車、直通バスで約25分のところにあります。車の場合、所要時間は約3時間20分となっています。冬のスキーシーズンには、各地から直結したシャトルバスが運行しています。

 

温泉観光地として魅力を持つ野沢温泉

野沢温泉の開湯は奈良時代まで遡り、このころに訪れた日本の僧という説や修行中の山伏が発見したという説、傷を負った熊のあとをつけた猟師が見つけたという説などの言われがあります。

 

当時はまだ温泉に入るために旅をして訪れるということはなかったのですが、江戸時代に飯山の藩主が別荘を建て、一般の人にも湯治を認めたことから、多くの人々が湯治の場としてこの地を訪れるようになったと伝えられています。そして現在は、環境整備に力を入れ、温泉観光地として多くの人々から慣れ親しまれています。

 

野沢温泉の泉質と観光の魅力

温泉であたたまる女性

iStock/PRImageFactory1

 

野沢温泉の泉質と観光についてご紹介します。

 

野沢温泉の泉質について

野沢温泉村の温泉街には、外湯と呼ばれる無料の共同浴場が13カ所あります。情緒あふれる温泉街を浴衣姿で湯めぐりを楽しむ観光客が見られます。外湯は昔から地域住民の生活の共同場所として親しまれ、地元住民とふれあえるのも楽しみの一つでしょう。

 

13カ所ある外湯は、住民が「湯仲間」という制度を作り、維持管理されており、いつも清潔に気持ちよく利用することができます。自然の力で湧き出る自然湧出で、湧出カ所は30余りになります。また源泉は40度~90度まであり、そこから引湯する100%の天然温泉は、地域住民により管理がされているので、毎日気持ちよく使うことができます。

 

泉質は主に硫黄泉で、効能としては、場所により胃腸病、リウマチ、糖尿病などに効果的とされています。

 

参照:温泉の歴史/北信州野沢温泉 観光協会オフィシャルウェブサイト

 

美しい自然と文化が彩る野沢温泉

野沢温泉村では、カタクリや雪椿など美しい四季折々の花々を見ることができます。野沢温泉街から車で30分ほどのところにある上ノ平高原では、ブナの原生林が密生しており、神秘的な景観に出会うことができます。また、キャンプ場や森林浴コースを備えてあり、自然と親しむことができます。

 

野沢菜発祥の地としても知られる野沢温泉。地元では、お菜やお葉漬けと呼んでいるそうです。野沢菜の収穫期になると、風物詩ともいわれるお菜洗いが始まり、外湯では野沢菜を洗う光景が見られます。冬は、上質な雪質を求めるスキー客で賑わい、国内外から多くの観光客で賑わいます。

 

野沢温泉温泉にあるホテル・旅館での働き方や暮らし

温泉と浴衣

iStock/taka4332

 

野沢温泉にあるホテルや旅館での働き方や暮らしについてご紹介します。

 

野沢温泉の旅館やホテルで働く

野沢温泉村には、趣のある旅館やペット同伴可の宿、ロッジやペンションなど多彩な宿泊施設があります。お客様へ提供するプランの中には、パラグライダーやカヌー、そば打ちなどを提供する宿もあり、知識の幅を広げられそうです。

 

日本有数のスキー場として知られる野沢温泉は、冬を中心に国内外から多くの観光客が訪れます。外国人観光客も多く訪れるため、英語などの語学力を活かして働くことができます。TOEICの勉強会を実施している旅館もあり、働きながらスキルを高めることもできるでしょう。

 

自然や文化と共存する野沢温泉での暮らし

人口約3700人が協力し合って暮らす野沢温泉村。小さな村ゆえに、人とのつながりや温かさを感じられる暮らしが送れます。野沢温泉村では、年間を通して体験プログラムを実施しています。春は山菜取り、夏はカヌーや魚つかみ、秋は野沢菜収穫、冬はスノーシューなど雄大な自然を体験することができます。

 

また、郷土料理である「おやき作り」やそば打ち体験も開催しているので、休みの日に触れてみるのも楽しそうですね。

 

温泉だけでなく、人のぬくもりを感じられる野沢温泉での暮らし

外国人観光客と旅館

iStock/monzenmachi

 

野沢温泉は、江戸時代から湯治場として親しまれ、現在も村民の共有財産として大切に守れています。13カ所にのぼる外湯では、穏やかな温かい人柄を持つ村民とのふれあいを通じ、ぬくもりを感じられます。外国人観光客も多く訪れ、語学力もますます磨きがかかることでしょう。

 

野沢温泉村では、年間を通して自然や郷土に触れられるさまざまなプログラムを実施しています。実際に暮らしを知るためにも、興味のある人は利用してみても良いですね。

 

長野県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る