憧れの離島移住!実現させる方法や失敗を避けるコツ・移住後の仕事をまとめて紹介!

離島移住に憧れを抱いていても、実行に移すのはそう簡単なことではありません。一般的な地方移住よりもハードルが高い離島移住を成功させるには、どのような方法があるのでしょうか。この記事では、離島移住に役立つ情報や離島移住の失敗を避けるためのポイントをまとめて紹介しています。離島移住に少しでも興味のある人は、ぜひご一読ください!

離島移住を実現させる方法をまとめて見てみよう

ヤシの実

正行 中村 – stock.adobe.com

 

美しい海に囲まれた離島での生活を夢見たことはありませんか?温暖な南の離島や、大自然が残る離島への移住に憧れる人は多いでしょう。

 

夢や憧れで終わらせず、離島への移住を実現させることはもちろん可能。ただし、離島での生活を甘く見ていると失敗に終わるリスクが高いので島暮らしの特色を理解し、しっかりと準備を整えることが重要です。

 

離島移住の実現に役立つ記事をまとめて紹介しますので、ぜひ参考に役立ててください

離島移住のスタートに活用したい制度や仕組み

離島への移住は一般的な地方移住よりもハードルが高いものです。当然ながら、陸続きの場所ではないので移動手段が限られますよね。船や飛行機を使わざるを得ないため、交通費がかさんだり、引っ越しの際の費用が高くなりがちです。

 

そうした不安があるときに活用したいのは、移住者の募集や移住支援制度でしょう。自治体による募集・支援金を活用する、寮や社宅がある離島の企業へ就職するといったことで、少ない負担で離島移住を始められるのです。

 

以下の記事を参考に、支援制度のある離島・移住者を募集している離島を探してみましょう。

 

関連記事:

移住者を募集している離島の例を見てみよう!移住先として人気の離島も紹介!

離島移住の金銭的な不安を軽減!移住支援金制度を設けている4カ所の離島を紹介!

離島移住の際には移住後の仕事をよく考えよう

移住を成功させるには移住後の収入源をシビアに考えることが重要です。特に離島では、仕事が少なく求人件数や募集される業種が限られていることを理解しましょう。

 

離島の仕事は一次産業や観光業がメインです。島内にある仕事で自分がやっていけるかどうかをしっかりと検討してくださいね。離島で起業する人、フリーランスの人も、甘い考えは禁物です。何にどれくらいお金が掛かるのか、収入はどの程度見込めるのかを移住前に洗い出しましょう。

 

離島での仕事については以下の記事をご参照ください。

 

関連記事:憧れの離島移住!離島にはどのような仕事があるのか?沖縄の例も紹介!

離島移住の失敗はなぜ起こる?

憧れ・夢を実現させて離島移住を果たしても、残念ながら失敗に終わるケースは少なくありません。金銭面や対人関係、生活の不便さなどに限界を感じ、早々に島を離れてしまうのです。

 

以下の記事では、離島移住が失敗してしまうパターンと失敗を避けるポイントを解説しています。ぜひご一読ください。

 

関連記事:失敗しがちな離島への移住!失敗の原因と失敗を回避するコツをチェックしよう

離島移住の相談はおもてなしHRへ!

ウミネコ

sima-box – stock.adobe.com

 

自治体の制度もぜひ活用したいところですが、移住後の仕事探しはおもてなしHRへご相談ください。離島は観光業が多く、ホテル・旅館の求人が目立ちます。おもてなしHRは宿泊業に特化した就職・転職エージェント。

 

移住のタイミングや思い描く島暮らしを考慮して、適切な求人情報を紹介します。エントリーから入社まで、完全無料のサービスなので、まずは登録から始めましょう!

 

なお、国や自治体の移住支援制度については以下の記事でまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る