ドアマンの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

ドアマンはホテルの正面玄関に立ち、お客様のお出迎えやお見送り、施設や周辺の案内などを行なう業務を担当しています。お客様がホテルを訪れて1番最初に接するスタッフのため、ドアマンの対応がホテルの第一印象を決める重要な役割を担っています。

仕事内容

iStock.com/DragonImages

 

ホテルの出入り口に立ち、ドアの開閉をする姿が印象的なドアマンですが、業務は多岐に渡ります。仕事内容は主に4つに分けられます。

 

お出迎えとお見送り

ホテルに到着したお客様を、笑顔で出迎え、丁寧にお見送りすることがドアマンのメインとなる仕事です。お客様が到着された際には玄関のドアを開け、荷物を運びながらロビーやフロントまでご案内し、ベルスタッフやフロントスタッフへ引き継ぎます。チェックアウトをしてお帰りの際は、必要に応じて荷物を車などへ運び込み、最後まで心を込めたお見送りをします。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「行ってらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」とお客様に合わせた挨拶ができるとお客様からも喜ばれるでしょう。

 

車の誘導と手配

ホテルの玄関前に停められた車の誘導や、お客様に依頼されたタクシーの手配を行います。イベントや宴会などでホテルのロータリーが混み合ったとき、どれだけスムーズに車を誘導し案内できるかはドアマンの腕の見せ所でもあります。

 

施設案内と観光案内

ホテルの施設案内や周辺の観光案内などもドアマンの仕事です。ホテルからすぐに行ける観光スポットやレストラン、カフェなどを熟知しておき、お客様から必要とされた時に対応できるようにします。電車やバスの乗り方などを質問される場合もあるので、公共交通機関の路線や発着時刻の把握も欠かせません。外国人のお客様からの問い合わせにも答えられるよう、語学力も求められます。

 

周辺警備

ホテルの入り口を守るドアマンは、ホテル周辺の警備も同時に担当することもあります。エントランスや玄関周辺など定期的に見回り、不審者や不審物がないか確認し、お客様が安心してホテルを利用できるように務めます。

 

このようにドアマンは、ホテルの玄関でお客様のお迎えやお見送りをする他に、車の誘導や施設や観光の案内など、丁寧な接客と臨機応変な対応が求められる職種です。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/SolStock

ホテルの顔としての誇り

毎日ホテルの玄関に立つドアマンは、ホテルを訪れたお客様に1番最初に接するスタッフであるため、温かい笑顔で安心感を与えることが重要です。ホテルのイメージに関わる重要なポジションで仕事をしているという誇りを持って仕事に向き合うことができるでしょう。ドアマンの人柄に惹かれてそのホテルを利用するというお客様もいます。

 

お客様に合わせた対応を考える面白さ

ホテルには年齢、職種、国籍を問わず、さまざまなお客様がいらっしゃいます。小さなお子様連れのお客様の場合はお子様と目線を合わせて話をしてみたり、ご高齢のお客様にはお手伝いすることはないか聞いてみたりと、それぞれのお客様に合わせた対応を考え、実践することが大切です。

お客様が喜ぶ姿や、楽しんでいる姿を直接見られるのもドアマンのならではの楽しみです。

難しさ・大変さ

iStock.com/roibu

体力が必要なハードな仕事

ドアマンは、天気や気温に関わらず玄関の外で立ってお客様をお迎えします。お客様のお出迎えやお見送りなどで休みなく仕事を続けたり、荷物の積み下ろしや運搬をしたりと、かなりの体力が必要となります。ドアマンの姿はホテルの印象にもなるので、常に気を抜くことなく毅然とした姿でいること求められます。

 

お客様に関する情報をしっかりインプットする

ドアマンは、ホテルを訪れたお客様それぞれに合う対応が求められるため、お客様情報をある程度記憶することが求められます。特に、常連のお客様に関しては顔と名前、肩書き、会社名など多くの情報をインプットしておきます。車でいらっしゃるお客様の場合は、車種や車のナンバーを覚え、車が入ってきたらどなたがいらっしゃったのか瞬時に把握し対応することも求められるでしょう。ベテランのドアマンは数千人のお客様の情報を記憶しているともされています。お客様の情報をしっかりインプットしておくことでお客様に応じた対応ができ、お客様の満足度も高まります。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/PamelaJoeMcFarlane

 

ドアマンになるための必須資格はありませんが、ホテルや観光に関する専門学校などで学び知識をつけてから就職するケースが一般的です。次のような資格があると就職時に役に立ちます。

 

・ホテル実務技能認定試験

・ホテルビジネス実務検定試験

・マナー・プロトコール検定

 

ドアマンは、さまざまなお客様と接するため、基本的な接客マナーを身につけておくと実際の業務で活かすことができるでしょう。資格以外に次のようなスキルが求められます。

 

  • ・記憶力
  • ・気配り
  • ・コミュニケーション能力
  • ・語学力

求められるスキルの質はホテルによって異なりますが、ホテルを訪れたすべてのお客様に満足していただくために、公平な態度と気配りが必要になります。業務をスムーズに行なうために、コミュニケーション能力も欠かせません。外国人のお客様にも対応できるよう語学力が求められる場合もあります。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/Steve Debenport

 

ドアマンとして働くことで、次のようなことが身につきます。

 

  • ・臨機応変な対応力
  • ・広い視野
  • ・素早い判断力

 

ドアマンとして仕事をすると、お客様をスムーズに案内するために臨機応変さや素早い判断力、広い視野が身につきます。ドアマンとして経験を積んだ後は、部署のチーフなど責任のある立場での仕事や、フロントやコンシェルジュなど他のサービス部署にチャレンジするのもよいでしょう。よりグレードの高いホテルなどへの転職も可能です。

 

ホテルの「ベルマン」と「ドアマン」の違いって?役割・仕事内容を紹介!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る